尽くす女性は男性からポイントが高い!

男性が、無意識のうちに心惹かれてしまう女性というのは、一体どういうタイプの女性だと思いますか?

 

 

 

もちろん、個人の好みの違いはありますから、一概には言えません。しかし、傾向として、男性は「尽くしてくれる女性」にぐっときてしまうことが多いそうですよ。

 

 

 

愛される女性は男性を素敵にする

仕事で疲れているときに、なにも聞かずにいたわってくれる女性や、好きな料理を頑張って作って励まそうとしてくれる女性は、確かにありがたいですし、嬉しい気持ちになりますよね。

 

 

 

そうやって尽くしてくれる女性に対しては、自分がいつまでもそう尽くしてもらえる魅力的な男性であろうとして、男性は更に自分に力をつけようとするもの。

 

 

 

愛される女性は、男性を素敵にかえる力も持っているのです。また、女性らしい女性が好まれるのは言わずもがなですね。

 

 

 

愛される・愛されないはルックスでは決まらない!

愛される女性になるには、「外見がダメだと難しいのんじゃないの?」と考えている人が多いと思いますが、ルックスだけで決まるものではありません。冷たい感じの女性より、笑顔や受け答えが可愛らしい・愛おしい女性の方が男性から愛されるケースが多いです。

 

 

 

じっさい、私の知人で愛される女性は、人を拒絶するようなことをせず、優しく理解しようとする、素直で親切な女性が多いです。

 

 

 

もちろん、無理をして自分をかえる必要はありません。あなたにはあなたの魅力があります。ただ、折角女性として生まれてきたのですから、そのもちえる魅力を最大限に生かすのも良いことなんですよ。

 

 

 

まとめ!

恋愛本を尽くす「女性は幸せになれない」という言葉がありますが、「あれはどういうことなの?」という話を耳にしました。やはり、尽くすと言っても程度はあるのです。

 

「甘やかし」や「いいなり」になってはいけません。何でも彼の世話を焼いていると、彼ははじめは感謝するかもしれないけれど、だんだん、「やってくれて当然!」というように感謝を忘れた状態になってしまいます。感謝を忘れた相手に尽くすと、今度は「あれもやってくれ!」「これもやってくれ!」といった拷問な人ができあがってしまいます。

 

あなたが愛情と思って「尽くす」と男性が甘えてしまったり、男性のいいなりになってしまう関係になるケースもあるので、何でも尽くせばいいというわけではないのですね。

 

基本は、フィフティフィフティな関係が理想。主張しなければいけないところでは主張し、尽くしたいときに尽くす。これが理想です。やはり、それなりに注意が必要なのですね。機会があれば、「尽くす」と「甘やかし」の境界線についてもう少し掘り下げて紹介していきますね^^

 

 

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です