コンプレックスを克服する方法!

自分の容姿に自信はありますか?
何のコンプレックスもなく自信満々という人はほとんどいないでしょう。

 

例えば、みんなが「綺麗だね。」「かわいいね」と言ってくれるようなルックスの持ち主であっても、何かしら自分の欠点だと思っている部分というのがあるものです。まわりからみると「どこに悩みがあるの?」と感じてしまうようなことであっても、いざ自分のことになると気になってしまったりするんですね。

 

どんな美人であってもそうなのですから、誰にだってコンプレックスはあるということです。しかしそれは、友達などにそれを相談したところで「気にしすぎだよ。」と言われて終わってしまうようなことがほとんどでしょう。人が抱えるコンプレックスとはそんなもの。自分以外は気にしていないものなんですね。

 

ですから、気になることがあったとしても、気にし過ぎないことです。コンプレックスばかりを見ていると、他のいい部分に目を向けられなくなってしまいます。自分の好きな部分に目を向けてみてください。そして自分のいいところを磨いて、もっと自信を持てるようにしましょう。

 

1.知り合いから相談を受けた例

最近、知り合いから悩みを打ち明けられました。どうやら、バイト先で身長の高さでからかわれてしまったようです。

 

彼女は、幼少のころから身長が高く(174cm)、まわりの近所の人からも「○○ちゃん、大きいねぇ~」とかクラスの男子から「デカッ」と言われ続けたため「大きい」「デカい」という単語を聞くだけで、拒絶反応が出るらしいです。

 

ちなみに恋人の身長は168cmということも彼女の悩みを深めているみたい。いつも一緒に歩くときは、一歩後ろを歩いたりしているそうです。

 

2.恋人やまわりのお友達の意見は…

そんな彼女の悩みに対して、恋人やまわりの友達は…

 

「生まれつきなものをクヨクヨしてもしょうがないよ!」

「その身長とはこれからずっと付き合わないといけないから、好きになってあげなよ!」

 

と言ってくれているけれど、慰めるってことは、やっぱり、心のどこかで引いているってことと考えてしまうみたい。そして「小さくて可愛らしい女性だったら、もっと彼も喜んでくれたはずなのに…。」とも言ってました。

 

それに、これからヒールを履けないし、写真を撮るときも気にしなければいけない。まわりの人と歩くときも距離感を気にしてしまう…。ショッピングでも何でも背が高いということで目立つのが嫌。そもそも、女の子として見れるの?

 

…と、バイト先で身長の高さのことを言われて、泣きじゃくっていました。

Sponsored link


3.気持ちは痛いほどよくわかる

今回の知り合いからの悩み…痛いほどよくわかります。だって、誰にでも、コンプレックスのひとつやふたつはあるから…。ちなみに、みなさんは、どのパーツにコンプレックスを持っていますか?

 

私の悩みは、胸もそんなに大きくなく、顔も縦長。各パーツも気になるところがたくさんあります。本当に言い出したらきりがないくらいですね^^;

 

でも、ひとつひとつの欠点がわかっているからこそ、ドコに自信が持てるかもわかってる。だから、いまでもコンプレックスのパーツはそのまま変化はないけれど、自分の良さを知るきっかけになっととポジティブに考えられるようになったんですよね^^

 

私は背が小さくて太っていることがコンプレックスでした。

太っていると言っても、デブ線に受けるほど太っているわけではなく、微妙な体型であるため恋愛は諦めていたのですが、太っていてもおしゃれなどを楽しんでいる人を見て、自分もおしゃれをしようと頑張ると恋人ができました。

彼は小さい自分が好きだといってくれて、「太ってないしもっと太っても嫌いにならない。」と言ってくれたんです。彼と一緒にいることで、自然とコンプレックスもなくなったような気がします。(20代・みっちゃんさん)

私は鼻がとってもコンプレックスでした。俗に言うだんご鼻、というものでした。

目と目の間の高さがなくてニンニクみたいな鼻でとっても辛かったです。整形などはしていませんが、なるべく高くなるようにつまんだり、マッサージしたり、骨を叩いて軟骨を刺激したり、、、そんな地道な努力をしていたら、少しマシな鼻になりました。

そしてメイクを研究し、ノーズシャドウやハイライトを駆使して少し鼻を高く見せることに成功しました。(20代・まきさん)

4.どんな人でも悩みやコンプレックスはある

世の中には、「美人なのにコンプレックスなんてあるの?」とか「こんなにスタイルが良いのに・・・」など思いたくなるくらい、まわりが羨むきれいな女性でも、気にしているポイントはあるものなのです。

 

そういう悩みを友人に打ち明けたとき、「気にすることないよ」「そんなことないよ」と言われて、とあっさりと打ち切ってしまったことはありませんか?なんの解決にもならなかったと嘆いてしまっていませんか?

