束縛してくる彼氏への上手な対処法!「やめて」と言えない女性必見!

Sponsored Link



束縛してくる彼氏って困りますよね。

 

四六時中、

「どこにいるの?」
「何してるの?」
「誰といるの?」

の電話やメールから始まり、きちんと答えたとしても「女友達?・・・いや、男といるんだろ!ちょっと代わってみてよ」と、疑われる始末・・・。

 

彼を傷つけず、あるいは怒らせることなく、上手に束縛を回避する方法はないのでしょうか?ふたりの良い関係性を作り直すために、一緒に考えていきましょう。

 

1.付き合ってから変わる思考

付き合いたての頃は、束縛も「まったく。心配性なんだから☆心配しなくても私はどこにも行かないわよ、もう♪」と可愛く思っていたけれど…。

 

年月が経つにつれて「いい加減にしてよ・・・。何で私のことを疑うのよ。四六時中、ずっと監視されているみたいでウンザリするわ」と考えが変わっていくことだって珍しくありません。

 

これが連日続くと、「私は彼に信用されていないの?」と、関係性に亀裂が入る可能性だってあります。

 

ですが、「束縛しないでよ!」と言ったところで、彼にとってはそれは「束縛」のラインではなく普通のことかもしれません。

 

…なので「いや束縛してないじゃん!彼女のことが心配になるなんて、別に普通のことじゃん。それとも、何?毎日連絡されちゃ困るようなことでもあるの?」と喧嘩になりかねないんですよね。

 

2.携帯放置タイプだと思わせておく

恋人同士になってからまだそんなに日が経っていないのであれば、基本的に携帯を放置しているタイプだと思わせましょう。

 

例えば、私がそうなのですが、携帯を持ち歩くのが本当に面倒くさいので、携帯は自分の部屋に放置したままです。さすがに誰かとの待ち合わせの際などには持って出かけますが、近所のスーパーに買い物に行くときや、本屋で立ち読みなど、ちょっとした外出のときには部屋に放置したままなのです。

 

連絡不肖なので、彼氏がいるときもそれを早いうちに伝えておけば、後がラクなんですよ。

 

携帯は基本的にサイレントモードで鳴っても気付かない。だから連絡も2~3日に1回くらいだし、「電話が鳴っても分からないよ。」ということを先に伝えておけば、束縛云々で思わぬトラブルにならずに済みます。

 

要するに、いつでも連絡を取れるツールを肌身離さず持ち歩いているから、それに乗じて連絡が来るだけなのです。ある意味、当然のこととも言えませんか?

 

好きな相手のことなら四六時中知りたいのですから、ボタンひとつで簡単に連絡が取り合えるものを持ち歩いていれば、それに頻繁に連絡が来るのはごく自然なこととも言えます。逆を言うと、そのツールを放置することを当たり前のスタンスにしてしまえば、しつこい連絡に煩わされずに済むのです。

 

3.第三者を例に挙げる

彼氏の束縛が気になるようなら、何かの機会にさりげなく「頻繁な連絡に困っている」という旨を伝えましょう。もちろん、そのままストレートに「連絡がしつこくて困る」とは言えないと思うので、以前の恋愛をさりげなく持ち出すのです。

 

具体的には、このように伝えるのがおすすめです。

 

話の流れで、過去の恋愛関係の話になったときに…

「昔の彼氏で、1日に何度も何度もメール送ってくる人がいてさ。私にだって色々用事があるし、なかなかメールを返せずにいたら、ある日『毎回メール返せよ!普段何してるわけ?男といるんじゃないの?』って問い詰められてさ。」

「もちろん、そんなことないのにさ。でも私も自由な時間が欲しいし、束縛されているって感じたら窮屈で、どうしても気持ちが離れていっちゃって結局別れを伝えたの。」

と伝えるのが効果的でしょう。

 

あるいは、架空でも良いので友人の話として切り出すのも良いでしょう。

 

