仕事のミスをしてしまったときの謝り方で性格がわかる法則!

Sponsored Link



仕事でミスをしたことありませんか?

私は新人時代、思い出したくないくらいの失敗をしてしまいました。そのとき、いつも「なんで(私は)いつもミスをしてしまうんだろう…?」と自分を責めてしまっていたけれど、失敗なんて誰しもしてしまうものなんですよね。

 

大事なことは、

  • ミスを繰り返さないこと。
  • ミスが起きてしまったの対応。

―ですよね。

 

とくにミスをしてしまった後の対処方法は性格がより前に出てきやすいです。だからこそ、もしもあなたのまわりの上司や同僚がミスをしてしまったとき、どのような誤り方をするのか―ちょっと観察してみると、彼らの本当の性格がわかってきますよ。

 

1.責任をすべて取ろうとする

たとえば、上司や同僚がミスをしたとき、次のような言葉を発する人はいませんか?

 

「全部、俺のミスです。」

「言い訳はしません。すみませんでした。」

「原因は私にあります。申しわけありませんでした!」

責任は我にあり。潔くて、なんだか恰好いい謝り方をしているような感じもします。ですが、本当に潔いのでしょうか?

 

じつは、心の中はというと…【潔くない】のです。

 

むしろ、「全部、非を認めているだろ?文句はないよな。早く許してくれよ。」「もう、俺が認めたんだから、この件は終わり。」と思っていたりするんです。誠意の面からすると、まったくと言っていいほどないですよね。

 

つまり、誤って話を切り上げようとしているわけなんです。相手もそれを察知することが多く、あまり好印象を与えることはありません。

 

2.責任をだれかに転嫁する

自分がミスをしたハズなのに…次のような謝り方をする人っていないですか?

 

「私は精一杯のことをしたのですが、営業部のA氏の失敗が今回のミスに繋がりまして、このような結果に終わりました。」

この謝り方は【外的帰属型】(俺は悪くない!という考え方)によくみられる謝罪方法です。

 

このような誤り方をするタイプは、ふだんから優越感を持っていて、他人からのお世辞や褒め言葉に弱い傾向があります。反省をしっかりしないから、同じ失敗を何度も繰り返すのです。

 

もしも、あなたの部下や後輩がこのような誤り方をしたら注意が必要。本人が反省をせず、失敗を繰り返すので、まずは失敗の原因がどこにあるのか―なぜ、今回のような失敗に繋がったのか―。「なぜ~?」を身に付けさせることが大事です。

 

3.誤ったうえで原因を追究し、再チャレンジする

謝り方が「申しわけありませんでした!原因を調査したうえで、再挑戦します」といったニュアンスの謝り方は、自分の【責任をきちんと自覚】しています。

 

このようなタイプの謝り方は【内的帰属型】(自分が悪いという考え方)の内容です。

 

だから、まわりの同僚も彼の人柄に気が付いて、自然と人望も厚くなるハズ。しかも、「同じ失敗は繰り返さないんだ!」と努力を重ねるので、2度目には、彼は成功を収めていることでしょう。ただ、ひとりで責任を背負ってしまうところもあるのでストレスをためてしまうことも。

 

健康管理には気を付けておきたいところです。

 

4.責任をあいまいにする

謝り方が「なぜこのようなことになったのか…私も理解に苦しみます」とまるで他人ごとのように話し、責任の所在をあいまいにするようなタイプは、責任感はまるでなく、いい加減なところがあります。

 

残念ながら、まわりからの評価も高くなく、人望も離れて生きやすい傾向があります。

 

ただ、メリットもあって、このようないい加減だからこそ、ストレスも少なく、いつも元気いっぱいで健康的です。

 

まとめ!

謝り方ひとつにも、その人の人柄が出てくるものです。仕事であなたがお付き合いするタイプの人間はどのような人なのかチェックしてみるのも面白いかもしれませんよ^^

 

男性と話すことが苦手な私でも…
自己分析がキッカケで自分を表現できるようになりました!

>恋愛傾向診断はこちら!

Sponsored Link