男性からのポイントが高い!気配り上手な女性になるためには?

気配り上手と言われるものには…

  • 飲み会で取り分けをする。
  • 付箋にありがとうと書いて書類にわたす。
  • 飴やお菓子を常備して、なにか感謝の時やつかれてそうなときに渡す。
  • 誕生日はリマインダーにいれて、みんなの誕生日にはお祝いとイラストを添えてメールする。
  • いつもありがとうっていう。
  • 自分からはなすより聞き役上手になる。
  • 相手よりさきにうごく。
  • 紙の重ね順もみやすくかさねる。

などさまざまありますよね。

 

このように、ある程度真剣な恋愛相手を探している男性からしてみると、ポイントが高い女性は、ズバリ「気配り上手」な女性です。ただ、「気配り」は簡単のようでなかなかできないものです。どのようにしたら、気配り上手になれるのでしょうか?

Sponsored link


1.自然な気配りでないと評価されない!

近年のメディアの言葉ですが、飲み会なんかで、料理を積極的に取り分ける女性を、『女子力が高い』と言いますが、本当に女子力がある女性にとってみれば、それは当然のことなので、いちいち評価するところでもないのだとか…。

 

むしろ、あからさまなものより、ちょっとしたときに感じる気配りの方が、男性はぐっと来てしまうものなのだそうですよ。

 

ただ、「気配り上手な女性になりたい!」と思っていても、「どうしたら、気配りの出来る女性になれるのかわからない。」・・・と言う人もいるのではないでしょうか?

2.観察力をつけて気配り上手になる!

相手の仕草や行動で、次にどんな結果を求めているかを推測できる「観察力」が気配り上手になるためのポイントになります。

 

例えば、気になる人がカバンの中をゴソゴソしているとします。

 

そうすると・・・

何かを探している!

 

そういえば、さっき、くしゃみをした後、鼻をムズムズさせてた。
ティッシュを探しているのかな?

 

と、これらを瞬間的に思い描くができる「観察力」。さらに、その観察力をもとに行動する。この流れができるようになると、「気配り上手」になれるというわけです。

 

灰皿を探している人とか、足りない取り皿に気づくとか、新しいおしぼりをもらうとか。口に出さなくても、そういうさりげない仕草を、求めている男性は見逃さないものです。小さな評価が集まって、あなたのポイントは自然と高くなってきますよ。

 

相手の苦手なことをまずはリサーチします。料理が苦手であれば、大抵食事は外食だけになってしまっていることは容易に想像がつきます。そこに、相手の食べ物の好みも合わせてリサーチしておけば、ちょっとしたプレゼントでの気配りができます。

外食続きだけど甘いものが好きという方には、海外のオーガニックチョコで、おやつだけでもヘルシーになど。私はこのようなことをしていたら、現在の夫となった方から気配り上手と言われ、付き合う事になりました。

相手のことを観察していくと「いまは機嫌が良いな。」「いまは機嫌が良くないな。」と見えてくるので、その時々で話しかけたり、そっとそばにいるだけ、などできると思います。

達人になるには言わなくても察して動けるようになることだと思います。
「気配り上手になりたい。」と思えばそうなるのではないでしょうか。

相手の趣味や思考、個性を見ながら、臨機応変に対応することだと思います。

たとえば、女将さんのような感じで、料理の好みやアレルギーなどお客さんの特徴を記憶して、もういちど来られたときには、何も言わずにお客さんに合わせた料理を出す。…といったようなことなのではないでしょうか。

3.相手の表情や言動から推測する

気配り上手な女性は、相手の表情や言動、行動は常によく観察しています。
観察していると他の人には分からないような、少しの表情の変化でもわかるようになるんですね。

 

ただ、相手からして見ればありがた迷惑という場合もあると思うので、推測して行動するというだけでなく、本人にそれとなく聞いておくといいですね。

 

私自身がとても繊細な性格なため、自然に相手の表情や言動を観察して行動しています。

それが功を奏しているのか「まわりの人から気が利くね!」とよく言われるので、気配り上手になるには、相手を観察することはとても大事なのではないでしょうか。

Sponsored link


4.会話の中でさりげなく聞いて気配りにつなげる

たとえば、飲食店に入る前にまずは嫌いな食べ物、飲み物を会話の流れで軽く聞いておくと気配りに繋がります。

 

トマトが苦手な方と食事に行って取り分けをするとき、サラダにトマトが入っていたら抜いてあげる。けれど、ただ抜いてあげるのではなく『トマト苦手ですよね、抜いておきますねー』と小さな話でもちゃんと話覚えてますよアピールもしながら取り分けると効果抜群。

