バレない社内不倫のための5つの条件

Sponsored Link



会社という場所は月曜から金曜日週5日1日8時間、年間の大半を過ごす生活の中でも大事な場所のひとつではないでしょうか?

 

そんな環境の中で交際を始める人は多いですよね。その中でも、もしあなたが好きになった人に家庭がある人で交際が始まってしまったらどうしましょうか…?

 

「奥さんがいるなんて知らなかった。」
「好きになってしまったのだから放っておいて欲しい!」
「バレなきゃ問題ない。」

いろんな意見があると思います。

 

不倫はバレてしまえば人生台無し

不倫はいけないものだという自覚があってもなくても、バレてしまってはあなたも彼の人生も台無しです。不倫が道徳に沿っていないという事実がある限りは周りの人にペラペラ話すことなんかできず、「隠す」しかないのです。

 

でも、「こんなに好きだし、社外ではラブラブなのにどうやって社内で過ごせばいいの…?」と迷っているかもしれません。これから書く5つの条件は、社内不倫を3年間周囲に全くバレずに続けた私と、私の知人たちがの実践したことのまとめです。

 

1.必要以上に同じ空間にいない

基本的なことですが「必要以上に同じ空間にいない」がとても大事です。他部署同士の関係であった場合はそこまで難しくないかもしれませんが、同じ部署であっても極力努力してみてください。

 

まず、仕事のこと以外は話しかけたりするのはNGです。

 

「はぁ…今日も彼氏かっこいいなぁ」と私は彼がいつも視界に入る席だったのでよく眺めていたのを思い出します笑

 

しかし、私がいつも心がけてたのは、いくらたくさん職場内の時間ですら共有したくても「こまめに質問はしに行かない」ということでした。

 

…なので、私はオフィス内で彼と仕事のことでも話したことがそれほど多くありません。きっと、そういう関係にあるって言ったとしても「いったいどのタイミングで?そんな雰囲気全くなかったじゃん」となるはずです。

 

1-1.彼と話す頻度

他に、自分より彼と話す女性社員がいるくらいの頻度が理想的でしょう。(「◯◯さんの方がよく一緒にいるよね」という印象がある程度。)

 

オフィスの中で、隣の人の会話が絶対聞こえない状況なんてよほど広い会社じゃなければありえません。

 

実際、みなさんもしていると思いますが、他人の会話の内容って集中して仕事をしていても、ふとした瞬間に意外と気になるものです。よく社内ゴシップ好きな同僚を思い浮かべてみてください。あまり忙しくない人ではありませんか?

 

1-2.彼と接する時間が少なければ疑われない

また、女性の場合は「部長は◯◯さんのことお気に入りだから」などという会話を聞いたことがあるのではないでしょうか?話の真相はさておき、会話や態度を客観的に誰かが見た上で、「社内の噂」になるのです。

 

ということは、そもそも社内でも一緒にいる時間がほぼ周りに見られていない限りは疑われもしません。とても基本的なようで実はちょっと難しいです。

 

2.彼のことは知らないふりをする

これは社内の人との会話に彼の話題が上がった時の対応です。

 

もちろん、あなたは彼と体の関係まである、プライベートを含めた仲です。仕事のことでもプライベートのことでも、他の人より彼と過ごす時間が多いあなたはもちろん彼をよく知っているでしょう。もし、あなたの彼が会社内でも人気、もしくは他に彼のことが好きな同僚がいたら?

 

きっと周りの人もあなたの彼ものことも話したがるでしょう。
そういう時は一息ついて、冷静になりましょう。

 

彼についての話題が出た時は、「聞かない、喋らない、知らないふり」が鉄則です。

 

競わなくてもいいところで競わない

周りの女子社員がさも知っているかのような顔をして、彼の話をしているのは面白くありませんよね…。

 

私の場合は同じ部署の先輩が彼のことが大好きだったので、飲みに行った時は本人がその席にいない時に限って「◯◯さんはー」と何かと彼のことばかり話していたのを思い出します。

 

「それ追加情報ある!」「それ間違ってる!」「そんなことくらい私知ってるもん!」と心の中で叫ぶこともあるかもしれませんが冷静に!そんなことで競わなくてもいいのです。彼が何を言われようと、本当のことわかってるのは自分だけだと自信を持ちましょう。

 