 

あなたの友人の言ったことは、間違いではありません。あなたにはあなただけの魅力があり、コンプレックスを嘆いている時間はもったいないのです。

 

それにね、別の友人は、今回、紹介させてもらった子の悩みについて、「身長が高いってうらやましいけどな…。」「だってモデルみたいでカッコイイよね。」「身長が低い私にとって、憧れ…。」と視点が変われば、羨ましがられることもあるのです。

 

5.自分の良さがわかっていないから、欠点が強調される!

198

 

自分の容姿に自信がないという人は…

『自分の欠点をどのようにカバーすればいいのか』
『自分のいいところをどのように見せれば、欠点が薄らぐのか。』

 

この2点を考えることがコンプレックス脱却の糸口になるはずです。たとえば、顔が縦長でデカイような私の場合は、髪型で顔のラインを曖昧にしたり、前髪をおろすことで、丸顔に見せたりして工夫しています。

 

巨乳や美脚じゃないと男性が寄ってこないのではありません。男性を惹きつけるパーツは必ずありますから、欠点を上手くカバーし、自分の魅力を最大限見せる努力をすることからはじめましょう^^

 

以前、私はすぐに顔が赤くなってしまうことがコンプレックスでした。人と話していても赤くなりますし、ふとした瞬間に「恥ずかしいかもしれない」と思うと突然赤くなってしまう癖がありました。

そこで、緊張して赤くなってしまう癖を克服するために積極的に色々な集まりに顔を出して色々な人と交流し、1年かけてコンプレックスを克服しました。(20代・meguさん)

私は背が低いことがずっとコンプレックスでした。雑誌に出てくるモデルはみんなスラっと背が高く、可愛い服も全く着こなせない事がずっと嫌でした。

少しでも高く見えるように痩せようと頑張ったりしましたが、背はどんなに努力しても伸ばすことが出来ませんでした。なので、背が小さいことで可愛く着こなせるファッションなどを自分なりに考え周りにもおしゃれだと言われるようになり、今では背の低さについてコンプレックスに思うことはほぼなくなりました。(30代・イルカさん)

6.「自分磨きのための時間」として有効的に利用する!

どうせなら、その魅力を磨くために時間をかけた方がよほど有意義です。それに、自分に自信を持って町を歩いている女性の姿は、とても美しいものです。自分に自信が出てくると、自然と姿勢も良くなりますし、表情も輝いてみえるようになります。これは更に、あなたの女性としての魅力を増してくれるのです。

 

「自分にはこんな嫌な部分がある」と嘆いてしまうより、「こんないいところがある」とまずは自分自身でみつけて、ほめてあげることから始めてみてください。それだけであなたの中の気持ちも、外からの見え方も変わってきますよ。

 

コンプレックスは尽きないものだけれど、自分のいいところに自信を持って、自分の魅力を最大限にアピールしていきましょう。

 

幼い頃から、体毛が濃く悩んでいました。体育の時間は腕毛が嫌で嫌で、どうにか隠せないかと考えておりました。また眉毛も濃かったため、中学校に入るとからかわれることもありました。それからカミソリを使用するようになりました。

高校生になると、自分自身の身体について生まれ持った体質だからどうしようもないから「いまは別のところを磨く時間。」と思うようになりました。それからだいぶ気持ちが楽になりました。

大学生になり、特に気になっていた部位の永久脱毛をしました。
長年の悩みが払拭されました。(20代・かりんさん)

7.ときに時代によって変化する

私は小学生の時に、眉毛が太いこと、唇が厚いことをからかわれて傷ついていました。
細くて薄い眉毛と唇に憧れていました。

 

けれど、程なくして太眉ブームが訪れ、またしばらくして今度は厚い唇が憧れられる時代が来て…こんどは細眉毛が流行。 時代の変化で長所と短所がすぐに逆転することを知り、バカバカしくなって気になりましたね。

 

8.ダイエットで自分を変えた

「太っている自分」とお別れするために、ダイエットを一生懸命、行った結果、成功したという意見を多数いただきました。みんなコンプレックスを解消するために本当にがんばっているんですね。

コンプレックスは体型です。生まれた時からぽっちゃり体型だった自分です。学生時代も運動音痴でクラスの皆に笑われるほどでした。でも、大人になるにつれてそんなことはあまり気にもしなかったのですが、どこかでコンプレックスだったのでしょう。

