年下彼氏のメリット・デメリットとは?!徹底解説!

Sponsored Link



年下の彼氏って憧れますよね。
ドラマでも年下の彼氏ができた主人公をたまに見かけます。

 

年下彼氏・年上彼女というアンバランスさが、観ている人の心をキュンキュンさせますよね♪

 

しかし、年下彼氏というのは何もドラマや映画の中だけではありません。あなたの身の周りを見渡してみてください。あなたの周囲にいる男性は「年上」「同い年」「年下」の3パターンしかないのです。

 

でも、女性は一般的に「やっぱり年上の男性がいいわよねぇ♪」という人が多いですよね。確かに、年上男性ならではの理解力や包容力は大きな魅力です。

 

しかし、年下男性も、年下ならではの良さがあるのです!もちろんその反面、デメリットも存在するのですが、今回は年下男性について一緒に徹底検証を致しましょう。

 

1.母性本能にビンビンくる

年下男性と付き合うと、感想としてまず第一に「かわいい♪」と思ってしまうのが特徴ですよね。母性本能をくすぐられて「守ってあげたい」と感じるのです。

 

例えば、年下彼氏がうっかり、あなたの作ってくれた手料理を皿ごと床に落としてしまったとします。あなたはこの料理のために前日から下準備をして、完璧な味付けで臨んだのに渾身の料理は全て床の上・・・。

 

こんなとき、もし「同い年」「年上」の男性に対してであれば「もう!何やってるのよー!」不快をあらわにしたのではないでしょうか。

 

「同い年」ならではの理解力、あるいは「年上」の男性が持つ包容力に、つい甘えてグイグイ物を言ってしまうことってありますから。ですが、これが「年下」の男性に対してだったらどうでしょう?

 

年下の男性にはつい許してない?

「もう!何やってるのよー!」とは確かに一言目に言うとは思います。

 

…が、その直後に

「もう・・・いつまでも子供なのねっ」

と、まるで弟の面倒を見るかのように黙ってキッチンへ行き黙ってタオルを取り出し、黙って床をふき始めるのではないでしょうか。

 

「年下」彼氏に対しては、「年上」彼氏や「同い年」彼氏にはない、かわいさがあるのです。それは換言すれば、弟のような存在だとも言えるでしょう。何をしても「仕方ないわね」で許されてしまう子犬のような可愛さを感じてしまうのが、年下男性の特徴でありメリットなのです。

 

2.いつまでもフレッシュな気持ちでいられる

昔は、流行の音楽を常にチェックして、最先端ファッションが特集されている雑誌を毎月愛読していた・・・。でも今は、何が流行なのか分からないし、チェックする気さえ起きない。

 

…というか、流行とかもう、どうでもいい。

 

年齢を重ねるにつれて、どうしても若い頃のようなモチベーションも落ちて「『流行』?なにそれおいしいの?」という状態になりがちです。しかし、年下の男性と付き合うことで、いつでも若々しいフレッシュな気持ちでいられます。

 

年下男性ならではのフレッシュオーラが伝染して、なんだか一緒にいるだけで気持ちを一新させてくれる効果があるのです。

 

思考も若くなってキラキラとしたオーラを持つ女性に!

また、年下彼氏が「最近友人とハマっていること」などを教えてくれて、今はそんなブームがあるのか!と驚くこともあるでしょう。

 

あるいは年下彼氏の部屋に「この夏キテるファッションはコレ!」など最先端のブーム情報の雑誌などが置いてあれば、手軽に流行を知ることができます。

 

自分と同世代の友人たちに差をつけて「今、私は世の中のブームをよく知っているのよ!」と自信になれば、外見からも内面からも、キラキラとしたオーラを放つ女性となっていることでしょう。

 

3.結婚を意識されにくい

では反対に、年下男性と付き合うことのデメリットとは何なのでしょうか。それは「結婚を意識していない場合が多い」ということです。

 

あなたと年下男性が、実際にどの程度年齢が離れているかにもよりますが、大抵の場合、「結婚適齢期の女性」と、「まだまだ果敢に様々なことに挑戦ができる年齢の彼氏」という構図が多いのではないでしょうか。