「私の友人の○○ちゃんがこの前言っていたんだけどさ。○○ちゃんの彼氏って、すごく束縛がきついんだって。だから○○ちゃんが彼氏に、勇気を出して『束縛はやめて』って伝えたら、逆ギレされたんだって。ひどくない?」

「束縛されたくない女性は多いからねー。結局、束縛が嫌にになって気持ちがどんどん冷めていって、この前ついに別れたんだって!」

 

などと言えば、彼氏も「ふーん・・・」と言いながらも、思い当たるフシがあって内心ギクッとするかもしれませんよ。

 

4.常に愛を伝える

束縛をする理由って、大別すると2種類に分かれます。それは、「彼女のことが好きすぎて全部知りたいから」と、もう一つが「自分のいないところでの彼女の行動が不安だから」の2つです。

 

もしあなたの彼氏が、後者の「あなたの行動が不安だから」という理由で束縛しているのだとしたら、常に愛を伝えることで、解決に向かうことが可能です。

 

例えば彼氏が、「日曜日なのに、用事があるとか言ってデート無しにされた。俺とのデートより大事な用事って、何なんだ?しかも、連絡してみても連絡が取れない!男といるんじゃないのか??」などと不安に思うこともあるでしょう。

 

そして、それが事あるごとにどんどん積もっていって、いつのまにか連絡の鬼と化した「束縛彼氏」へと成り果てていることも珍しくありません。

 

つまり、束縛の理由が「不安」から来ているのであれば、それを解消してあげれば良いのです。会ったとき、あるいは会えなくても電話やメールなどで、頻繁に彼への愛を伝えるようにしましょう。

 

「大好き」
「愛してるよ」
「ずっと一緒にいたい」
「あなたが一番」

などの、甘すぎるほどの愛のセリフを伝え続ければ、彼の不安も次第に解消していくことでしょう。あなたが自分へ注ぐ愛を確かめ続けることで、彼は安心していき「彼女と俺の絆は固い。頻繁に心配して、常に連絡しなくても大丈夫」と悟るようになるのです。

 

5.束縛返しで、分からせる

束縛する男性は、「自分の行為は『束縛』である」ということに大概気付いていません。「束縛しないで」と伝えたところで、「いや、束縛なんてしてないけど?」と返される可能性さえあります。

 

そこで、「あなたの行為は『束縛』なんだよ!されたら嫌なんだよ!」ということを彼に分からせるために、「束縛返し」をしてみましょう。

 

彼が1日に10回もメールを送信してくるのなら、あなたも彼に1日10回、「今どこにいるの」「誰といるの」などの用の無いメールを送ってみましょう。

 

彼も最初は、「お?俺のことが気になるのかな。かわいいやつめ」など好意的に受け取るかもしれませんが、それが連日続いていくことで次第に「ちょっとしつこいな・・・」と感じてくることでしょう。それこそが狙いなのです。

 

メールの頻度もメールの内容も、自分が送ったものと真似されていることに気付くのは、時間の問題です。

 

気付いたそのときには、「あ、頻繁に連絡しすぎていたんだな。彼女に不快な思いをさせていたのか・・・気付かなかった。同じように自分がされることで、ようやく知ることができた」とハッキリと分かってくれることでしょう。

 

「束縛するのはやめて」と直接言うストレート戦法だとどうしても角が立ってしまうので、遠まわしにガッチリと分からせるには、これは非常に有効な方法ですよ。

 

まとめ

束縛してくる彼氏は、困りますよね。常に監視されて、疑われて、「私は信用されていないの?」と言いたくなってしまいます。けれど、直接言いにくいので厄介なんですよね。

 

この記事でご紹介した方法の数々は、直接「やめて」と言わずに束縛から逃れることができる、簡単で有効なテクニックが多数です。ぜひ活用して、ふたりの新しい関係性を作っていってくださいね。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link