妥協して付き合ってもいいの?妥協した付き合いのメリット・デメリットとは?

Sponsored Link



すべての彼氏彼女が、「お互いに100%好き!」だから付き合っているのでしょうか?

 

・・・いえ、そんなことはないはずです。

 

「彼のことは嫌いではないけど、彼からの告白を断る理由も特に無かったから・・・」
「彼のことは全然好みではないけど、お金持ちだから(笑)」
「更新され続ける私の『彼氏いない歴』に、とりあえず終止符を打ちたかったから」

など、様々な理由により、カップルとなることを渋々と決めた場合もあるでしょう。

 

「彼氏に対して恋心とか特に無いのに、カップルになって良いものかしら・・・」と、妥協して付き合うことに引け目を感じることもありますよね。

 

私にも、そんな経験があります。全く好きではなかったものの、成り行きで・・・とか、とりあえずクリスマスを一人では迎えたくなかったからとか、その理由も色々でした。妥協して付き合うと、なんだか罪悪感さえ感じることもありますが、しかしデメリットだけでないのです。

 

妥協した付き合いには、確かにデメリットもありますが、同じくらいメリットも存在しますよ(^^)

 

今まさにそんな付き合いに身を投じようとしているあなた。「こんなはずじゃなかった!」となる前にぜひご一読いただいて、事前の知識をつけておいてくださいね。

 

1.メリット1「実は、意外に相性が合う可能性がある」

私がよく友人から言われるのが、「あんたは、男を見る目が無い!」ということです。

 

自分では、「今度こそ!前回みたいなダメンズを好きにはならないぞ!」と反省したうえで次の恋をしているつもりなのですが、やはり結局「ダメンズウォーカー」なようです。ですので、新しい恋をするたびに「やめておきなよ、そんな男!」と言われる始末・・・。

 

「いや、彼は前の男とは違うから!今度こそ大丈夫よ」と自分の意見を押し通した結果、身も心もズタボロに擦り切れ、ストレスフルな恋愛となったりします。

 

何が言いたいかというと、つまり「自分の主観で決めた恋ではないから、新しい何かを見つけられるかもしれない」ということです。

 

あなたが妥協で誰かに告白する・・・ということは、まず無いですよね。たいてい、男性のほうからあなたに告白してきて、妥協して了承するというパターンが多いのではないでしょうか。

 

あなたの主観で「この人がいいわ!私の見る目は確かよ!」と決めた恋ではないので、彼からの告白を了承するにも、どうしても二の足を踏んでしまうことでしょう。

 

しかし、好きでもない人と妥協して付き合った結果、その付き合いが新しい何かをあなたに教えてくれるかもしれません。

 

例えばあなたはインドア派で、恋人にするなら同じくインドア派な男性が良いと考えていたとします。しかしあなたに告白してきたのは、ゴルフや釣り、レジャーなどのアウトドアが大好きな男性!

 

「アウトドアなんて有り得ない・・・」と思いながらも、妥協して彼との交際をOKしたあなた。でも、それはあなたの「新発見」の第一歩かもしれませんよ!

 

例えば彼が「今週末、キャンプに行こうよ」と誘ってきたとします。インドア派のあなたは、当然気乗りしません。嫌々ながら連れて来られたキャンプ・・・。

 

気が重かったものの、周囲を見渡してみたら緑がいっぱいで、意外に新鮮な気持ちになるかもしれません。森林からのマイナスイオンを全身に浴びながら、組み立て方の分からないテントを彼と一緒に笑いながら組み立てる・・・

 

「アウトドアも、楽しいかも!私ひとりでは、絶対に気付くことはなかったわ」と、前向きな発見をするかもしれないのです。

 

「意外に、楽しいかも」「意外にハマッた!」なんて新しい発見は、妥協した付き合いならではのメリットだと言えます。妥協して付き合ったあなたの彼が、あなたが知らない世界の扉を開ける手伝いをしてくれるかもしれませんよ。

 

2.メリット2「これから、彼があなた好みに変わってくれるかもしれない」

上記では、「彼の全てを、あなたが受け入れる」可能性を示唆いたしました。しかし逆に、「彼が、あなたの好みに合わせて変わってくれる」可能性も、ゼロとは言えないはずです!