 

まだまだ無茶なことが許される年齢の彼氏であれば、あなたとの先々の将来までは、なかなか見据えられていないことでしょう。

 

4.遊び足りない彼

  • 友達とワイワイ遊びたい
  • 夏は海で仲間たちとバーベキューしたい
  • あんな仕事にも挑戦してみたい
  • 最近ハマる趣味が見つかった

 

・・・など、彼氏の年齢が若ければ若いほど「まだまだ遊びたい!まだまだ挑戦したい!」という志向が強いです。

 

それに対して、あなたが結婚適齢期だとすると、ふたりの向いているベクトルが違うため、そのままただの恋人関係としてズルズルと継続してしまう可能性が否めません。

 

あなたから「ねぇ、私との結婚についてどう思ってる?」とストレートに切り出すわけにもいきませんよね。そしてあなたが結婚をしたがっていることさえ、彼氏の年齢が結婚適齢期より前であればあるほど、気付かないものです。

 

彼がその気になるのを待っている間にあなたは…!

年齢が若ければ若いほど、「今が楽しい!今が一番!」と目先のことに集中しがちで、長期的で安定した視点はなかなか持ちにくいんですよね。

 

彼氏が「その気」になるのを待っていては、あなたの年齢ばかりどんどん上がっていってしまいます。彼氏が若ければ若いほど、親からも「あんた、結婚する気あるの?孫の顔が見たいわ~」などと急かされることもないので、余計に「結婚」とは程遠い付き合い方をされてしまうことが多いのです。

 

5.友人たちから疑いを持たれる

「年下の彼氏と付き合ってるんだ」とあなたが友人に打ち明けた場合、必ずしも素直に「おめでとう、良かったね」の返答ばかりが返ってくるわけではありません。

 

打ち明けた人のうちの何人かは、年下彼氏に対して疑問を持つはずです。

 

「いやいや、遊ばれてるんじゃない?」
「あんたが何かおごってくれるとか、欲しがっているプレゼントをくれるとか」
「彼にとっては何か目当てがあるんじゃないの?」
「本当にあんたが1番目の女なの?」
「本当はあと2~3人くらい同時に付き合っているかもよ」

と、ひねくれた返答をされてしまうこともあるでしょう。

 

また、年下彼氏が友人に「年上の女性と付き合ってるんだ」と打ち明けた場合にも、必ずしも祝福の返答ばかりではないでしょう。

 

「おまえ、年上なんてやめておけって。もっと、周りにかわいい子いるだろ。例えば10年後、相手は何歳になるか分かってる?やめておけって」と反対されかねないのです。もちろん本人たちは純粋な気持ちで付き合っているとしても、周囲の人たちからアラを探されてしまうんですよね。

 

6.本人たちにしか本当のことは分からない

おばさんキャラで有名な某タレントが、何年か前に、イケメンの超年下彼氏と結婚しましたよね。「付き合っている、かなり年下の彼氏がいる」とテレビで公言された時点で、私も実は疑いの目で見ていました。

 

「いやいや、遊ばれているだけでしょ・・・。」
「確かに彼氏はイケメンだけど、あえてあなたみたいな年上すぎる人を選ばなくても、他に良い女性がたくさん寄ってきそうだけど。」
「あっそうか、わりと有名なタレントだから、お金いっぱい持っているもんね。それが目当てに違いないわ」

と内心では思っていたものです。

 

しかし現在は結婚して、仲良い夫婦として今でも幸せそうです。

 

結局のところ本人たちにしか本当のことは分からないのです。「私たちのことは私たちがちゃんと分かってるから、誰が何と言おうと気にならない!」のなら良いのですが、周囲からの非難や好奇の目には、ある程度耐える覚悟を持たなければならないでしょう。

 

まとめ

年下彼氏の特有のメリット、そしてデメリットをお伝えしましたが、いかがでしょうか。年下彼氏との上手な付き合い方を見つけて、末永い幸せを手に入れてくださいね。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link