彼氏に冷めたと言われた!関係を修復したい女子必見!

Sponsored Link



彼氏に「冷めた」と言われる女性は、実は少なくありません。

 

例えば、仲が良い友人に対してでさえ、時にはムッとすることもありますし、あるいは気の知れた家族にだってイラッとすることはありますよね。人と人との付き合いである以上は、自分の感情の起伏も、相手の感情の起伏も避けることができない厄介な現実なのです。

 

しかしそれを理解しているつもりでも、実際に面と向かって「冷めた」と言われたら焦りますし、パニックにもなりますよね。まして、最愛の男性に言われたのなら尚更です・・・。

 

1.まだ遅くない!挽回できる!

「冷めたって、どういうこと・・・?」
「私とはもう付き合えないってこと?」
「他に好きな女性ができたってこと?」

と、彼氏の言葉の裏を必死に読み取ろうとしますよね。

 

あるいは、「何か私、嫌われるようなことしたのかな・・・。もしかして、この前待ち合わせ時間に3分ほど遅刻しちゃったこと?それとも、メールの返信を1時間しなかったことを不満に思われた・・・?」などと自分の非を探してひたすら自分を責めてしまうことだってあるでしょう。

 

確かに「冷めた」と言われたら「嫌われた?」「怒らせた?」「次回会ったときに別れ話をされるかも」などマイナス思考になりがちですが大丈夫です。挽回できますよ!

 

「冷めた」と言われても、そこからジャンプアップして、また元のラブラブな2人に戻れる方法をご紹介いたしますね。

 

2.髪を切る、ファッションを変える、メイクを変える

もし「冷めた」と言われてしまったのであれば、彼の不満を別の場所に逸らすことが一番有効な手段ですよ。

 

1秒あなたを見た時点で、すぐに分かるような圧倒的な変化がおすすめです。
一番分かりやすいのは【髪型を変えること】です。

 

いつもストレートで髪を下ろしているのであれば、アップヘアにしてみたり、パーマをかけてみたりしましょう。反対に髪を結んでいることが多い女性であれば、髪を下ろしたり、カラーをチェンジしても良いかもしれませんね。

 

ここで注意点なのですが、男性には【少々の変化だと分かってもらえない】ことが多いので、バッサリとした変化がおすすめです。

 

例えば、「前髪を2cm切ってみたの」というだけで、それを自分の中で「大きな変化」「大きな冒険」と位置づけてしまう女性はわりと多いです。確かに、女性にとって前髪の2cmというのは結構大きな勇気ですよね。

 

しかしあえて断言しましょう。

 

ハタから見れば「まったく変わってないじゃん!」と思われていることの、なんと多いことか(苦笑)。私も実は、たった数cm切っただけでドキドキしてしまう派です。

 

「わぁ、2cmも切っちゃった・・・。大丈夫かな?おかしくないかな?変じゃない?似合う?・・・あ~、でもやっぱり切りすぎたかなぁ」など、鏡の前で悶々としてしまうのです。ナルシストなつもりではないのですが、ほんの数cmが自分の中ではもう大事件なんですよね。

 

3.大胆に変えなければ男性の心に届かない

あなたが髪の毛を2cm切ったことについて悩んでも、他の人はあなたの変化に残念ながらまったく気づかれないのですよね、これが(笑)女性であれば何回か経験あるのではないでしょうか?

 

あなたが大胆チェンジくらいの気持ちで臨んだ変化でも、彼氏にさえ気づかれなかったことが多いんですよね・・・。なので、チェンジするなら、もう誰がどう見ても一目で分かるくらいの大胆な変化がおすすめです。

 

もちろん髪型だけではなく、ファッションでも変化をつけることができます。

 

いつもジーパンを愛用している女性ならば、ふわっとしたスカートを履いて女子力全開モードにすれば、彼氏も一目で気づいてくれるはずです。

 

あるいはメイクでも変化を感じさせることができます。普段は薄めのメイクを好んでいるのなら、バッチリメイクに変えてみましょう。普段がバッチリメイクであれば、素肌を生かしたナチュラルメイクにするのも良いでしょう。

 

もし仮に、彼が次にあなたと会ったときに別れ話をするつもりでも、この「変化」を彼に見せることで、彼の頭の中からその別れ話を払拭することができますよ。「別れ話」でいっぱいだった頭の中に、別のことをポンと考える余地を与えてあげましょう。

 

それがポジティブなものであれば尚良いので「変化」が最も効果的なのです。彼を「おっ?」とドキッとさせることで、一発逆転してしまいましょう!

