独占欲が強い彼氏!その原因は?独占欲の解消法は?

やけに独占欲が強い彼氏って、いますよね!

 

付き合う前はそんな素振りはなかったのに・・・どうして付き合った途端に、私はまるで所有物みたいに扱われているの!?

 

付き合い始めた当初は、彼氏のそんな独占欲をかわいく感じることもあるでしょう。「もうっ☆そんなに心配しないでも、私はどこにも行かないわよっ☆」と、嬉しささえ感じますよね。

 

でも、そんな日々がずっと続くと、「もう・・・いい加減にしてよ・・・。なんでそんなに私を信用してくれないわけ!?過保護すぎて窮屈よ!」と、彼氏への愛情さえ見失ってしまいがちです。ウンザリしすぎると、別れさえ考えてしまいますよね。

 

でもせっかく付き合ったのですから、せっかくなら別れずに、ベストな距離感を保ちながら付き合いを続けられればと思うことでしょう。

 

それでは、独占欲が強い彼氏とのベストな付き合い方を、お伝えいたしますね(^^)。ストレス無く楽しい恋愛をするために、ぜひご一読くださいませ☆

 

1.独占欲が強い原因とは

あなたの彼氏はなぜ、人に比べて独占欲が強いのでしょうか?

 

じつは独占欲の根底には、「自分への自信の無さ」があることが多いです。

 

あなたを束縛するためのアクションを何かしら起こしていないと、「自分は捨てられてしまうのでは」「他の男のほうに目移りしてしまうのではないか」「他の男が彼女に言い寄ってくるのでは」・・・なんて不安だらけになってしまうのです。

 

つまり、そんな不安を払拭するために、クサリのようにあなたを繋ぎ止めようとするわけです。悪い言い方をすれば、「首輪を付ける」とも表現できます。あなたの行動を常に把握していたいために、過剰な干渉をしてしまうのです。

 

でも、独占欲が強いことは悪いことばかりではありません。独占欲を通じて、彼氏はあなたを大事にしてくれているとも考えることができます。

 

だって、どうでもいい女性に対しては、独占したいという考え自体が無いはずですから。ポジティブに考えれば、あなたをしっかりと大事に思ってくれている証拠ともいえるのです。

 

また、あなたがいわゆる「遊び大好き!」「楽しいこと大好き!」、あるいは「優柔不断」という気質を持っていたとしたら要注意です。

 

「今日は朝まで飲み会なんだ!男女混合だけど、別に大丈夫だよ~何もないってば(笑)」とか、「昨日、バイト帰りにナンパされちゃってさ。押しが強い人だったら断れなくて、連絡先だけ交換したんだ」

 

などの危なっかしい報告を、悪気なく彼氏に伝えたりしていませんか?

 

彼女はただの世間話として話していた内容が、彼氏にとっては一大事だったりします。もともと独占欲の薄い、普通の恋愛ができるような男性でも、彼女の危なっかしさに急変して束縛男へと豹変することもあるので、お気をつけくださいね。

 

2.独占欲が強い彼氏は、「こうして欲しい」と思っている

誰でも、誰かに対して、「自分に対してこうしてほしい」という要望を持っているものです。それは、「自分に関わらないで」ということかもしれませんし、あるいは「友達になってほしい」「恋人になってほしい」ということかもしれません。

 

彼氏も、過剰な独占欲という異様な行動を通じて、あなたに何かを訴えかけているのです。それはおそらく、「僕から離れないで。僕だけを見て。ずっと僕のものでいてよ」ということでしょう。

 

彼氏の願望を叶えることができれば、彼氏はあなたを束縛から徐々に解放していってくれるはずです。

 

独占欲が強い彼氏は、並大抵の恋愛では満足しません。自分にとって、最上級のもてなしを望んでいます。ですから、筆者がおすすめする一番手っ取り早い方法は、「好きだよ」口頭で伝え続けることです。

