脈ありな男性とのデートすることに!関係を発展させるテクニック集

Sponsored Link



女性は勘が鋭い生き物なので「あれ?もしかして、この人脈アリなのかな?」と感じるときがありますよね。そして、たびたびその男性を意識していたら、いつのまにか自分も彼に脈ありになってきたみたい!?・・・ということだって、珍しくありません。

 

そんな、あなたに脈あり男性があなたをデートに誘ってきたとき、どのように行動すれば今後の関係が発展していくのでしょうか?

 

1.きっかけを提供することも意識する

あなたも彼のことが気になっているときは「隠れ相思相愛」です。

 

ですが、彼が恋愛に奥手なタイプで、ぐいぐいアプローチするのが苦手な性格だったら、あなたから「きっかけ」を提供してあげなければなりません。

 

彼が勇気を出してデートに誘ってくれて、二人きりの時間を過ごせるこのデートのチャンスを無駄にするわけにはいきませんよね。あなたから彼が積極的な行動をしやすいようにサポートしてあげる必要が出てくるのです。

 

きっかけや後押しさえあれば、ふたりは恋人同士になれるかもしれません。では、彼に「もう一歩を踏み出すきっかけ」をこのデートで作るにはどう行動すれば良いのでしょうか?

 

2.軽くボディタッチをする

恋人ではない関係で手をつなぐのはタイミング勇気が必要になってくるし、女性の方から…というのは難しいですよね。だから、会話の流れで軽くボディタッチをしましょう。

 

男性でボディタッチをさせて何とも思わない人はいません。

 

むしろ、特に気になっていない女性から初めてボディタッチをされたときに、その人に対して恋心が芽生えるくらいです。ボディタッチは男性にとって、女性が思う以上に効果が絶大なのです^^

 

会話の流れのまま、「やだ~もう!○○くんたら☆」とパシッと軽く二の腕あたりをタッチするのが良いでしょう。二の腕はボディタッチとして非常に有効な場所です。

 

人には、動物的な本能があります。ヘタな場所を触ると、好意どころか嫌がられてしまうのでご注意ください。ちなみに背中は、男女共に「ボディタッチをしてはならない場所」です。

 

背中というのは、動物にとって死角です。いきなりバシッと背中を叩かれたら、警戒心が先に立って、むしろ「えっ・・・何・・・?!」と不快な反応をされてしまうことさえあるので注意してくださいね。

 

男性の不安を和らげる効果もあり

自分に自信がなかったり、恋愛に奥手な彼の場合は、デート当日でさえドギマギしている可能性が高いです。

 

「彼女はどんな気持ちでOKしてくれたんだろう?」
「あまり乗り気ではない気持ちだったらどうしよう?」
「つまらなかったから次回はナシ!と判断されたらどうしよう」

・・・など、あなたへの恋愛感情が真剣なものであればあるほど、不安がつきまとい、どうしていいか分からない状態になっているはずです。

 

そこで、あなたがボディタッチで後押ししてあげるのです。

 

パシッと相手の体に楽しそうに触れれば、

「えっ、俺の体に触った・・・?!本当に嫌な相手だったら体に触れたりしないよな・・・。これって、ちょっと自信持っていいのかな。少なくとも彼女がデートに乗り気じゃないってことだけは無さそう。脈ありかも・・・?!」

 

このように前向きに捉えられるし、また緊張を和らげることにも繋がります。

 

そして、前向きな心理というのは行動にも表れるものです。きっと彼もあなたとのデートの時間を良いものにしようと努力してくれることでしょう。

 

3.「いま彼女とかいないの?」と聞く

いくら彼があなたに気があるとは言え「俺の彼女になってください!」とストレートに伝えることは、奥手な男性ほどなかなか難しいものです。

 

そこで、あなたが後押しするのです。

 

具体的には「今、彼女とかいないの?」と聞いてみましょう。現実問題、彼女がいないからあなたをデートに誘っているので答えは明白なのですが、あえて彼からの「うん、いないよ」という言葉を引き出すのです。

 

その返答が返ってきたらすかさず「そうなんだー。じゃ、今好きな人とか気になる子とかはいないの?」と聞いてみましょう。

 

その言葉が彼を背中を押してくれて、「い・・・いるよ・・・」と前置きした後、あなたに告白してくれるかもしれませんよ。

 

いわゆる誘導尋問のようですが(笑)
押しが足りない男性の場合は女性側が背中を押してあげる必要があるのです^^

 

4.「楽しいね」「嬉しい」など前向きな言葉を多く言う

彼は、デート中もあなたのことを常に気にしているはずです。

 

デートに飽きていないかな?楽しく思ってくれているのかな?何か失態を犯してはいないかな?と、いつもあなたの反応を伺っていることでしょう。

 

ですので、彼にさらにリードしてもらうためにも、「楽しいね!」「わぁ、嬉しいな、ありがとう」などの前向きな単語をたくさん伝えましょう。

 

きっと彼は「そうか、楽しんでくれてるんだ、良かったぁ・・・じゃぁ、あっちのお店にも誘ってみようかな」など、デートを進展させてくれることでしょう。もしかしたら、次回のデートのお誘いもくれるかもしれません。

 

さらに、前向きな言葉を投げかけることは、それがそのまま「相手への評価」となるので、彼があなたとの関係に自信を持ってくれます。

 

「良かった、僕のデートプランで楽しんでくれている。どうやら僕自身も、嫌われてはいないみたい。もしこのまま告白したら、良い返事をもらえるかな・・・?」と「押しの一手」となるかもしれませんよ。

 

5.「楽しかったから、もっと一緒にいたいな」と暗がりへ

デートも終盤に差し掛かり、辺りも暗くなってきた・・・彼も気を使って、「そろそろ、暗くなってきたから帰ろうか」と提案してくれた。でもこのままバイバイだと告白してくれる気配がない!

 

そんなときは「まだ帰りたくないアピール」をしましょう。
恋人同士がよく使うテクニックではありますが、恋人関係になる前の男女でも使えますよ。

 

「今日は楽しかったから、もう少し一緒にいたいな・・・あっちに公園があるから、ベンチでゆっくりしていこうよ」とあなたから切り出してあげましょう。

 

暗がり、二人きり、静けさ・・・絶好のシチュエーションを、男性として逃すわけにはいきませんので、何かしらのアクションがあることが期待できます。

 

アフターNGを出されても大丈夫!次に期待

しかし、「公園へ行こうよ」と誘ったところで、本心からあなたのことを心配して「いや、あまり暗くなると帰宅するまでの道のりが危ないから、今日はもう帰ろうよ。心配だからさ」とせっかくのあなたのお誘いに「アフターNG」を出されてしまうかもしれません。

 

そんな場合もアリです。

 

彼は本心からあなたのことを心配し、大事に思ってくれようとしているのでしょう。次回のデートの約束を取り付けて、次回に期待しましょう。

 

まとめ

恋愛ベタ、あるいは奥手な男性の場合は、なかなか関係が進展しにくいものです。ですのであなたが、相手が告白しやすいように「お膳立て」をする必要が出てくるのです。

 

「何で私が?面倒くさいなぁ・・・」と思われるかもしれませんが、奥手ということは、あなたを真剣に大事にしたいと思っている―ということの裏返しとも言えます。

 

「今日のデートで結果が欲しい!」と焦らず、長期的な目で、ゆっくりお互いの関係性を深めていくのも楽しいものですよ^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link