もしこのような行動を続けると、どうしてあなたがそんなにその話題になると饒舌になるのだろうと疑問を持たれます。余計なことを言ってしまうと、詮索されて不倫がバレるきっかけになってしまうかもしれません。

 

ここは冷静に、あなたは彼の彼女だという自信と余裕を持ってスルー出来るようにしましょう。

Sponsored link


3.バレた時の空想をする

彼のことを周りに話したくなったり、自暴自棄になりそうになった場合はバレた時のことを考えましょう。

 

不倫は正直、スリリングで刺激的な恋愛だと思います。

 

誰にもバレてはいけない2人だけの秘密感、特に社内不倫は大きなリスクを背負いながらやるものなのでその罪悪感や背徳感がさらなる恋愛のスパイスになることもあるのじゃないでしょうか?

 

その代償に、不倫にはバレたら女性の方が多くを失うをいうことを自覚しておきましょう。

 

女性のほうが失うものが多い

まず社内にバレた時に職場を退社せざるを得ないのは女性の方が多数です。

 

仕事、慰謝料を求められればお金、今後結婚したいと思った時に不倫で仕事をクビになったと次の彼にバレてしまうかもしれない…もし自分が不倫されてる立場だったらどんな気持ちになるだろう…。

 

ネットで検索すると、慰謝料見積りの計算ができたりします。その数式の結果を見て、自分に払えるのか、またはそれほどの金額を払ってまで彼とこの関係を続けたいのだろうかと疑問が湧きます。

 

ふと、現実的になることが自分へのストッパーになるでしょう。

 

4.連絡方法に注意する

最近では誰とでもLINEが連絡のベースとなっていますよね。
とっても便利な機能ですが、不倫相手との連絡はこのアプリではしないように。

 

私の友人は長年交際している社内不倫の上司とLINEを始めた後、奥さんにばれて大変なことになりました。テレビでもある人気タレントと人気歌手の不倫交際が流失してしまいましたね…。

 

LINEは便利ですがいくら気をつけていても、画面表示されたり交際相手の方が余程危機管理をしている人でも危険です。ましてやあなたが気軽に彼にきわどいメールを送ってしまうタイプであればなおさらまずいです。

 

LINEではなくあえてメールで

私の場合は、相手のLINEを聞きませんでした。知っていたら寂しくなった時に送りたくなっちゃうのがわかっていたので…。

 

なので彼は私専用のメールアドレスを作り、彼が見ない限りは私のメッセージは読めない、また私も彼が家にいるであろう時間帯(終業後、土日)は絶対メールですらしませんでした。

 

ここまで徹底しておけば、何かのアクシデントで第三者の目にメールが読まれることはLINEよりはありません。

 

5.2人きりの時間を楽しむ

これが何より一番大事です。

 

2人きりの時間を思う存分楽しんでいるのであれば、バレないように、この恋が終わらないように、社内でいちゃいちゃできない時間も乗り越えられるはずです!

 

この時だけは、「同僚」ではなく「彼女」として彼と話し、デートや体の関係も「同じ会社の人」ということを忘れて思いっきり甘え楽しみましょう。

 

接し方を変えるだけでも楽しい!

例えば、会社内で呼び合ってる名前を変えてみたり敬語を止めてみたり…(ただし、社内で時別な呼び方をしてしまいそうな人にはお勧めしません。)

 

実際、私が彼に一目惚れをしたとき、彼と交際できるように使ったのがこの方法で、しかも長続きしました。

 

「家庭がある」「社内」ということをデート中、忘れるのはお互いにとって非現実的ではありますが、充実した時間が過ごせるのは確かで、彼もあなたとの時間をもっと楽しんでくれるかもしれません。

 

6.まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後にもう一度、5つの条件をおさらいしましょう。

 

「1.必要以上に同じ空間にいない」 … 雰囲気が周囲に伝わらないようにするため
「2.彼のことは知らないふりをする」 … 身から錆が出ぬようにする
「3.バレた時の空想をする」 … 冷静さを取り戻せるようにする
「4.連絡方法に注意する」 … 常に緊張感を持つ
「5.2人きりの時間を楽しむ」 … この関係をストレスなく楽しめるようにする

 

不倫は周りに責められることが多い恋愛です。
…それが社内となると話も余計複雑になります。

 

それでも好きになってしまった感情を止めることは簡単ではありません。せめて、あなたの気持ちが落ち着くまでお二人の時間が充実したものでありますように。

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

Sponsored Link