おしゃれになりたい人がやるべきこととは?自分改造でモテ女子に!

Sponsored Link



服屋に行っても、なんだか同じような洋服ばかり選んでしまう。美容院に行っても、「伸びた毛先を揃える程度で」と、いつも同じセリフを言ってしまう・・・。

 

「おしゃれになりたい」といつも思っているものの、結局今の自分って1年前の自分と変わらない・・・。

 

「流行」が苦手な女子って、そんな「変化なしスパイラル」に陥ってしまいがちです。

 

筆者も、流行にはかなりうといです!「流行で買ったモノなんて、来年には恥ずかしくて使えなくなるから勿体無い」という気持ちが大きいのが理由なのですが、それ以外にも「私には似合わない」と思ってしまうところがあります。

 

本屋に行って最新号の雑誌を読んでみても、「うーん・・・今年は緑が流行っているのか。でも私にはこの色は絶対に似合わないし・・・そもそも好みじゃないし」と、結局自分自身で「おしゃれ女子になる機会」を切り捨てがちなのです。

 

でも、こんな状態で「おしゃれになりたい」と思い続けていたって、無理な話ですよね(苦笑)。

 

「おしゃれになりたい」と思ったら、具体的に実行あるのみです!

 

ここでは、幾多の失敗の経験から筆者が見つけ出した、「おしゃれになるためのアクション」をお伝えいたします☆ まずは、行動あるのみですよ☆

 

1.美容院では「おまかせヘアー」で!

いつも同じような髪型、いつも同じような髪の色・・・。「あれ?髪少し切った?」とは気づかれても、「髪型変えたね!」と変化について言われたことって、滅多にないのではないでしょうか。

 

おしゃれ女子になるためには、思い切って髪型をチェンジしちゃいましょう!

 

全員似たり寄ったりの短髪スタイルの男性たちと違って(笑)、女性はある程度髪の長さがあるから、いくらでも大きく髪型をチェンジできるはずです♪

 

大事なのは、「あなた自身で決めないこと」です。美容院でヘアカタログを渡されたところで、結局無難な同じような髪型をチョイスしがちです。

 

だからここは、思い切って美容師さんにお任せしちゃいましょう!

 

伝え方としては、こうです。「流行の髪型の感じで、あとはおまかせします」と伝えましょう。

 

「おまかせします」が、ポイントです。ここに、全てが詰め込まれています。

 

「おまかせします」と丸投げすることで、「第三者の視点で、私の骨格や雰囲気、顔かたちなどから総合的に考えて、一番似合う髪型にしてください!」という意味になるのです。

 

もちろんその他にも、細かな要望があればついでに一緒に伝えてしまいましょう。

 

筆者がよく伝えるのは、「できるだけ小顔に見える感じで。あと、ガーッて適当にブローしても、まとまる感じで」です(笑)。

 

これなら、最先端の髪型になりつつ、自分のイメージも取り入れた完成形になりますよね♪

 

ちなみになのですが・・・手っ取り早く「おしゃれ感」を演出したいのなら、「個性派」を演出することも手ですよ。

 

髪型でいうなら、「斜め前髪」などが良いでしょう。真っ直ぐに切らず、あえて角度をつけて斜めに切るのです。あるいはヘアカラーを極端な2色にしても、おしゃれ感を演出できます。

 

一歩間違えるとビジュアル系バンドのファンのように見えがちですが、それでも初対面の人がパッと見れば、「あの子おしゃれだな」「あの子分かってるな」なんて感じてくれることでしょう。

 

2.ファッションは、マネキンを参考に!

筆者のタンスには、同じような系統の服ばかり並んでいます・・・。「なんか全部似たようなのだな」と、タンスを開けるたびに毎回思います。

 

冷静に考えれば、それもそのはずです。自分の判断で自分が選んだものなのですから・・・。

 

でも今の状態が「おしゃれではない」と感じているなら、それを脱却するために服装もチェンジしてしまいましょう!