 

プレゼントをあげたり尽くすことでアピールしても良いのですが、どうしても費用がかさんでしまいます。毎回毎回、高価なモノを進呈していたら生活がキツくなってしまいますよね。

 

プレゼントは時々にして、会うたびに「世界で一番好き」などと伝え続けてあげましょう。伝えながら手を繋いだり、腕を組んだりしてくっついてあげると、より効果大ですよ。

Sponsored link


3.早めに、「束縛しないで」と打ち明けるのも有効

独占欲が強く束縛したがる男性は、自分が束縛していることに気づいていない場合がほとんどです。

 

あなたが勇気を出して、「束縛が苦しいの」と言ったとしても、「え?こんなの束縛のうちに入らないし。つまり、僕のこと好きじゃないから連絡するなってこと?」と、話が大げさに広がりかねません・・・。

 

そのため、「彼氏への愛情はきちんとある」ということと、「私にとって、あなたからの行動は束縛である」ということの2点をきちんと伝えましょう。

 

人それぞれに、モノへの感じ方って違いますよね。どこかの番組のコメンテーターの意見を聞いても、人によっては「その通り!よく言った!」と感じる人もいれば、「あんな考え方をするなんて、信じられない」と受け取る人もいるでしょう。

 

人を説得するには、「I(アイ=私)」を主語にして話すのが良いですよ。「【私は】こう思う」「【私は】嬉しい」「【私は】悲しい」など、自分を主語に入れるだけで、相手からの反論が防げます。

 

感じ方は人それぞれなのですから、あなたの感じ方について、「いや、そんなふうに感じるわけないでしょ」とは反論しにくいですからね。心理学的にも、相手を説き伏せるためのテクニックとして使われていたりするんですよ。

 

つまり「あなたの行動は、【私は】苦しく感じてしまう。【私にとって】それは束縛なの。あなたのことはとても好きだけど、あなたの行動は【私を】苦しめる」・・・というように伝えれば、反論しにくい内容のため、大きなケンカへと広がることもないでしょう。

 

長く付き合いたいのでしたら、早めに打ち明けておきましょう。

 

交際開始から2年後、3年後に「今までずっと我慢していたんだけどさ、じつは・・・」と切り出すと、「今さら何?今までずっと、僕との関係をストレスを溜めながら我慢して付き合ってきたの?」と悪印象を持たれかねません。

 

過度の束縛が気になったら、できるだけ早い段階で話し合いをしましょう。でもここで注意いただきたいのですが、男性は基本的にプライドが高いので、「話し合い」と「ケンカ」を混同しがちです。

 

冷静に話し合いたいと相談を持ちかけても、「なにそれ?俺への文句?」と逆ギレされることだって、珍しくないのです・・・。

 

話し合いを持ちかける際には、「あなたのことをとても大切に思っているから、今の関係を、さらに良くするために相談したいの」と前置きすると良いでしょう。彼氏の気分を上げさせておけば、無下に逆ギレされる可能性も薄くなるでしょう。

 

4.独占欲が強い彼氏と、相性が良い彼女の条件とは?

独占欲が強い彼氏には、やはりフラフラとどこかに遊び歩いているような自由人彼女は、恋人として相性が良くありません。

 

独占欲彼氏には、同じく独占欲や依存傾向が強い彼女がぴったりです。お互いにお互いのすべてを束縛し合うことで、隙がないラブラブカップルになれるでしょう。

 

5.まとめ

独占欲が強い彼氏との付き合いは、なかなか窮屈ですよね。

 

いっそのこと改善へ向けて相談してみるのもアリですし、それでもどんな手段を使っても改善が見られないようでしたら、思い切って別れを視野に入れるのも良いでしょう。

 

性格や相性の合わない彼氏と、ストレスを溜めたままで交際していても、こちらが疲れてしまうだけです。

 

ぜひ、後悔のない選択をしてくださいね(^^)

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る