片思いの彼に失恋してつらい・・・立ち直るための方法

Sponsored Link



片思いの彼に失恋してしまった・・・
人生で何回かは、誰もがそんな経験をします。

 

食事もロクに取れず、苦しくてつらくて夜もロクに眠れず、何かにつけて彼のことを思い出し涙が出る・・・割り切るまでの期間って、本当につらいですよね。

 

失恋の種類も多数あります。

 

例えば、彼に告白して玉砕してしまった、あるいは告白を躊躇している間にいつのまにか彼には彼女ができていたなど、挙げればキリがありません。しかしどのパターンにも共通しているのが「今の苦しさをどうにかしたい」ということですよね。

 

早く前を向きたい。また笑えるようになりたい。失恋をこじらせると、2~3年くらい立ち直れないこともあります。では、失恋から立ち直るための方法をお教えしますね。

 

1.とにかく積極的に出会いを求める

私の経験上、一番効果があったのが「とにかく積極的に出会いを求める」です。

 

実際に「気になる異性と出会えるか?」といったことは二の次で気晴らしが主な目的です。しかしこの気晴らしって、失恋で狭くふさぎこんでしまった心にはかなり有効なんですよ。

 

もちろん実際に気になる異性と知り合うことができたら、それに越したことはないのですが、とにかく外に繰り出すことこそが大事なのです。

 

失恋すると、気分もふさぎこんでしまって、外出する気にもなれないし、家でどんよりと過ごしがちなんですよね。そんなときだからこそ、あえて自分を無理やり外に連れ出す必要があるのです。

 

私が実践したことを具体的に書きますと

・友人に良い男性を紹介してもらう
・婚活パーティーに参加する
・婚活イベント(バスツアーなど)に参加する
・SNSサイトで「彼氏彼女募集」のコミュニティに入会する
・健全な出会い系サイトに登録する

などです。

 

もちろん、落ち込んでいるのでメイクする気分にさえなれないし、髪型がボサボサでも何も気にならないくらいの気持ちですが、あえて「外出する用事」を作るのです。そして、その「用事」の中で次の彼氏候補に出会えたら最高ですよね。

 

2.出会いを求める中で、好きな人に新しく出会えるかも

男性の脳は「名前を付けて保存」
それに対して女性の脳は「上書き保存」だと言います。

 

私の経験上、実にその通りで、新しく好きな人ができれば前に好きだった人のことなんか忘れてしまうんですよね(笑)。

 

あなたにも、1回くらいはその経験があるのではないでしょうか?

 

あんなに大好きだった彼のことを忘れなければならなかったときは、このまま死ぬんじゃないかと思うくらい苦しかったけど、後に新しく好きな人ができたら「あれは何だったんだろう・・・?何であんな人が好きだったのかな?むしろ黒歴史だし!」と私も過去に何度も思ったことか(笑)

 

とにかく「新しい出会い探し」という名目で外へ繰り出すことが一番です。その中でもしかしたら新たな彼氏候補と出会えるかもしれません。もし目ぼしい人と出会えなくても「あっ、あの人ちょっとかっこいい・・・」と思う機会があるだけでも、ずいぶんと落ち込みから回復できるはずですよ^^

 

3.ネットの掲示板を閲覧、投稿する

男性と違って女性は特に、自分の話を誰かに分かってもらうだけで、気持ちがすっきりする傾向が強いです。

 

「ちょっと聞いてよ~」といった小話から「聞いてよ!もう腹立つ!」といった批判系の話まで、具体的なアドバイスを求めているわけではなく、ただ相手に「そうだよねー。分かるよ」と言ってもらえるだけで、腹の底のわだかまりが薄れたりするものです。

 

つまり、あなたの苦しい胸の内を、感じるがままに吐き出せる場があれば、あなたの苦しさはだいぶ改善されることでしょう。

 

そのためには、インターネットの掲示板が一番です。私が活用したのは、SNSなどのコミュニティです。失恋系のコミュニティに参加し、思うままに文字で吐き出すのです。それに、他の投稿者の書き込みを見ているだけでも、ずいぶんと気が楽になりますよ。

 

4.苦しいときは苦しい気持ちと向き合い、素直になる!