 

【話の内容を覚えている=興味を持ってくれている】ということで、相手は絶対悪い気はしません。

 

気配りができるためにも、関わる人に興味を持ち、よく話しかけるようにしています。

誰しもどこかしら良いところはあるので、良いところをみて、挨拶やちょっとしたことで話をすることを心がけることで、その人の変化にも気がつきます。

特別何かをしなくても、日々の会話で体調を気遣うだけでも、良く気がきくと言われるようになるのではないでしょうか。

相手の話をよく聞いたり、相手の仕草や行動を観察すると、自然に相手の好みや望んでいることが分かり、それ相応の気配りができるようになります。

スマホばかり気になって、目の前の相手の話を真剣に聞いてなかったり、見てなかったりすると見えません。

私は、自分のことばかりではなく、他人に興味を持つことが大事だと思います。

5.相手の人を気遣うことから生まれる

気配りとは、「=思いやること」だと思いますので、一緒に行動を共にする相手を思いやり、自分の気を相手に心地良いように気遣うことが大切です。

 

相手を観察して相手の心地良い環境を作る事が出来れば、それだけで気配り上手になれます。

 

ときに気配りのつもりでしたことが、相手に対してお節介になってしまうかもしれませんが、それは慣れ。また、経験を積んで、お節介にならないように気を付けると、より良い気配りさんになれるのではないでしょうか。

 

例えば飲み会の席で料理を取り分けると言えば、気配り上手の王道ですが、意外と忘れがちなのが飲み物の注文です。

意中の相手のみならず、他の人の飲み物の残量を見たとき「少ないなぁ…」「何か飲みたいのではないかなぁ…。」と思ったら、注文を聞いてみるというだけで気遣い上手になられると思います。

6.自分がしてもらって嬉しいことを相手にする

  • 自分がしてもらったら嬉しいなと思うことを他人にする。
  • 相手からこうしてもらったら嬉しいだろうなと思う事を考える。

など、もしも自分が相手からしてもらったら嬉しいだろうな…ということをイメージすると、自然に気遣うことができます。

 

それを考えたら、相手に気を使わせない程度の事をさりげなく、ちょっとした手土産、ちょっとしたお手伝いができるようになることが気配り上手になる要因ですね。

 

何でもしてあげることではなく、「私がして欲しい」と思うようなことをしてみるといいのではないでしょうか。また、本当の気配り上手というのは、何でもしてあげることではなく、して欲しいとおもっているかどうか見極めることができるような人です。

 

例えば、飲み会などの席で飲み物が空になったとき、飲みたそうにしていたら声をかけて注文を聞いてあげることが気配り上手です。しかし、もう飲みたくないというような顔をしていたら、そっとしておくのも、また気配り上手です。

私が思う“気配り上手になるための方法”は、相手の立場になったつもりで「自分だったら、どうしてほしいか」を考えることだと思います。

手を差し伸べることが必ずしも良いとは言えないので、そこを見極めるには、自分が相手になったつもりになるのが一番わかりやすいと考えています。

自分が何をされたら嬉しいのか、気配りされて良かったことを実行すればいいと思います。

そして、あからさまに私は、気配りができる、やってあげてるというか態度で行うと嫌味になってしまうので、あくまでも自然に対応することがポイントになるのではないでしょうか。

7.多くの人との出会いの経験から

たくさんの人と出会うことで気配りが出来るようになるという意見もありました。

 

さまざまな人と接することで経験を積み「たぶん、この人、〇〇が必要なんじゃないかな。」と感じることができるというわけです。また、気配り上手な人に出会うとその人からたくさんのことを学べますし、真似して実行してみたりすることができます。

 

すると、

  • 自然と周囲を見渡すことが常に出来るようになった。
  • ただやってあげるだけではなく、思いやりをもってやることができた。

など、できるようです。そうなれば、本当の気配り上手になれるかと思います。

まとめ!

「まわりの人への気配りができている人」と思われている人は、「まわりがきちんと見えている人」です。いま、自分が何をしたら、みんなが…まわりが、より快適に過ごすことができるか…を気付く力ですよね。

 

他人への気配りができている人は、困っている人やだれか手助けして欲しいと発信しているサインを見逃さず、キャッチすることができる人だと思います。

 

一朝一夕で習得できることではありませんので、日々の心掛けがポイントになってきそうです。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る