 

4.距離を置いて、あなたの大切さに気づいてもらう

「離れて分かる大切さ」とはよく聞きますよね。別れを選択したカップルが、離れることでお互いがいかに大事な支えだったかに気づき、またヨリを戻す話だって巷に溢れています。

 

それを、逆に利用してしまいましょう!「冷めた」と言われたら、追いすがらずに、「そっか・・・分かった・・・」と悲しげな表情を残して彼の前から去るのです。去る、と言ってもそのまま音信不通にして自然消滅という意味ではありません。いったん、距離を置くのです。

 

あなたが彼に伝え続けていた想いが、愛が、きちんと相手に届いているならば、2~3週間くらいすれば彼のほうから連絡をくれるはずですよ。

私の経験談

私にも経験があります。もちろん、連絡を取らないままの数週間は「本当に連絡が来るのか?このまま自然消滅となってしまうのではないか」と気が気ではありませんでしたが、しばらくしたら彼から連絡が来たのです!

 

「ごめん、この前はひどいこと言って・・・。離れてみて、大切さが分かったよ。勝手かもしれないけど、またやり直してほしいんだ」と言われたのです。

 

幸せだとか相手の大切さとかって、その真っ只中にいるときは見えにくいものなんですよね。お互いの価値をお互いが実感するためにも、いったん距離を取ったほうが良い場合だってあるのです。

 

5.彼氏を焦らせる

あなたや彼氏の性格によっては、身を引いたふりをするよりも、強がるふりをしたほうが効果的な場合があります。

 

「冷めた」と言われたら、「そっか・・・。残念ね。でもあなたには、私じゃなきゃ無理よ(笑)。私が恋しくなったらまた連絡してー。それまで、自由を謳歌することにするわ^^」と颯爽と歩き出しましょう。言わば、「イイオンナ」のふりをするのです。

 

そして、彼氏がいないフリーのときと同じように、再びフリーな日常に戻って楽しめば良いのです。男友達と遊んだとしても、彼氏はそれに文句を言う権利はありません。夜遅くまで遊び歩いたって、彼氏に連絡しなくて良いのです。

 

「あなたがいなくても、私は楽しい♪」と自由気ままに日常を楽しめば、それを目の当たりにした彼氏が逆に焦るかもしれませんよ。

 

「他の男に取られてしまうのではないか」とか「夜遅くまで遊んでいるようだけど、誰といるの?」などとハラハラ・ヒヤヒヤして、あなたを繋ぎ止めておきたい衝動に駆られるかもしれません。

 

6.徹底的に話し合う

「冷めた」と言われても、具体的に彼が何をどう感じたからそのように「冷めた」のか、まったく分かりませんよね。

 

理由を教えてくれるなら彼氏を不満にさせていた点が判明するのですが、何も教えてくれなければ何も分からないし、何も解決はしないのです。

 

ですので、徹底的に話し合うことも有効ですよ。「自分の何を不満に思ったのか」「それを解決・改善していくにはどうすれば良いのか」など、原因と今後の方向性を彼と一緒に考えましょう。自分の欠点を面と向かって聞くのは勇気がいりますが、いったん聞きだしてしまえば、後は改善していくだけで済むのです。

 

まとめ

「冷めた」と言われても、そこから挽回できるチャンスはいくらでもあります。「雨降って地固まる」ではないですが、何の喧嘩も不満もなくダラ~と付き合っているカップルよりも、多少の喧嘩や不満があったほうがメリハリが効いていて「良い恋愛」なんですよ^^

 

離れることでしか気づけないことだってあります。この逆境を、ぜひチャンスに変えてみたください!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link