シングルマザーの恋愛が難しい理由!乗り越えて恋愛成就させるには?

Sponsored Link



シングルマザーって、本当に大変ですよね。
仕事育児家事をすべて一人で行わなければいけませんから・・・。

 

子供が熱を出せば仕事も突然休まなければいけなくなり「また同僚や先輩に迷惑をかけてしまった・・・」と自分を責めてしまうことも。また子供に対しても「なかなか深く関われる時間が持てなくて、寂しい思いをさせているんじゃないか」と心配したり。

 

そして「もう掃除機4日間かけていないわ・・・」と家事がおそろかになっている状態への自己嫌悪。さらに「年齢が上がるにつれてどんどん学費もかさむのに、こんな収入でやっていけるのかしら…。」という今後への不安、生活への不安・・・。

 

1.素敵な人が現れても簡単に恋愛ができない

シングルマザーは、常に大きなものを背負っています。

 

時間に追われていたり、子供への申し訳なさに押しつぶされそうになっていたり、家事を一手に担う重圧を抱えていたり、しつけへの責任etc・・・。

 

そんな中でも、素敵な男性を見つけることもありますし、誰かから恋心を抱かれることもあるでしょう。しかし独身のころとは違い「はい、付き合います♪」というわけにもいかないのが現実です。

 

シングルマザーの恋愛はなぜ難しいのでしょうか?
また、スムーズに成就させる方法はないのでしょうか?

一緒に考えていきましょう。

 

2.仕事と家事と育児で、恋愛に割ける時間がない

独身のころは、例えば…

・毎週末は、彼とデートの時間♪
・1日最低メール5往復は当たり前
・寝る前は、必ず電話する

など、カップルならではのルールがあったことでしょう。

 

しかしシングルマザーとなるとそれらが難しくなるのです。

掃除や洗濯をする時間を省けば、その時間を彼氏との電話に充てることもできるでしょう。あるいは日曜日に子供を公園に連れて行くことをやめて家に放置しておけば、彼氏と思う存分ふたりきりのデートを楽しむことができます。

 

・・・けれど、それらはまるで現実的ではないですよね。

 

1分単位で時間に追われている毎日を送っているのに、どうして恋愛に割く時間があるでしょうか?少しでもすき間時間があれば、子供に絵本を1冊読んであげることに時間を使ってしまう・・・。

 

寝る前だって、電話どころか子供が布団に入る直前まで家事を済ませて、子供が眠るまでは絵本を読んだりして頑張って起きていなければならないのです。

 

これこそが、シングルマザーの恋愛が難しい、最も大きな理由のひとつです。
毎日の生活にヘトヘトで、恋愛が介入する時間も余裕もないのです。

 

3.相手の男性となかなか結婚まで考えられない

シングルマザーには市からの金銭的な手当てがいくつか出ています。
また一般家庭よりも優遇される場面もあったりします。

 

もし新しい男性と付き合って、その男性と結婚するとなると、それらの手当てや優遇は全く無くなってしまいます。男性側の稼ぎがズバ抜けて良いなら話は別ですが、結婚することで収入が減るのはかなり痛手になりますよね。

 

そのため、「付き合うけれど子供が大きくなるまでは結婚はしない」という選択をするシングルマザーが多くいるのです。でもその状態って、相手の男性にとってはほとんどメリットがないと思いませんか?