 

・・・と考えつつ服屋に向かって、結局同じような服を買って帰宅する・・・というのが筆者の日常なのですが、とにかくそれではいけません!

 

服屋に行ったら、マネキンのコーデをまるごと購入しませんか?

 

マネキンなどがディスプレイとして着ている服って、「上着はかわいいんだけど、スカートの色が好みじゃないな」とか、「こんな服、さすがに私には似合わないよ」など欠点を探して倦厭しがちです。

 

でもマネキンが着ている服って、最先端の流行を知っているスタッフが、プロの目線で流行モノを組み合わせたものだから、まず間違いがないんですよね。

 

例えば「ちょっと冒険してみよう」と自分の判断で普段は買わないような服を買って、第三者から「あの服にあのスカートを合わせるの?・・・ないわ~」なんて思われたら本末転倒です。

 

その点からも、プロが提案するコーディネートなのですから間違いがないのです!

 

アドバイザーがいる店舗だったら、ぜひ気軽に相談してみましょう♪

 

「私に合うアイテムを提案してほしいんですけど・・・」なんて言ってみれば、客観的な視点でスタッフがベストコーデを提案してくれることでしょう♪

 

「えっ・・・コレ?」と感じるような提案をされたとしても、それが「プロの視点での、第三者の意見」なのですから、ぜひ柔軟に受け入れましょう。

 

筆者も以前に、「私に合うコーデを・・・」とアドバイザーに伝えたことがあります。美容院のそれではないですが、丸投げです(笑)。

 

そこで提案されたのは、普段履かないような色のスカートと、自分では絶対に買わないようなデザインのブラウスでしたが、「それがプロの意見なら・・・。おしゃれになるためだ」と思って、思い切って購入しました。

 

結果、ウケが良かったんですよ!家族や友人は、「あれ?珍しいね、そんな色のスカート、今まで履いたことないよね」と、すぐに変化に気づいてくれました。

 

服屋で店員さんのおすすめを買ったことを伝えると、「うん、いいんじゃない!似合ってると思うよ」と肯定してくれたのです!こういうところから、自分の可能性って広がっていくのではないでしょうか(^^)v

 

Sponsored link


 

3.靴やバッグは意外と重要!

靴やバッグなどの小物類って、意外に後回しにされがちなんですが・・・実は、おしゃれの盲点なんですよ!

 

いくら高価な服を身に着けたって、近所の量販店のセールで買ったようなバッグに、履きやすさ重視のヘビロテ靴では、やはり「おしゃれ度」はガクンと落ちてしまいます。

 

靴は、「幸運へ歩いていく」という意味で、実はとても重要なアイテムなのです。おしゃれを目指すなら、履きやすいスニーカーよりも、少し高めのヒール付きの靴なんかが良いでしょう。

 

バッグも、とても目に付くアイテムです。使い込んで黒ずみが出てきたような「愛用バッグ」では、やはりおしゃれ度がマイナスされてしまいます。

 

ワンポイントとしての気持ちで、ブランド名が書かれたバッグなどを持つと、一気におしゃれ度が上がりますよ。

 

たかが小物、されど小物、なのです(^^)。

 

4.厚化粧にならないように気をつける

おしゃれを目指すと、どうしても厚化粧になりがちです!「もっと、もっと」と、厚塗りを重ねて、目力ありすぎメイク・・・。でもこれは古いです!

 

おしゃれを目指すなら、ゆるめの、スキがあるメイクが一番です。今の流行はナチュラルメイクですので♪

 

マスカラガンガン、アイシャドウガンガン、にならないように「ナチュラルメイク」、そして薄付きでも映えるような「すっぴん美肌」を目指しましょう♪

 

5.まとめ

簡単な方法で、すぐに「おしゃれ」が目指せることが、お分かりいただけたと思います☆

 

気合を入れる部分は気合を入れて、ゆるめにすべきところはゆるめにしましょう。そのギャップこそが、おしゃれへの第一歩だと筆者は考えます。

 

おしゃれは、生涯を通じていつでも勉強です!自分改造をして、モテ女子になっちゃいましょう!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!