いつの日か先輩の誘いではじめたマラソン、そして登山と、しだいに超インドアから超アウトドアな性格にシフトしてきました。何かの糸が切れたように今では体型も痩せて自分でコンプレックスを壊せたことが自信になっています。(20代・まめっちさん)

太っていた事で他人とのコミュニケーションを取る事が出来なかった。 大学に入学する前ダイエットをしないときっとこのまま何も変わらない事にようやく気付き運動、食事制限などで20キロ弱落として痩せる事ができ、それによって自分に自信を持つ事ができて他人と少しづつ関われるようになった。

バイトも始めて色々な年代の人とも関わるようになり大学生活は本当に楽しく過ごせました。ただ男性と話す時とか初めは少し戸惑ったりしましたが、これも友達を通して色々学び克服しました。

ダイエットに成功して自分に自信を持つ事ができて他人とコミュニケーションを取れるようになりコンプレックスを克服して楽しい生活を送れました。(30代・いまみんさん)

私は以前今より10キロほど太っていました。体型はもちろん、自分の顔も嫌いで自信が持てずにいました。しかし、好きな人が出来たことがきっかけで、このままじゃダメだと思い、ダイエットを始めました。

具体的にはスポーツジムに週3日通い、食事の内容を見直し、健康的でヘルシーなものに変えました。 その結果10キロ痩せ、おしゃれやメイクも楽しめるようになりました。そして自分に少しでも自信が持てるようになり、それまで抱えていたコンプレックスも次第に消えていきました。変わりたいとチャレンジしてみて良かったです。(20代・t.hiroさん)

太っていたのでダイエットしました。りんごダイエット、酵素ドリンク、断食などあらゆるものを試しました。ジムに通ったりもしました。

結果的に感じた感想は、短期的にやるダイエットは必ずリバウンドがくるという事でした。早寝早起きとよく噛むこと、そして野菜中心の生活にする事で自然と痩せていきました。あとヨガがよくききました。(20代・hjisalさん)

9.その他・努力で改善されるものもある!

そのほかにも努力でコンプレックスを解消した人はたくさんいます。今回は、その一部を紹介しますね。

コンプレックスだった顔中にできたニキビを治し、克服しました。特にひどかったのがおでこ一面にできたニキビです。少しでも隠れるように前髪を作ったりしましたが、どうしてもひどさを隠し切れませんでした。心ない罵声を浴びせられたこともあります。

洗顔やスキンケアに気を付けたり、油っぽいお菓子は控えるなど地道に努力しました。完治するまで、中学3年間かかりました。しかしその結果、今はニキビ1つなく肌に自信があります。(20代・まなべさん)

私の場合、顔のパーツにコンプレックスを持っていました。目はわりと大きい方なのですが、一重だった事が嫌でした。両親共に二重だったので、なぜ私だけ?と両親にも言えず、心の中でずっとモヤモヤしていました。

高校生になり、アイプチで簡単に二重が出来ると周りで流行りだし、私も試す事に。すごくパッチリして、なんだか気持ちもすごく清々しくポジティブになった様に感じました。

それを機に母に聞いてみると、実は母も昔にアイプチで二重を作っていたそうで、そのまま形が残ったそうです。それを聞いた時になんだか気持ちが楽になりました。コンプレックスと思っていた部分だけど、変えようと思えばなんとかなるんだなと思いました。(20代・ひーちゃんさん)

私のコンプレックスは、毛が濃い方で毛深いことでした。剃れば問題ないかと思いますが剃っても剃ってすぐに生えます。また、剃ることを怠ればすぐに分かりザラザラした肌などを見せることになります。

また、剃ったときなんかは毛穴も目立つこともあり剃っているのと声をかけられることもしばしばありました。そこで思い切って脱毛をしました。(30代・みくさん)

私は毛が濃いことがコンプレックスであり、毛が濃い理由で振られたこともあるので、悩んでいました。しかし、悩んでいては、何も始まらないと思い、思い切って全身脱毛することにしました。

全身脱毛は、お金も時間もかかりましたが、そのおかげで、今は前向きになれて、コンプレックスも消えて、積極的になり、今では恋人が出来ました。(20代・ミサイル野郎さん)

まず、悩みやコンプレックスに関係する本を読みあさりました。本と対話することで、自分で自分をカウンセリングしていたのかもしれません。

そして、行動してみよう!という力が湧いてきたら行動することです。何かが変わります。私は恋愛や結婚に関する本をたくさん読みました。そして婚活をしてみました。婚活の場では縁がありませんでしたが、身近にいた人とあれよあれよという間に結婚することができました。(30代・romitさん)

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る