ただの女友達から恋人になるきっかけとは?男性の本音、教えます

Sponsored Link



気になる彼がいるけれど、彼にはなんだか女扱いされていないみたい・・・。私のこと、どう思っているの?ただの女友達としか見てくれていないの?

 

彼と仲が良ければ良いほど「ただの友達ポジションなのでは・・・」と不安になりますよね。そして彼を好きな気持ちが強ければ強いほど「この状況をどうにかしたい!」と思うものです。

 

では、「ただの女友達」は「恋人」に昇格することはないのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはありません!

 

ポイントを押さえれば、あなたを異性として意識してくれることは可能なのです。それでは、彼から異性として、そして恋愛の対象として見てもらうためのポイントを一緒にチェックしていきましょう^^

 

1.女性らしい外見にする

もしも、あなたがボーイッシュな服装、あるいはカジュアルラフな服装を好むのであれば、服装をチェンジすることが有効です。

 

本屋での立ち読みで構わないので、「男性ウケするファッション」を知り、真似しましょう♪

 

・・・とは言え、フリフリのピンクのワンピースを着て、レースだらけのスカートを履いて・・・というわけではありません。また、ミニスカートやキャミソールで露出するというわけでもありません。

 

まずは、あなたがジーパンやパンツをよく履くのであれば、スカートにチェンジする。そして、花柄やピンクのものは、スカートに慣れない人にはハードルが高いと思いますので、それは避けて、紺や黒、あるいはブルーなど落ち着いた印象を与えるものから始めるといいです。

 

私の勝負服のひとつをご紹介♪

ちなみに私の勝負服のひとつは、白色のスカートです。もう少し付け加えると、プリーツが入っている白色のシフォン生地のスカートです。

 

白のスカートというのは、合コンでもウケる清楚系の演出のためのマストアイテムですが、注意点もあります。白色のスカートは、レースやリボンなど余計なものが付いていないものを選びましょう。

 

なぜならレースやリボンなど「明らかに女子力を高めるもの」が付いていると、それが「白」と合わさり、「ぶりっ子」「計算高い女性」「清楚アピールがしつこい」と思われてしまうためです。

 

ですので、男性ウケも、さらに同性である女性からの好感度も同時に得られるものとして私がおすすめなのは「白色の生地で、プリーツが入っているスカート」なのです。

 

白のスカートを履くメリットは、他にもあります。
下半身が白なのでトップスが合わせやすいのです。

 

だいたい、何の色でも合います。黒でも良いし、赤でも青でも、黄色だって何でも合わせやすいのです。さらに、スカートで女子力を上げているので、トップスはカジュアル系でもラフ系でも何のジャンルでも合いますよ♪

 

2.少し寂しげな表情を見せる

彼と仲が良いということは、普段笑い合ったり、冗談を言い合ったり、ふざけたりしている間柄なのですよね?

 

…ということは、あなたの「側面」をまだ彼に見せたことはないはずです。

 

確かに、普段友達のように笑い合って「楽しい関係性」でいるだけでは、友達のひとりとしか見られていなくても、おかしくないのかもしれません。そこで、あなたの「側面」をふと彼に見せることが、彼に異性として意識させるために有効なのです。

 

彼との別れ際に、少し寂しげな表情を見せたり、ときおり物思いにふけっている表情をしてみたり、あるいは気だるそうな大人の表情を見せてみたり。「いつも笑顔でいるわけではない」ということを見せると、彼も「あれ?」とあなたのことを気にかけてくれるはずです。

 

女性の心や表情は、空模様のようにくるくると変わり移ろいやすく、それが男性にとって魅力だったりするのです。

 

ですから、「いつでも笑顔!」というストレート戦法よりも「時折、誰も知らない表情を見せる」ほうが、彼の心にグッと響くはずですよ^^

 

3.1回だけ、涙を見せる

これも先ほど紹介した「少し寂しげな表情を見せる」と類似しているのですが、男性は女性の涙に弱いです。ですので、1回だけ、彼の前で涙を見せると良いでしょう。

 

あまり何度も涙を見せていると「またか」と見慣れてしまい、ただの泣き虫としてのレッテルを貼られかねないので、後にも先にも合わせて1回だけが適切なのです。

 

彼の前で、相談や弱音などを吐き出す機会があったら、その中でポロッと涙をこぼしましょう。ボロボロ泣いてはいけません。彼もどうしたら良いか分からず戸惑ってしまいますので。

 

ポロッと1粒だけ涙を流したあとに「あっ・・・ごめんね。こんなつもりじゃなかったんだけど・・・やだな、ごめんね、あはは・・・」とダメ押しに作り笑いを加えれば完璧です。

 

「いつもは笑っている顔しか見たことがないのに、弱い一面を持ち合わせている」ということを相手に知らせるのが目的です。

 

「いつも笑っている=強い女」と思われているかもしれませんので、弱い一面を見せることで、「この子も女性だったんだなぁ・・・。いつも笑っている顔しか見たことがないから、気付けなかった。デリケートな一面もあるんだな。また笑って欲しいな。なんだか放っておけないな」と思ってくれるはずですよ。

 

4.彼の前で髪を結ぶ

女性の髪は男性にとって、異性としての象徴となります。昔からベタに言われる方法ですが、今の時代でも変わらず効果がある方法をご紹介いたします。

 

それは…

「彼の前で髪を結ぶ」

ということです。

 

例えば男性が、女友達とラーメンを食べに行ったときの話です。その子が、ラーメンを食べるために、長い髪を手グシで整えながらサッと後ろで一つに縛った・・・その瞬間、その男性はその女性に対してドキドキするのです。

 

何に対してドキドキするのか?
それは2つあります。

 

「ワキの下」「うなじ」です。

 

女性のワキの下を見ると、男性はドキドキするという効果が心理学的にも実証されています。なので、「髪を後ろにしばる」といった仕草はもちろんですが、その他にも「髪をかきあげる」「彼の前で背伸びをする」なども同様に、男性を惹きつける効果があるのです。

 

そしてうなじは、浴衣美人に男性が無条件に惹かれる理由のひとつで、この部分も男性を惹き付けるのです。

 

この2つが不自然にならないように自然に出来れば、気になる男性ひとりだけではなく多くの男性をトリコにすることができるので、ぜひ日常的に使ってみてくださいね♪

 

5.メールにハートマークを入れる

「女友達」扱いしかしてくれない相手に、自分の好意を伝える場合は、メールにハートマークを入れることがおすすめです。

 

もちろん、ときどき…です。

 

【5回のやり取りのうち、1つだけハートマークを入れる】…くらいの低めの頻度が適切です。あまりに毎回入れると逆に不自然ですし、なんだか受け取ったほうも怖く感じてしまうかもしれません。

 

重く受け取られてしまうことを避けるためにも、5回に1つくらい、ハートマークを挿入して気持ちをアピールしておきましょう!

 

まとめ

ずっと仲の良い友達のままだと「このまま一生、友達のままなのかな」ともどかしくなりますよね。確かに、その関係が長ければ長いぶん、「そのままの状態」を貫いていては彼を振り向かせにくいです。

 

ですが、この記事の様々なテクニックを駆使すれば、女性として彼をあなたに振り向かせることが可能です。ぜひいろいろ活用してみてくださいね。1日では結果は出にくいので、長期戦として向き合ってみてください。

 

もしふたりが付き合うことになったら、すでに気心知れた同士なのですから、付き合いも楽しく長く続くことでしょう。最高の結果が、あなたに訪れますように。^^

Sponsored Link