長続きしない恋愛の特徴4つまとめてみた!

Sponsored Link



「付き合ってもなぜか、3ヶ月以内に別れてしまう」・・・など、恋愛が長続きしないことに悩んでいる男女って、意外と多いんです。

 

「長続きしないのは、自分に原因があるのかな?」「やっぱりこんな私じゃ、男性にとっては魅力を感じないのかも」なんて、自分を責めてしまうこともあるでしょう・・・。でも、もしかしたら、あなたは自分を責める必要はないかもしれませんよ。

 

長続きしない恋愛には、それなりの理由があるのです。

 

長続きしない恋愛の特徴を知れば、もしかしたら最初からそのような恋愛を回避できるかもしれません。では、長続きしない恋愛の特徴を、一緒に見ていきましょう!

 

1.彼氏の過去の恋愛が、すべて短命に終わっている

あなたの彼氏に、過去の恋愛について聞いてみたことはありますか?

 

「いやよ、元カノの話なんて聞きたくない!」と思ってしまうかもしれません。でも長続きする恋愛をしたいのなら、交際がスタートする前にあらかじめ彼氏に聞いておいたほうが良いでしょう。なぜなら、彼氏は過去の恋愛を、すべて短命に終わらせているのかもしれませんから・・・。

 

「前の彼女とは3ヶ月で別れたよ。その前の彼女は、2ヶ月で別れたかな~」なんて言っている男性であれば、もともと短い恋愛を望んでいるのかもしれません。

 

あるいは、そもそも女性に対して恋愛感情を持たないタイプとも考えられます。・・・だって、本当に好きで付き合っている女性に対しては、間違っても数ヶ月で別れるなんて選択はしないはずですから・・・。

 

私の知り合いの話

私の知り合いの男性に、「元カノの数」を、一種の自分のステータスとして考えている人がいます。「今まで20人の女性と付き合ったんだ」と、「元カノの数=自分のモテ指数」だと考えている男性って、意外と多いのかもしれません。

 

交際した女性の人数の記録を更新することが目的なため、「この子と深く付き合っていこう、大事にしよう」なんて考えは、もともと頭から無いのでしょう。

 

彼氏の過去の恋愛が短命のものばかりなら、あなたは「私の何が悪かったのかしら・・・」と、泣いたり落ち込んだりする必要はありません。次に付き合う男性は、「前の彼女とは3年付き合ったよ」など、交際期間が長めな男性を選びましょうね。

 

2.あなたと彼の恋愛に対する価値観が違う

長続きしない恋愛の特徴には、お互いの恋愛に対する価値観が違うという点も挙げられます。

 

例えば、あなたは彼氏を大事にしたいのに、彼氏は友人との約束や飲み会の予定も大事・・・。「週末、会えない?」と彼氏に聞いてみても、「ごめん、友達と遊びに行く約束が入ってて」と断られることも多数・・・。

 

「先週の日曜日も会えなかったのに、今週くらい私のために時間を使ってくれてもいいじゃん」と、あなたは悶々。そんな「価値観の違い」が毎回続いては、短命に終わってしまうのもある意味で仕方がないことといえます。

 

彼氏と同じ方向を向いているかどうか

恋愛を長続きさせるためには、あなたと彼氏が同じ方向を向いていることがポイントとなります。大きく分類させると、「ふたりとも恋愛第一主義」か、または「ふたりとも恋愛よりも大事なものを持っている」というカップルであれば、長続きできるはずです。

 

ふたりとも何より恋愛を大事にしている主義なのであれば、お互いがお互いを常に思い合って、ラブラブで素敵な関係を築けることでしょう。

 

時間以外も充実しているカップルは上手くいきやすい

あるいは逆に、ふたりとも恋愛は二の次・三の次にして、お互いの自由を大事にしているカップルも長続きできるはずです。それが仕事であれ、趣味であれ、友人との飲み会であれ、恋人としての時間以外も充実させているカップルであれば「付かず離れず」で居心地が良い関係性が築けることでしょう。

 

