歳の差恋愛成就の秘訣!年下男性を落とすにはどうしたらいい?

Sponsored Link



歳の差恋愛…という言葉をよく耳にします。

 

「年下が好き」と、もともとターゲットを年下に絞っている場合もありますが「好きになった人が、たまたま年下だった」という場合だってありますよね。

 

一般的には「年下の女性と、年上の男性」という構図が、カップルの理想系のようなイメージで世間に広く浸透しています。「年下の彼氏と付き合っているんだ」と告白すれば、「えっ!彼氏、年下なの?!」と驚かれてしまいかねません。

 

しかし、年下男性だって素敵な魅力がたくさんあります。
もちろん、年上男性にはないメリットだってあるのです。

 

そんな年下男性を落とすには、どうすれば良いのでしょうか?

 

1.男性にとって年上の女性と付き合うのは特殊なケース

「姉さん女房」という言葉があるとおり、男性にとってもやはり「年上の女性と付き合うこと」は、少し特殊なようです。

 

―自分より年上である

 

…と知った時点で、残念ながら”恋愛対象外”となってしまうことだって珍しくないのです。もし付き合ってみたら相性ぴったりなのかもしれないのに、事前にシャットアウトされてしまうのはとても残念だし悲しいことですよね。

 

では、次から、具体的に年下男性を落とす方法をチェックしていきましょう。

 

1.子供っぽい面を見せる

男性はプライドが高く、年功序列を重んじる生き物です。

 

自分よりも1年多く人生経験があるーと知っただけで「後輩」あるいは「目下」のような振る舞いに徹します。つまり、あなたの「○歳年上」という肩書きだけで最初から一歩下がってしまうのです。

 

あなたがもしも年上の女性ならどうするのか…答えは簡単です。
その肩書きを打ち消せば良いのです。

 

もちろん、年齢的なものは消すことができません。
「年齢を感じさせない、子供っぽい面」を見せれば良いのです。

 

子供っぽいと言っても、おもちゃで遊ぶとかそういう意味ではありません。言い方を変えれば、「おっちょこちょいな面」「無邪気な面」とも表現できます。

 

しっかりな女性より頼る女性で年齢差の雰囲気を消す!

たとえば…

「今日、寝グセが取れなくてさー(笑)」と言いながら、少しだけ向きが違う髪束があっても可愛く思われるでしょう。

 

または、「急いで来たから、今日左右の靴下が違うんだよね!やばいーっ、恥ずかしい(笑)」とか、何もないところでつまずいて「うわっ、おっとっと(汗)」などやってみせても効果的。

 

年上女性は「自分よりしっかりしている」というイメージが付いてしまいがちなので、「守ってあげたいな」「俺がいなきゃこいつは心配なんだよな」などを思わせれば勝ちなのです。

 

そのためには、クールで格好いい女を装わず、自然体で穏やかな女性でいるべく注意しましょう。格好いい女は、どうしてもツンケンして見られてしまうので、男性にしてみれば「守ってあげたい」という感情にはなりにくいのです。

 

2.大人の女の魅力をアピールする

男性によっては「守ってあげたい」と思うよりも、「なんて大人で魅力的な女性なんだ」と感じることで恋愛感情へと発展する人もいます。

 

「もうっ、しょうがないなぁ(笑)」と言いながら分からないことを教えてあげたり、「いいわよ、付いてきなさい♪」というイケてる女のオーラを出している女性は「大人の女」の魅力全開でとても魅力的です。

 

特に甘えん坊系の男性にとっては、効果抜群ですよ。
甘えたがりの本能を引き出して「大人」というリーダーシップで引っ張ってあげましょう。

 

3.流行の話題を聞いてみる

世代が1つ違うだけで、流行の音楽も話題もアイテムも、大きく違ってきますよね。ここは、あえて気になる彼が年下…という事実を利用して、彼の世界を共有してみてはいかがでしょうか。

 

カラオケに誘って好きな曲を教えてもらうのでも良いですし「友達の間とかで、流行っているアプリとかあるの~?」とか聞いて、おすすめのアプリを聞き出しても良いかもしれません。