 

相手の男性だって、親御さんから結婚を迫られているかもしれません。「あんた、いつになったら結婚するの?早く孫の顔が見たいのよ・・・」と催促されることもあるでしょう。しかしそのときに、このような返答をすることになるのです。

 

「いや、彼女はいるけど。でもその彼女は子持ちバツイチで、結婚すると市からの手当てがなくなるから、少なくともあと10年は結婚しないって言ってるんだ」と・・・。

 

これで反対しない親が果たしているでしょうか?親孝行を考えている男性ほど、「やっぱり子持ちバツイチの女性はやめておいたほうがいいのかな・・・。もっと、身近な女性を探そうかな」と思ってしまうはずです。

 

「お付き合いはするけれど、結婚はしない」という前提で付き合い続けることって、なかなか難しいですよね。例えばカップルであれば「結婚」がひとつのゴールであり、夫婦であれば「子供の成人」がひとつのゴールかもしれません。

 

ゴールも目標もなく、先が見えない付き合いを長く続けることは難しいです。そのため、最初から恋愛を始めることすら思いとどまってしまうシングルマザーが多いのです。

 

4.子供への影響が心配

ドラマなどで、「ほら、この人が新しいお父さんだよ」と新しい「パパ」を紹介する場面がたまにありますよね。結婚は考えていなかったとしても、「この人が、ママの新しい彼氏だよ~仲良くしてね~」と子供に彼氏を紹介したときの【子供の心への影響】はやはり気になります。

 

おそらくその「パパ候補」、あるいは「彼氏候補」も、子供と仲良くなろうと子供に擦り寄ることでしょう。特に物心が付いてきた女の子は、そんな男性の存在すら汚らわしいものとして嫌がるかもしれません。

 

家にいるといつもママと「彼氏」がいるから、家に居ること自体が嫌になって、夜になっても放浪している・・・という少女の話など、ニュースで時折見かけます。

 

もちろん女の子に限定せずとも、男の子だってママの横に知らない男がいつもベッタリと寄り添っているのを見るのは、全く気分が良いものではありませんよね。

 

このように、「新しい男性が自分の横に居るようになることで子供が不愉快な思いをするのではないか」と懸念するため、結果として恋愛を始めることすらしないシングルマザーも多いのです。

 

5.シングルマザーの恋愛を上手に成就させるためには?

恋心は、頭では分かっていても加速が止められないときがありますよね。「この男性と付き合ったら、子供がどう思うだろう」とか「現状の生活でいっぱいいっぱいで、彼氏に費やす時間も余裕もお金もない」と思っていたって、恋心にブレーキを掛けられないときだってあります。

 

シングルマザーの恋愛を成就されるためには、いくつかコツがあります。

 

私がおすすめするのは「子供の気持ちを最優先」に考えて、なおかつ「家事を一緒にしてもらう」「育児を一緒にしてもらう」ということです。

 

結婚とまでは言わずとも、男性を「居候」の状態にすれば、同居も可能です。交際が始まるとどうしても、その代償として何かがおろそかになってしまいがちです。それは、手をつけられなかった家事が溜まることかもしれませんし、子供との時間が減ることかもしれません。

 

住民票を移さない状態でのただの同居であれば、現状の手当ては支給されるままですし、好きな人といつも一緒にいたいという希望も叶います。もちろん、1年365日まるまる一緒に生活をするというわけではなく、例えば1週間のうち2~3日の同居だって良いでしょう。

 

掃除や洗濯、料理などの家事を彼氏と一緒に楽しみながらできれば、家事の量も質も下がることはありません。

 

6.子供の気持ちも最優先に!

ですが、注意点があります。
どんなときでも、子供の気持ちを最優先に考えてほしいのです。

 

いくら自分が彼氏のことを大好きでも、子供が「あの人、なんか苦手」とポツリとつぶやいたとしたら、その気持ちを最大限汲みましょう。

 

決して「いや、まだアンタはあの人のことをよく知らないだけよ!ママはあの人をとても良い人だと思うわ。そうだ、今度3人でキャンプに行きましょうよ」などとゴリ推ししないであげてくださいね。

 

まとめ

シングルマザーの恋愛は、独身女性の恋愛と違って困難や障害がつきものです。しかしコツを押されれば、すべての両立が可能です。ですが、どんな場合でも、子供だけは最優先にしてくださいね。そうすれば、皆でまた、新しく素敵な人生が開けることでしょう。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link