「もう半年経つのに、未だに涙が出る」とか「昨日も彼が夢に出てきた。ようやく思い出さない日も増えてきて、もう忘れたいのに、何で出てくるの?つらいよ、苦しいよ」など、他の書き込みを見ているだけで思わず「わかるー!私もー!」と心の中で叫んでしまいます。

 

そして自分も「やっぱり会いたい」「彼以上の人が見つかるとは思えない」など、素直な胸の内を吐き出しましょう。例えばつらいときに元気なフリをしたり、まだ忘れてないのに忘れたフリをしたりするのは、苦しさから立ち直るためには実は遠回りな方法なのです。

 

苦しいときはその苦しみとどっぷり向き合い、強がることなくその素直な思いをそのまま吐き出しましょう。

 

全然平気じゃないのに「もう平気。立ち直った」など書き込む必要はないのです。そこが、ネットの良いところです。身近な友人たちに対しては、いつまでも心配をかけまいと「もう大丈夫だよ」と笑顔で伝えてしまいがちです。思う存分、素直な弱音や愚痴が吐ける場所で、心ゆくまで書き込みましょう。

5.「縁が無かった」と割り切る

これは、恋愛の失敗のみならず、就職活動での失敗、あるいは抽選のチケットに落選したときなど様々なことに私が活用していることです。何かうまくいかないことがあったとき「ご縁が無かったんだな」と思うだけで、ずいぶんと気持ちがラクになるものです。

 

あなたと彼は確かに結ばれなかったかもしれません。

 

でも、あなたと彼はもともと「ご縁がなかった」のかもしれませんよ。どんなに素敵なデザインの靴でも、実際にあなたの足のサイズに合っていなければ、結局は履くことができないのと同じです。どんなに欲しくても履きたくても、「履けないものは、履けない」のです。

 

こう考えると、あなたが体験するすべてのことが、何か大きな運命の力によって導かれている気がしませんか?もちろん宗教的な意味ではなく、思考論です。

 

これから先、うまくいかないことなんて沢山あることでしょう。どうしても行きたい就職先に行けなかった、参加したいイベントに行けなかった・・・。そしてもちろん、「大好きな彼への恋がうまくいかなかった」・・・思い通りにいかないことは、これからも多々あることでしょう。

 

6.実らなかったことには理由がある

でも、考えを変えてみましょう。
「履けないのには、理由がある」のです。

 

理由があるから、あなたの希望は現在通らなかったのです。欲しいデザインの靴がどうしても履けなかったのなら、それはあなたが履くべき靴が他に用意されているからかもしれません。あるいはデザインは良くてもたまたま品質が悪くて、履いて歩いている最中にヒールが折れて足首を痛めてしまっていたかもしれません。

 

それと同じで、彼への恋心が実らなかったのは、理由があるのです。

 

もしかしたら、他に出会わなければならない男性がいるからかもしれません。その理由は、今日明日に分かるものではない場合がほとんどです。何年も経過したときに、「あのとき失恋を経験したのは、こういう理由だったんだ」ときっと分かる日が来るでしょう。

 

まとめ

失恋って、本当につらいですよね。1日も早く、また元の自分に戻りたいと思っていても、心がそれについていかない場合がほとんどです。

 

失恋をしたあの時のまま、あなたの中で時間が止まっているのでしたら、意識的に、ゆっくりと時間を動かしていきましょう。止まった時間から戻ってこられるのは、あなた自身しかいません。

 

そのための方法や心構えをご説明して参りましたので、ぜひ活用してみてくださいね。失恋は、次の恋で笑うための準備なのです。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link