自分に合う人の見つけ方♪もう、ダメンズに振り回されない!

Sponsored Link



自分に本当に合う男性って、どんな男性だと思いますか?今まで恋愛に振り回されて、「疲れた」「こんなはずじゃなかった」など思った経験はありませんか?

 

「彼にフラれたのは、自分に非があった」と責めたことも「私には恋愛なんてそもそも無理だったのかも」と自己嫌悪になったこともあったかと思います。

 

でもそれって、本当はあなたに合っていない男性を選んでしまっただけかもしれませんよ。

 

1.ダメンズウォーカーから抜け出せない女性たち

私は、ダメンズウォーカーだった経験が何度もあります。

 

「やめておきなよ、そんな男」と友人に言われながらも、「いや、私の目は正しいはず!あなたは彼のことを何も知らないだけよ!」と彼との付き合いを強制続行させたものの、結果として残ったものは不満と後悔と疲労だけ・・・。

 

「もう、同じ間違いを繰り返したりしない!今度こそ間違いないわ!」と思って選んだ次の男性も、なぜかまた結局同じ結果になったりするんですよね。

 

・・・かと言って、友人が薦めてくれる男性には、なぜかなかなか気乗りしないものです。

 

「昔からの仲なんだけど、すごくいい人なのよ。きっと幸せにしてくれるはずだよ」と紹介してくれる男性に会ってみたりしても、初対面という状況も重なってか、あまり会話が盛り上がらず「やっぱり、ダメじゃん」と思って終了したり・・・。

 

自分に本当に合う人って、どうやれば見つかるのでしょうか?

 

マイナスの恋愛に振り回されがちな女性は、本当に合う男性と出会えれば、今まで経験してきた恋愛が嘘みたいに幸せな毎日を送ることができるはずですよ♪

 

2.理想的な男性は、あなたにとっての「あたたかい人」

会話していると、「なんだか落ち着く・・・。」「あたたかい気持ちになる・・・。」そんな男性、あなたの周りに何人かはいるのではないでしょうか?

 

クールを装っているのか、会話してもなんだかツンツンしたオーラで近寄り難い男性もいると思いますが、その逆に、話しているだけでなんだかあたたかみを感じる男性もいるはずです。

 

しかし、例えば友人などに「ねぇ、あの人と話すとなんだか穏やかな気持ちにならない?」と聞いてみても、「うーん?そうかな?私はあまりそうは思わないけど」などと返答されることになるでしょう。そう、それこそが【あなた専用、フィーリングの合う男性】なのです。

 

人にはそれぞれ独自の波長があります。会った瞬間から、「この人、私には合わない!あまり話したくない。できれば関わりたくない。無理」と思うような相手って、いますよね。

 

それは、おそらくあなたと波長が合わない人なのでしょう。

 

反対に、初対面だったりあるいは少々の会話をした段階で、「なんだか、この人と話していると居心地が良い♪」と感じる相手もいるはずです。そんな男性を選ぶことが、幸せな恋愛をするためのポイントなんですよ。

 

3.等身大、ありのまま、スッピンの自分でいられる相手

やはり付き合うのでしたら、極端に言えば、「ブサイクな男性よりは、イケメンな男性」「バカな男性よりは、知的な男性」が良いですよね。少なくとも、自分より低スペックな男性は選ばないのではないでしょうか。

 

そんな感じで「少しでも良い人を、少しでも良いスペックを」と選択を繰り返していった結果、「この人だ!」と思える男性と付き合うことができたとしたら、確かにそれは素晴らしいことです。

 

「自分よりもレベルが上」の男性と付き合うことにより、それに見合う自分になろうと、自分自身のレベルを向上させる努力をすることでしょう。

 

しかしそれだと、その彼は「自分に合う人」とはならないのです。なぜなら本当の意味で「自分に合う人」とは、いつでも等身大で自然な自分でいられる・・・そんな付き合いができる人のことを指すからです。

 

着飾ったり背伸びして自分を良く見せようと努力しなくても、隣にいるだけでまるで陽だまりのような居心地の良さを、お互いに感じている・・・そんな関係が、恋愛の理想系なのではないでしょうか。

