彼氏がやきもちをやかない理由って?男心を解明!

Sponsored Link



「男性も参加する飲み会に、明日私も参加することになったんだけど、いいよね?」と彼氏に聞いてみたところ、笑顔で「うん、いってらっしゃい」と送り出された・・・。

 

なにも、嫉妬して「行くなよそんなの!俺と一緒にいろよ」と止めてほしいわけじゃないけど・・・スムーズに送り出されても、なんだかあまり腑に落ちませんよね(笑)。

 

やきもちをやかない男性は、確かにいます。女性からしてみれば、「私のことが好きじゃないってことかな」と不安になりがちですが、必ずしも「愛がないからやきもちを焼かない」とは限らないんですよ。

 

男心は、単純そうに見えて、わりと複雑なんです。それでは、彼氏があなたにやきもちを焼いてくれない理由を一緒に考えていきましょう!

 

1.「心の広い男」を演じている

例えば、あなたが飲み会に参加するとき・・・。

 

「そんなところ行くなよ!なんでわざわざ参加しに行くの!?俺と一緒にいればいいんじゃね!?別に、参加は義務じゃないんでしょ!?(怒)」と、パニックになって早口でまくし立てる男と、

 

「・・・そっか。わかった、楽しんでおいで。気をつけてな、行ってらっしゃい(^^)」と笑顔で送り出してくれる男・・・。

 

どちらが男として「カッコイイ」のでしょうか?考えるまでもなく、一目瞭然ですよね。

 

もちろん、あなたの彼氏が笑顔で送り出してくれるタイプであったとしても、内心では別の考えをしているかもしれません。

 

「また飲み会!?こいつ、危なっかしいからなぁ・・・押しに弱いし・・・。でも、『行くなよ』なんて引き止めてしまったら、心の狭い男だと思われそうだしなぁ」と、葛藤している可能性もあるのです。

 

女性としては、「えっ・・・私が飲み会に参加すると言っても、嫉妬とかしないんだ・・・。少しくらい引き止めてくれても良いのに。愛されてないのかなぁ」なんて不安を感じてしまいますよね(^^;)。

 

でもそれは、彼氏なりの精一杯の背伸びなのかもしれませんよ。

 

2.過去の恋愛からの教訓かもしれない

今まで経験してきた恋愛で、「学んだこと」ってありますよね。

 

筆者も今までの恋愛では、失敗ばかりしてきました。フラれて初めて「あぁアレはダメだったんだ」「コレはやってはいけないことだったんだなぁ」と気づいたりするのです。

 

例えば筆者は、頻繁にメールを往復させていたいタイプです。

 

メール不精タイプの彼氏に毎朝、「おはよう☆そろそろ起きたころかな?」とか「今日の朝食はジャムパンです♪明日のデート、楽しみだね♪」なんてメールを、まるで自動更新のブログのごとく送信し続けた結果、「重い」とフラれたことがあります・・・。

 

もちろんそれは、メールに限ったことではないでしょう。過去の恋愛で束縛しすぎた結果、「重い」とフラれることになった男性も、少なくないはずです。

 

つまり過去の恋愛からの教訓で、「アレはダメ、コレはダメなどと束縛をして、重いと思われてしまうことだけは避けよう」と思っているのかもしれませんよ。

 

本当は、彼氏だって「行くなよ」と思っているのかもしれません。でも、「行くなよと言ったら、また『重い』と思われてしまうかもしれない」と、引き止めたい気持ちをグッと押し殺して、二度と同じ過ちをしないように意識しているのかもしれません。

Sponsored link


 

3.あなたが自由人すぎるタイプだから、合わせている

あなたが、「彼氏がどんな意見を言ってもスルーして、わが道を行くタイプ」だったとしたら、彼氏もあなたの性格に合わせている可能性があります。

 

あなたとの付き合いの中で、過去に何か話し合いやアドバイスを通して、彼氏が自分の意見を伝えたことはありますか?またそのときのあなたの対応は、どんな感じでしたか?

