好きな人と連絡交換してLINEやメールのやりとりができたとしても、そこで目的が終了ではないですよね。連絡交換してから、本当の戦いが始まるといっても大げさではないと思います。

 

 

あなたと彼がメッセージのやりとりを長く続けたとしても、会わなければ親密になりにくいし、盛り上がることも難しいです。

 

 

いかにして、LINEのやりとりから好きな男性と会うまでの流れをつくるのか…コツさえつかめば簡単にできますので、今回は「好きな人と会うために身に付けておきたいメール術」を中心に紹介していきます。

 

会うことを目標に!

メールや電話は警戒心を薄めたり、不安感を和らげたりするなど、ふたりの心の距離を縮めるうえで、役に立つツールなのですが、やはり恋人関係に発展させるためには実際に会わなければ気持ちを盛り上げることはできません。

 

やっぱり、心が繋がるにはメールやLINEだけでは限界があるということなんですね。

 

メール術①  焦らずメッセージを待つ

連絡交換してすぐ好きな人にメッセージを送りたくなります。ですが、ココは気持ちをグッと我慢。ひとまず、彼からのメッセージを待ってみることにしましょう。

 

じつは、女性から積極的にメッセージを送ることも大事なんだけど、連絡交換してすぐは慎重になったほうがいいんです。その理由は…

 

1.「お疲れさま」というように社交辞令になりやすい

2.軽い子と勘違いされる

この2点です。

 

慌てず、焦らずの精神で次の日までメッセージを送ることを控えて、2日経過しても彼からメッセージが来なければあなたから送付しましょう。2日経過しても彼からメッセージがなければ、そのまま縁がなくなる可能性が高いからです。

 

メール術②  好きな人の友達とのやりとりには注意

合コンなどの飲み会で連絡先を交換したとき、複数の男性とLINEやアドレス交換をしていることだと思います。だから、ときに好きな男性ではなく、好きな男性の友達からメッセージが届くこともあります。

 

このときの対応を間違えると、好きな人とのやりとりも難しくなります。彼の友達には、嫌われない程度のメッセージや社交辞令で返信することを忘れずに。なにしろ、男性も友達とのネットワークはしっかりしていますので。

 

だからこそ、誤解されないように、絵文字やスタンプにも気を付けたほうがいいです。間違ってもハート付きの絵柄を選んではいけません。

 

メール術③  メッセージに好きな人の名前を入れる

会話もメッセージも同じです。相手の名前を入れることで大きな力を発揮します。たとえば、メッセージにはあえて苗字ではなく、Aくんといったカタチで名前のほうを書いてみる。苗字よりも名前の方が親近感が高まりますし、それが異性ならドキドキ感を演出することができます。

 

あくまでもメッセージのやりとりのときだけ名前で…、これがまるで秘密を共有しているような演出も含み効果があるので試してみてくださいね。

 

メール術④  丁寧さも忘れずに!

身近な存在であることを意識するあまりに、絵文字やスタンプなどで感情表現をたくさん行うケースもありますが、丁寧さも忘れてはいけません。気さくさにも丁寧さを一言添えるだけで軽い感じはなくなり、親近感を損なうことはありません。

 

そして、メッセージを話しかけるように書くというのがポイント。

 

友達に話しかけるようにメッセージを書くことで身近な存在を演出することができ、本音で語れる存在になります。スタンプや絵文字は、彼の様子、その場の雰囲気で使い分けるくらいに考えておいたほうがいいですね。

 

メール術⑤  自己開示してから質問すると親しくなりやすい

LINEやメールで少しでも長く続けようと質問メッセージばかり書く人がいるけれど、質問ばかりでは相手は尋問を受けているような印象を受けてしまいます。だからこそ、自分のことを話したあとに質問するようにしましょう。

 

自分のことを話すことは尋問の印象を和らげるだけでなく、あなたという人物の情報を相手に与えることもできます。

 

だから、しばらくすると「Aちゃん、この前、映画○○を見に行ったって言ってたよね。どうだった?面白かった?」というように彼の方から話題を投げかける材料にもなるわけです。

 

メール術⑥  最終目標はデートに誘わせるということを忘れずに

あなたの目標は彼とふたりきりで会うことです。いつまでもダラダラとメッセージのやりとりをすることではありません。だからメッセージのやりとりが続くようになってきたら、最終目標である「デートに行く」を達成することに専念してください。

 

そして、デートは必ず彼のほうから誘わせること。

 

そのためには、デートに誘いやすいような話題を投げかけることがポイントになります。ドライブや映画など、話題はしやすいはずです。そして、彼のメッセージに対して、「私も見に行きたいな~。」と言葉を添えると、彼も誘いやすいはずですよ。

 

まとめ!

メールは便利ですが、やはりあなたの想いを伝えるには「力不足なツール」なのです。「少しでも好きな男性と楽しく話したい!」、「いま、その時を楽しみたい!」というならやっぱり電話でリアルに話すことのほうが何倍も楽しいですよね。

 

男性があなたを「どうでもいい女性」と思っているのであれば、メールも億劫になりますし、まして電話をしてまで話そうとはしません。(…もちろん、電話やメールをしただけで、恋心が相手に芽生えているかどうかはわかりませんが。)

 

ただ、少なからずあなたと話をしたいと考える相手ですから、電話やメールが続いているのであれば、「今後の進展する可能性あり!」くらいに思っておいた方がいいですよ。やはり、じっさいにふたりで会って、ゆっくり話せるようになれれば、もっともっと親密に…そして、両想いの関係になれるはずですよ。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!