 

4.自然な気持ちでかたを並べることができる男性

イケメン彼氏に少しでも釣りあう自分になろうと、風呂上がりに一生懸命化粧しているようでは、その彼は本当の意味では「自分に合う人」ではありません。

 

あるいは高学歴のエリート彼氏に、なんだか劣等感や引け目を感じているようでは、やはりその彼も「自分に合う人」ではないのです。

 

本当の意味で「自分に合う人」というのは、自然な気持ちで、肩を並べることができる男性のことを指します。優越感、劣等感、引け目、負い目、あるいは「自分にはもったいないくらいの彼」という謙遜も感じることなく、肩を並べて同じ目線で笑い合えるような関係性が理想です。

 

そのような交際であれば、あなた自身も無理をすることがないので、きっと素敵な関係が長く続くことでしょう。

 

5.普段の生活だけでは、良い出会いはなかなか見つからない

普段は、会社と家を行ったり着たりしているだけ・・・。社会人であれば、そんな男女はたくさんいます。朝早くから出勤し、退社したらもう外は真っ暗。仕事でクタクタなことも加わって、定時後に寄り道をする気さえ起きなくなったりします。

 

そしてやはりそんな日々の中では、自分にぴったり合う男性を探すというのはなかなか難しくなります。職場では、どうしても新規の出会いって限られてきますよね。

 

毎日毎日、新しく初対面の男性とガッツリと会話することは、無いと言っても過言ではないはずです。例えばサービス業や飲食店などでは、客の回転も速く、初対面の男性がどんどん入ってきては出て行き、そしてまたどんどん入ってくるかもしれません。

 

でもそれって、業務上の会話だけで終わってしまいますよね。まして他のお客さんの前で、「あの、連絡先を交換しませんか」なんて話を持ちかけられるわけがありません。

 

せいぜい普通に、「ご注文は何にしますか?」「ありがとうございます」くらいですよね。職場内だと、どうしても恋愛に繫がる出会いには直結しにくいのです。

 

ですので、休日を有効活用しましょう!趣味の社会人サークルに入っても良いですし、友達が開催する合コンに参加しても良いでしょう。今流行の相席居酒屋なんかも楽しいかもしれません。または少し先を見据えて、婚活パーティーに参加するのもアリしょう。

 

6.出会いの絶対数を増やす

 

とにかく、出会う男性の絶対数を増やさないことには、自分に合う人とも出会いにくいのです。もしも「この5人の中に、自分に合う人はいますか?」と聞かれたら、「いやいや・・・、この5人はちょっと自分には無理」など、なかなかしっくり来る男性がいない可能性が高いですよね。けれど、これが100人だったらどうでしょう。

 

「この100人の中に、自分に合う人はいますか?」と聞かれたら、1人2人くらいは「この人!」と思える男性が含まれているのではないでしょうか。

 

絶対数を増やすためには、とにかく行動あるのみ!です。家と会社の往復だけでは、出会える異性の人数もたかが知れています。そこから、自分で積極的にプラスアルファの行動を起こすことにより、世界を広げることができるのです。

 

まとめ

あなたが今まで恋愛で失敗してきたのは、実は知らず知らずのうちに「自分に合わない男性」を選んでいたからかもしれません。

 

「スッピンを見せるなんて有り得ない、嫌われちゃう」「いい女と思われたくて、無理してきついハイヒールを履いている」「あと5キロは痩せたい。じゃないと、彼が他の女に目を向けてしまいそう」・・・そんな「努力ありきの恋愛」も、確かに自己向上の手段としては素敵ですが、恋愛としての理想系を考えたときに、やはり疑問符が付いてきます。

 

本当に自分に合う人と付き合うことができたなら、そのようにストレスと紙一重の状態のような恋愛とは、全く違う交際となることに気づくでしょう。そこに、背伸びは必要ないのです。ありのままのあなたを、ありのまま受け止めてくれる恋愛はとても心地良いものですよ^^

 

自分に合う人とは、そして自分に合う人の見つけ方をご紹介致しましたので、ぜひ参考にして素敵な彼氏を見つけてくださいね!

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link