人は年齢と共に好みや興味の対象が変わると言われています。

 

たとえば、「動物」にすごく興味を持っていた人が植物に興味が移り、やがて石に興味が移る。このような法則があるそうです。ファッションもまた然りです。

 

だから、気になる男性のネクタイなどのデザインを見れば、その人の精神年齢がバッチリ。とくにネクタイはクールビズのとき以外はサラリーマンの必須アイテム。だれもが身に付けているモノになります。そして、サラリーマンが唯一個性を出せるアイテムとも言えます。

 

同僚や先輩、ライバル・上司のネクタイをチェックすれば、どのように対応すればいいのかわかるはずですよ^^

 

1.キャラクターや動物のデザインを愛用している

キャラクターや動物のデザインをしたネクタイを愛用している男性は、「私はまわりとは違うんだ。」「別に俺のことは理解してもらえなくてもいい」と内心思っているようです。

 

そんな彼の特徴は、他人を突き放したり、他人に対する評価が厳しいトコロがあります。

 

そのため、仮にこのタイプがあなたの上司になった場合、精神的にも疲れ苦労するはずです。ただ、そんな他人に厳しい人は、鬼のような性格に見えて、じつは以外と精神年齢が低いトコロがあり、あまり先のことを考えずに行動するところもあるようです。そのため、まわりの人と摩擦も多いのが特徴です。

 

このような上司に当たったときは、取り入ることは避け、与えられた仕事をただ単にタンタンとこなすことがいちばんです。もしも、ライバルにこのタイプがいたら、彼の【精神的な弱さ】を利用して、だんだんとプレッシャーをかけていくと自然に自滅していきます。

 

2.派手なデザインや色のネクタイをしている

キャラクターこそは入っていないけれど、たとえば、水玉模様や赤などの原色に近いネクタイをしている人は「私は積極的だ!」ということを暗にアピールしています。

 

もしも、会社の上司がこのタイプだった場合は、彼に新企画を出して、自分は「攻めている!」ところを一生懸命、アピールしていきましょう。

 

ただし、派手なデザインのネクタイをしているケースには、自分の気の小ささを隠すためにしているケースもあります。もしも、あなたの攻めの姿勢に彼が難色を示したら、すぐに攻めのアピールを止めることが賢明だと言えます。

 

3.地味な色で無地もしくはストライプのネクタイをしている

ネクタイの印象そのままです。
【冷静で常識的な考えの持ち主】だと言えるでしょう。

 

もしも、上司がこのタイプのネクタイをしているのであれば、あなたが取るべき接し方はひとつ。【真摯な態度】であること。

 

ちなみに、ふだん落ち着きのない人がこの無地タイプのネクタイをするようになったら、その人の心の中には「俺は仕事ができるとまわりに思われたい」「大人っぽく見られたい」というような願望背伸びをする気持ちが反映されていると言っていいでしょう。

 

もしも、ライバルがこのタイプのネクタイをしているのであれば、モチベーションが上がり、やる気満々の状態である証拠。あなたもうかうかしているわけにはいきません。彼に負けないように、いままで以上の努力してライバルに負けないようにしちゃいましょう。

 

まとめ!

ネクタイは無意識にその人の意識が反映されるものです。意外とこの法則は当たっているので、男性の皆さんはチェックしてみるといいかもしれないですね^^

 

男性と話すことが苦手な私でも…
自己分析がキッカケで自分を表現できるようになりました!

>恋愛傾向診断はこちら!