第一印象が悪い状態から大逆転!挽回して恋愛対象になるためのテクニックとは?

あなたも第一印象が最悪な人と積極的に接したいと思いますか?
むしろ、避けたいと思いますよね。

 

「この人は私とは合わない…!」と思ったら、なるべく接点を持ちたくないと感じるのは人としてふつうです。それだけ、いちどついたイメージはなかなか崩れないモノなんですね。

 

もしも、相手からいいイメージを持ってもらったらウェルカム。その後の関係も+(プラス)に働くけれど、最悪な印象を持たれてしまった場合は最悪です。しかも、それがあなたが好意を持った相手ならなおさらですよね。好きな人を諦めて、次の出会いに期待するのもひとつの選択ではありますが、この悪い第一印象から挽回する方法はないのでしょうか?

 

そこで、今回は、第一印象のメリットではなく、「最悪な印象を持たれた場合の挽回方法」についてまとめてみました。悩んでいる人は参考にしてくださいね。

1.悪いイメージを覆すにはどうしたらいい?

s025

「あぁ…。やってしまった…!」

たとえば、合コンなどで初対面の彼(彼女)を見て「少しでもイイ印象を持って欲しい。」とはずなのに、緊張してしまい、かえって、いい印象を持たれなかった…とします。もちろん、第一印象は強烈なパワーを持っているので、あなたがアプローチしても相手からの反応は好意的ではないでしょう。

 

けれど、けっして挽回できないわけではありません。

 

もちろん、第一印象はずっと残ります。
ただ会うチャンスさえあれば、あなたの悪いイメージを上書きすることはできるのです。

 

…とはいえ、初対面のときと比べて、あまりよくない第一印象から挽回するには、数倍の努力が必要になります。つまり、相手からの拒絶などに耐えるなどの覚悟が必要になってくるんですね。

1.焦らず、ひとつずつ切り崩すことが大事!

初対面では誰しも警戒感を持っています。ですが、相手から好印象を持ってもらえると、警戒感という心の壁がモロくなり、ちょっとひと押しすれば、お付き合いに繋げるできます。

 

ところが、何かしらの理由で悪い印象を持たれた場合、その警戒感や心の壁が初めて会ったときよりも数倍も厚く、何層にも重なってしまっているのです。

 

このようなとき、相手の心の壁をひとつずつ壊していき「あ、この人、じつはいい人なのかも…。」と思わせなければいけません。つまり、コツコツと好印象を持たれるように頑張らなければいけないというわけなんですね。

 

漫画やドラマでもよくありますよね。

第一印象があまり良くないふたりが再会したとき、何となくギクシャクしていたけれど、実際に話してみると「イイ人なんじゃない?」と思いだし、少しずつ距離が縮まる話。あれです。

2.勇気とパワーで切り崩す!

相手の警戒した心の壁を切り崩していくために、まずすべきこと。
それは、あなたの方から歩みよるということになります。

 

だって、そうですよね。相手は、あなたと距離を縮めなくてもデメリットは何もありません。むしろ「少し距離を置きたい。」と思っているくらいです。だからこそ、あなたのほうから歩みよらなければいけないんです。

 

勇気が必要です。
パワーも必要です。
ときに傷つくかもしれません。

 

でも、第一印象を挽回するためには、受け身ではなく、あなたから「距離を縮めたい」という意思表示をしなければ何も始まりません。まずは、あなた自身の心の壁を取り除き、最高の笑顔で接する。それが第一印象を挽回する第一歩なのです。

3.軽い会話から接点を持つ

相手が、あなたのことを「苦手なタイプ」と思っている場合は、無理して会話しようとしても長続きしません。「この人、ちょっと苦手…。できれば、はやく会話を終わらせたい。」と思っているからです。だから、あなたがすべきことは長く会話をしようとするのではなく、軽い会話や挨拶からスタートすることなんですね。

 