 

筆者にも経験がありますが、「この人には、もう何を言っても無駄だな」と思った瞬間から、相手に変わることを期待しなくなります。

 

色々と言いたいことは山ほどあるけど、言ったところでスルーされたり逆ギレされるだけなのは目に見えているので、結局はニコヤカに感情を押し殺してしまうのです。

 

時々の我慢なら、彼氏もどうにか自分の中で消化しやすいでしょうけれど、あまりに頻繁に我慢させていると、彼氏のストレスが爆発しかねません。

 

「彼氏は何も言ってこないタイプだから、何をしても大丈夫♪何をしても許される♪」と、自由に振る舞いすぎないようにお気をつけくださいね。

 

4.「自分にしてほしいこと」をアピールしている

上記の例ではないですが、相手に何か要望があるとき、直接にそれを伝えるとやはり角が立つ場合があります。

 

「なんでそんなこと言うわけ!?私は私の考えがあるんだから、あなたに指図されたくない!」なんてキレられたら、彼氏だってたまったものではありませんよね。

 

それに話し合いや相談の雰囲気って、やはり「楽しいもの」とは程遠く居心地が悪いものですので、できればそんな場は積極的に作りたくはないものです。

 

だから彼氏も、あなたへの要望「話し合い」ではなく、「暗黙のニュアンス」として伝えている場合があるのです。「僕はこうしているでしょ?だから君もこうしてよ」と、態度で要望を示しているんですね。

 

人間には良心がありますので、「自分がされてイヤなことは、人にはしない。反対に、自分がしてほしいことを、人にもする」というのはある意味、人類共通のルールですよね。

 

彼氏はこれを意識しているため、「自分がしてほしいこと」態度でアピールしているのかもしれません。

 

「僕は、君が飲み会に出かけると言っても、何も悪い反応はしないでしょ?だから君も、僕が飲み会に参加するときに何も文句言わないでね」ということを意味しているのかもしれませんよ。

 

5.あなたのことをとても信頼している

彼氏がやきもちを焼かない別の理由としては、あなたのことをとても信頼しているからかもしれません。

 

付き合いが長くなってきて、お互いの愛情をお互いがしっかりと確認していれば、そのは多少のことでは失われないですよね。

 

彼女が「飲み会に参加する」と言っても、「この子なら大丈夫。僕のことをちゃんと愛してくれているのを知っているから。もし他の男が彼女に言い寄ってきても、彼女がきっぱりとシャットアウトしてくれるだろうし、何も不安に感じることはない」

 

と、ポジティブに捉えてくれているのかもしれません。

 

もちろん、そんな固い絆は、1日や2日で築かれるものではありません。付き合いが浅い段階では、まだお互いのことを探り探りのため、「絆」はまだ構築中でしょう。

 

しかしすでに完成させた関係性というのは、多少の不安はわりと簡単に取り除けてしまうものです。

 

もしかしたら、あなたにやきもちを焼かないのは、あなたへの愛情の証明なのかもしれませんね。

 

6.まとめ

彼氏がやきもちを焼いてくれないと、なんだか心配になりますよね。

 

女心は、とても複雑です。少しくらいはムッとしてくれないと、愛情を感じない!・・・というときもあるでしょう。でも、だからといって束縛されたくはない!・・・という思いも、同時に存在するはずです。

 

でも、必ずしも「愛情がないからやきもちを焼かない」とは限らない、ということがお分かりいただけたかと思います。

 

やきもちを押し殺してニコヤカな演技をしている場合もあるし、過去の恋愛の失敗から「重いと思われたら終わりだ」と必死になっていることだってあるのです。

 

彼氏だって様々な葛藤と戦っているかもしれないのですから、やきもちが欲しくてアレコレと画策することは逆効果だったりします。

 

目に見えたやきもちから愛情度合いを計ろうとせずに、目に見えない愛情も、きちんと感じ取れたら良いですね(^^)。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!