ですので、付き合う前にあらかじめ、彼氏の恋愛に対する優先度を聞いておくのが良いでしょう。「恋愛」という同じ事柄をふたりで共有しているので、ふたりが見ている方向は非常に重要なんですよ。

 

Sponsored link


3.恋愛開始時点から遠距離になりそう

恋愛開始時点で遠距離になりそうな恋愛は、長続きしない恋愛である可能性が否めません・・・。

 

もちろん、すべての遠距離恋愛が同じような結果になるわけではありません。しかしそれでも、例えば「15分で会える距離」のカップルよりも、「3時間かけなければ会えない距離」のカップルのほうは、交際を継続させるだけでも一苦労なことは確かです。

 

最初から遠距離での交際をスタートするよりも、交際半年くらいして遠距離になってしまった…というカップルであれば長続きできるかもしれません。

 

もちろん引越しや転勤などは、個人だけの意思ではどうしようもないことが多いので「引越しの日にちを調整しよう」とか「転勤の日付を延期してもらおう」なんて出来ませんよね。

 

もし、付き合った時点で遠距離恋愛となる可能性があるならば、長続きする恋愛を目指すためには避けておいたほうが良いでしょう。

 

4.相手のアドバイスや意見を聞かない

もしあなたが、彼氏に「これはやめてほしいな」と注意することがあったとします。

 

でも彼氏は、あなたの意見に聞く耳持たず・・・。「俺は俺の考え方でやるから」と、あなたの意見を完全にスルーしてわが道を行く・・・。もし彼氏がそんなタイプであったのなら、残念ながら恋愛は長続きしないでしょう。

 

恋人関係であれば、遅かれ早かれ「話し合い」が必要な場面は出てきます。彼氏に不満を抱いてあなたが注意することもあるでしょうし、あるいは逆に彼氏から不満を言われることもあるかもしれません。でも、どんなときも忘れてはいけないのが「最愛の相手の意見を尊重する」ということです。

 

もちろん、「これだけは絶対に譲れないこと」というのは誰にでもあると思います。でも、この「相手への敬意」が払えない男性を彼氏にしてしまうと、大変です。

 

話し合いにならない相手だとうまくいきにくい

話し合いが話し合いにさえならず、時には逆ギレされたり、あるいは「こいつ、いちいち俺の行動に文句つけてきてうるせーな」と思われることさえあるでしょう・・・。

 

あなたは正論を言っていたとしても、そもそも相手への敬意を払えない男性であれば「重い。うるさい」と、恋愛そのものに終わりを告げられてしまうかもしれないのです。

 

恋愛を長続きさせたいのなら、あなたにきちんと敬意を払ってくれて、話し合いの場にきちんと応じられる男性を選びましょう。

 

最初から「俺は俺」とあなたの意見をシャットアウトするのではなく、あなたがその意見を言ってきた背景、裏にある価値観、考えかた・・・すべてを受け入れて、きちんと自分の中で消化したうえで意見を言ってくれる男性がおすすめですよ。

 

見極めるタイミング

・・・とは言え、付き合う前から相手のそんな深い部分までは知ることは難しいですよね。ですので相手を見極めるタイミングは、最初の「話し合い」の機会が適切でしょう。それは、付き合って1ヵ月後のことかもしれませんし、あるいは半年後、一年後のことかもしれません。

 

でも、もしその「話し合い」がスルーされて、しかも交際まで解消される結果になっても、あなたは自分を責めなくて良いのです。「聞く耳持たずなんて、子供ね!こんな器の小さい男、こっちから願い下げよ」とこっちから見限って、新しい男性を探しに行きましょう!

 

まとめ

長続きしない恋愛には、様々な特徴があります。短い期間で別れるたび、「私に何か問題があったのかも」とか「自分でも気づかないうちに悪いことをしてしまったのかも」と自分を責めてしまいますよね。でも、あなたが悪いわけではなく、必然的に別れてしまうこともあるのです。

 

この記事を参考にしていただきながら、ダメな男はこっちから見限って、あなたにぴったり合う男性を探してみてくださいね!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!