第一印象で失敗している今、あなたがいくら頑張っても、いきなり好感度が1⇒5など急激にアップすることは、よほどのことがない限り、あまり期待することはできません。コツコツ接点を持って気長に警戒感を取り除くことから始めるためにも、顔を合わせるだけでも、相手の警戒感は薄れていきます。

 

営業マンもこの方法はよく用います。
はじめから商談に持ち込もうとはせず、何度も顔を出して覚えてもらう。
相手の警戒感が薄れたところで、商談に持ち込む手法です。

 

これは、心理学でも接触回数の法則(単純接触効果)と言われ、有効な手段として日常生活でもよくつかわれています。

Sponsored link


5.会話を聞いている感を出す

第一印象でよく思われない人の特徴は…

「表情に変化がない」
「声に抑揚がない」
「目線を伏せがち」

と、いったタイプが多いです。とくに最悪なのが、話しているにもかかわらず、反応をほとんど示さないタイプ。相手が聞いてくれてないと思ったら、もう2度と話したくないと思ってしまいます。

 

だからこそ、「話を聞いているよ!」ということが相手にわかるように、頷き・相槌・返事の3つがとても重要になってくるんです。あなたのいままでの会話を振り返ってみてください。

 

本当に相手の話をきちんと聞いていましたか?
話を遮って自分の話ばかりしようとしていませんでしたか?

 

あなたが感じた不足の部分を変えないと、いくら頑張っても第一印象を挽回することはできません。第一印象を悪くしている部分の修正にプラスアルファして、魅力的にして印象を覆しましょう。

6.見た目を変えて印象を変える

第一印象で大きなウェートを占めているのが見た目。
この見た目を変えると相手の印象を変えるきっかけになることが多いです。

 

ルックスなら俺(私)には無理…と思うかもしれませんが、

ファッション・髪型はどうでしょうか?
(女性なら)メイクに向上の余地はないですか?
(男性なら)清潔感を本当に出せていましたか?

 

おそらく、ルックスをいいわけにして見た目の向上はまだまだ改善の余地がたくさんあるはずです。いいわけばかりでは、成長はありません。いまを受け止めて、どのようにすればいまよりも魅力的に見えるのか…を考えてみましょう。

7.まわりのチカラも借りる

まわりの評価はすごくチカラを発揮します。

 

たとえば、目の前の人から「仕事できるね。」と言われてもお世辞だと思って受け入れられないけれど、第三者から「上司が仕事ができる子だ。って言ってたよ。」と言われたら素直に受け止めることができますよね。

 

それほど第三者の声というのは影響力があるんです。

 

私の場合、ジャニーズで「○○くんっていいよね。」と言われていてもピンと来なかったけれど、まわりの人が「イイ!」「イイ!」と言っていると、いつのまにか○○くんのファンになっていたということもありました。このチカラを利用すれば第一印象を覆すことができます。

 

たとえば「A子っていい子だよ。」「話してみなよ。楽しいから。」なんてまわりに言ってもらうとだんだん彼の中で評価が変わっていきます。

恋愛心理学【初頭効果】

初頭効果が恋愛に大きく影響を与える!その理由は?」でも紹介しましたが、第一印象で今後の相手のイメージが左右されるというのは、心理学でも証明されています。だからこそ、自分をよく見せるために最大限、自分磨きをする必要があるのです。ちなみに、この初頭効果で焼き付けられたイメージを覆すことは、並大抵のこと ではありません。自分を大切にすることも大事だけど、自分という「個」を大事にしすぎてもうまくいかないというわけなんですね。

 

まとめ

数秒で決まった印象がいつまでも後を引く初頭効果。
その一方で直近の印象を親近効果といいます。

 

初頭効果のパワーは確かに大きいです。
でも、親近効果を何度も何度も利用することで印象を上書きすることができます。

 

ただ何度も言うように初頭効果は大きな力を持っていますので、WordやEXCELの上書き保存のように簡単に書き換えをすることはできません。かなりのパワーを必要とするんですね。けれど、それは決して、不可能なことではありません。

 

彼と何度も接して新たな素敵なあなたを彼の記憶に上書きしちゃいましょう。

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る