 

とりあえず彼からの告白をOKし、付き合っていく過程でこうつぶやいてみましょう。「私、○○な男性が好きなのよねー(^^)」。

 

「恋愛は惚れた者が負け」だと昔からよく聞きますが、勇気を出して告白してくるほどあなたにゾッコンな彼なら、あなたの好みの男性となるよう必死に努力してくれるはずです。

 

彼をまるごと、あなた好みにチェンジしちゃいましょう!

Sponsored link


 

3.メリット3「わがままが通りやすくなる」

「恋愛は惚れた者が負け」だと先ほど申し上げましたが、妥協した付き合いには別のメリットも存在します。それは、「あなたが多少わがままを言っても、通りやすいかもしれない」ということです。

 

自分から惚れた男性に対しては、嫌われたくなくて、少しでも良く見られたくて、わがままなんてとても言えませんよね。けれど妥協して付き合った男性であれば、あなたがどんなわがままを言っても受け入れてくれることでしょう。

 

「迎えに来て!」「あのネックレスが欲しいの」「今度の休みは、あそこに行ってみたいな」など様々な願望を気軽に言えるのは、大きなメリットのはずです♪彼はあなたに惚れているので、それらの願望も実際に受け入れてもらいやすいのです♪

 

 4.デメリット1「慣れるまでに時間がかかる

妥協して付き合うことにはメリットもありますが、やはり同時にデメリットも存在します。それは、「慣れるまでに時間がかかる」ということです。

 

彼の外見に対して妥協したとしても、あるいは性格や価値観に対して妥協したとしても、いずれにしろ「好みではない男性」と付き合っているという現実に慣れるまでには、相当な時間を要するかもしれないことを覚悟しておかなければなりません。

 

「好き好き!」で付き合ったわけではないので、例えば彼から時々言われる「好きだよ」という言葉を素直に嬉しいとは思えないかもしれません。

 

彼から電話で、「明日の仕事後、一緒に夕飯を食べに行かない?それと、今週末はデートをしない?(^^)」など頻繁に誘いを受けたとしても、あなたがまだ彼に恋心を持っていないので「ん~、ごめんね、友達と約束があるの」などと断りを入れるときもあるでしょう。

 

「この男性と付き合っている」という事実を自分の中で受け入れるまでには、やはり多かれ少なかれ時間がかかる、ということが大きなデメリットなのです。

 

5.デメリット2「結局、愛せないままかもしれない」

「時間をかければ、いずれは好きになるかも・・・」と期待しながら妥協で付き合いをOKした場合、やはりそれが期待通りにはいかないというリスクもあります。

 

時間をかけても、好きになろうと努力しても、彼に変わってもらおうと声をかけてみても、やっぱり「ダメなものは、ダメ」で終わってしまう可能性も、無いとは言えませんよね・・・。

 

「やっぱりダメだった。ごめんなさい、別れましょう」と切り出して彼と交際解消したとしても、彼への罪悪感や虚無感は、しばらくあなたに付いてまわることでしょう。

 

妥協した付き合いが結局何も得られないまま終わり、むしろ相手へ傷をつけただけの結果になった・・・というリスクも、デメリットのひとつなのです。

 

6.まとめ

好きでもない男性から告白されると、迷いますよね。フリーの期間が長ければ、尚更です。「これを逃したら、次の彼氏はいつできるか分からない・・・」と悩む気持ち、よく分かります。

 

でも、妥協して付き合っているカップルは、世の中にたくさんいます!

 

メリットとデメリットをしっかりと把握したうえであなたが下した結論であれば、きっとそれが正解なのでしょう。ぜひ、後悔のない選択をしてくださいね(^^)。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!