「本命には絶対にやらないこと」って何?彼の行動から本心を探れ!

好きな人がいたら、その人の行動ひとつで一喜一憂しますよね。

 

「あっ、今チラッと目が合った気がする!彼も私のことを見てたってこと?!うわー、ドキドキ・・・!」と興奮したり、逆に「今日は私、なんだか具合が悪くて元気がないのに、気にかけてくれる素振りもない・・・」と落ち込んだり。

 

そして様々な思いがぐるぐると頭の中を巡った末に、辿り着く結論はいつも、「・・・で、結局彼は私のことをどう思っているんだろう?!」ということですよね。

 

じつは、彼の行動から、あなたに対する脈があるかないかをズバッと見抜くことができるのです。「本命には絶対やらないこと」をいくつか挙げますので、あなたの彼の行動がこれらに該当していないかどうか、一緒にチェックしていきましょう!

 

1.「早くいい男が見つかるといいな」と恋愛成就を祈願される

男性が本命の女性の前で「あぁ~、彼女欲しいなぁ」とつぶやくことがあります。これは「じゃぁ私が彼女になってあげるわよ♪」というセリフを期待しているのです。

 

さらに「今、自分には彼女がいません!フリーです!」という現状報告と「でも彼女がいらないわけではなく、欲しいんです!」という募集中アピールも兼ねているのです。

 

しかし逆に「早くいい男見つけろよ!^^」とあなたの恋愛祈願をされたら、残念ながらあなたは彼にとって本命女性ではない可能性が高いです。

 

本命女性に対しては、間違っても他の男との恋愛成就を祈願することはありません。彼にとってあなたは、妹的な存在であるか、あくまで友達としてしか見られていないと考えられます。兄貴のような目線で妹の幸せを願っているからこそ出るセリフなのです。

 

もし、意中の彼からこのセリフを言われたとしたら、ショックですよね。私も過去に何度か、好きな男性に言われたことがあります。男性の鈍感さを悲しく思いましたが、「いや、いい男はもう見つけているの。それは、あなたなの!」なんて、まさか言えるわけがありませんものね・・・。

 

同じように「誰かいい子紹介して」も、これに相当します。本命女性を目の前にした状態であれば、その女性の存在をそっちのけにして、背後にある人脈を頼りにするようなセリフは吐けないものです。

 

2.相手の情報に興味を持たない

女性が好きな男性のことなら何でも知りたいのと同じように、男性も惚れた女性のことは何でも知りたいと思っています。

 

そのため、あなたが話をしているのに途中で遮られたり、突っ込んで聞いてこないような状況が続くのであれば、残念ながらあなたは本命ではない可能性が高いです。

 

例えば、あなたが髪をバッサリと切ったとしましょう。分かりやすい変化だったので、彼は「あれ?髪切ったね!」と気づいてくれました。そこであなたは「うん。かなり短くしたから、勇気いったけど^^;」と返したとします。

 

・・・その後の彼の対応は、どのようなものでしょうか?

 

彼の反応からわかる本音

「そっかー、いいんじゃない?^^」と言って去って行ったら、いっけん「いいんじゃない」という言葉の響きが耳に残って嬉しく思いがちです。

 

「似合っているってことだよね?かわいいって言ってくれているのかな?」と、妄想がどんどん拡大していくことでしょう。しかし大事なのは、「そこからさらに突っ込んでくるかどうか」なのです。

 

もっとガッツリと話せる状況だったのであれば、彼にとっても、この機会はチャンスなはずです。本命女性に対しては、話す機会を1回でも多く、1分でも長く持とうとするものです。そのため、少しだけの会話であっさりと去っていくようなら「それ以上は別に興味がない」という意味になります。

もしも本命だったら…

この会話例も、もし本命女性を目の前にしていたらまた違ってくることでしょう。「そっかー、いいんじゃない?」の後に…

「いつもどこで髪を切っているの?」
「最後にその長さにしたのは、何年前くらい?」
「短くしたのは、何かキッカケや理由があったの?」

など、ここぞとばかりにグイグイ聞いてくるはずです。

 

それこそが、「あなたに興味があります」「もっとあなたのことを知りたいです」という、好意のサインなのです。

興味がなければすぐ終わる…

しかしこれに対し、逆に「いいんじゃない^^」とあっけなく去っていくようでは、残念ながら彼女候補としての脈は見当たりません。

 

いっけんして褒め言葉のようですが、去り際に適切な言葉が見当たらなかったから、とりあえず思いついた無難な言葉を口にしただけかもしれません。

 

いずれにしろ、本命女性が自分の情報を1つ与えれば、5~6くらいは喰い付いてくるのが、男性です。与えた1つの情報に対して「ふ~ん、そうなんだ♪」程度で終わってしまうようなら、残念ながら本命候補ではないと考えて良いでしょう。

 

Sponsored link


3.やきもちを焼かせようとする

意中の彼は、あなたの前で「俺、昨日バイト先のお客さんから連絡先を渡されちゃったんだ。かわいい子だったよ。連絡してみようかな」など、やきもちを焼かせるような言動をしたりしますか?

 

付き合ってもいない状態で、本命の女性に対して、やきもちを焼かせるように仕向けることはまずありません。「女の影をチラつかせて、私に告白を焦らせているんだわ」と思うこともあるかもしれません。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?本命の女性がいるなら、その女性からの告白をただ待つ、あるいは告白を仕向けるようなことはしないでしょう。

 

さらに、本命の女性に対しては、「俺はモテモテなんだぜ~♪」と焦らせるようなことは逆効果だと分かっているはずです。チャラついたイメージが付いてしまっては、好意を得るどころではありませんからね。

 

もしあなたに対して、やきもちを焼かせるような言動が多いのであれば、それは単に世間話としてか、話を聞いてくれる「友達」として扱われている可能性が高いでしょう。

 

4.自分の下品な部分を見せる

大好きな女性が「彼女」になってくれるまでは、なんとしてでも自分の好感度を上げるために必死になることでしょう。自分から積極的に好感度を下げるようなマネなんて、間違ってもするはずがありません。

 

例えば、あなたの前で平気でオナラをしてケラケラ笑ったり、食事中にゲップ、耳の穴に指を突っ込む、鼻をほじるなど・・・恋人関係として付き合いが安定したカップルは普通にやりがちなことですが、付き合う前からこのような行為をする男性はまずいないと考えて良いでしょう。

 

もちろん、同性同士の前では普通に行っているかもしれません。しかし、本命女性の前では気持ちを切り替えて、彼女の目に少しでもイイ男として映るように、行動のひとつひとつをしっかり意識・管理をしているはずです。

 

もしあなたの前で彼が下品な行動をすることが多いのであれば、残念ですが「女性」としては意識されていない可能性が高いです。「男友達の延長線」のような位置づけかもしれません。

 

まとめ

いくつか項目を挙げましたが、気になる彼の言動を振り返ってみて、いくつ当てはまっていましたか?1つだけ該当していたという場合も、全項目該当していたという場合もあるかもしれません。

 

ですが、ここからが勝負です。彼のあなたに対する本心を、うっすらとでも知ることができたなら、後は巻き返していくだけです。遅いなんてことはありません。「友達と思っていた女性を、いつのまにか・・・」なんていうことは、昔からよく聞く話です。

 

さぁ今日から女子力全開で、彼を振り向かせてしまいましょう!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る