(このとき、彼がスマホを取り出して教えようとしてくれたなら「ふむふむ、このアプリなのね」など言いながら、顔を近づけてドキドキさせてしまいましょう♪)

 

自分のことに興味を持ってくれている女性に対して、嫌な気がする男性はいないはずです。

 

心理学的にも、「好意の返報性」という法則があります。自分に好感を持ってくれている人に対しては、いつのまにかこちらからも好意を持ってしまう…というものです。

 

「あなたのことを知りたいと思っている」というアピールで、気になる年下男性のハートをゲットしてしまいましょう^^

 

3.あなたから積極的にアプローチする

年下男性は、年上女性のことが気になっていたとしても、自分からデートなどには誘いにくいものです。

 

いくら、あなたの見た目が若々しくて年齢を感じさせなかったとしても、心のどこかで「年上の女性を誘うなんて・・・」と男性は萎縮してしまうのです。

 

また、根強い「女性は基本的に年上好き」という概念も邪魔となり、「自分なんかが誘ったところで、門前払いかもしれない」とどうしても引け目を感じてしまうこともあります。

 

また、自分よりも経験があって、デートに誘っても「この店来たことある。」など言われるのではないか。などイロイロ考えてしまうことも。(後輩経験談)

 

そのため、もし年下男性と恋愛関係になりたいのだとしたら、あなたからの積極的なアプローチが重要となります。勇気がいるかもしれませんが、あなたからデートに誘いましょう。

 

なにも、「明後日の日曜日、空いてますか?」とストレートに聞く必要はありません。話の流れから、「わっ、偶然♪私もウニ好きなの!おいしいお店知ってる?今度連れていってよー」など、さりげなくデートの約束を取り付けることだってできるんですよ。

 

4.年下男性を頼りにする

先ほど紹介したように「おいしいお店知ってる?今度連れていってよー」などのように、年下男性を頼りにする姿勢を見せることも、有効な手段ですよ。

 

年上の女性に対してのイメージで「自分よりしっかりしていそう」「頼りになりそう」などの「近寄りがたいイメージ」がどうしても定着しがちです。

 

…なので、それを逆に取って、「私はぜんぜんしっかりしているわけじゃないのよ。あなたを頼りにしたいし、必要としているの。知らないことも多いから、教えてほしいの」という姿勢を見せれば、年下男性にとっては「同い年」あるいは「年下」のような親しみやすさを感じることができます。

 

他にも、高いところにあるものを「うーん、届かない・・・。ごめん、取ってくれる?」とお願いしてみたり、重いものを「重いー!ごめん、手伝ってくれる?」と頼りにすることもおすすめです。それを断る男性はいないはずですので、手伝ってもらったら、大げさなくらいに感謝の言葉を伝えましょう。

 

「わぁ、すごいね!助かったわ、ありがとう」と笑顔たっぷりの視線を向けてあげるだけで、年下男性をコロッと恋に落とすことが可能ですよ^^

 

5.「女性の理想の年齢」を聞いてみる

もしかしたら、彼はあなたの「年上」という肩書きだけで、あと一歩を踏み出せずに躊躇しているかもしれません。

 

そこで、あなたからあと一歩、背中を押してあげましょう。
彼に、意味ありげにこう聞いてみるのです。

 

「恋人にするなら、何歳までの女性がいい、とか・・・ある?」と。

 

彼は「○○歳までくらいかなぁ」と返答してくれると思うので、そうしたらやはり意味ありげに「・・・そっか」と照れ笑いのようなハニカミを見せましょう。

 

あなたの年齢が彼の理想圏内に入っていなくても、寂しげな笑みから何かを察するかもしれませんし、理想圏内なら尚更、問いかけ自体が一層の意味を持って彼の心に響くことでしょう。

 

まとめ

年下男性を落とすには、ちょっとしたコツがあります。ですが、そのコツを駆使して「年下彼氏と年上彼女」として長くラブラブになっているカップルは多数います。ぜひ明日からいろいろ実践してみてくださいね!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link