安心して眠れない!彼の寝相から深層心理がわかる

Sponsored Link



一般的に寝相の悪さは、起きている間の心身の緊張度によるとも言われますよね。心理学にもせ寝相に注目した人がいます。

 

「寝る姿でも彼の性格がわかる」そんな面白いことを提唱した精神分析医サミュエル・ダンケル氏は「寝相には深層心理が現れる」と言っています。

 

だから、もし恋人と一緒にベットを共にするような関係になったら、彼の寝相をチェックしてみると、いままでわからなかった彼の一面や性格が見えてくるかも。面白い(?)のでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 

ちなみに、ダンケル氏は寝相を大きく4つのタイプの分別しています。

 

1.胎児型

胎児の姿を想像してもらえばイメージつきやすいと思いますが、横向きになり、膝を曲げて丸まって胎児のように眠るタイプは【胎児型】になります。

 

この胎児型は警戒心が強く、どちらかといえば、自分の殻に閉じこもりがちなタイプになります。また、精神的にも幼いところがあるのですが、表面的には出さなくても、「あなたに甘えたい。」「あなたに依存したい。」「あなたに守ってもらいたい。」という気持ちは人一倍あるようです。

 

なお、【胎児型】は、人付き合いが苦手なタイプで、お付き合いしている友達の数も少なく、心から楽しい人生を送ることが難しい状況にあります。

 

ただし、ふだんは別の寝相なのに、ふと何かがキッカケで胎児型で寝ているときは、彼は仕事やプライベートで何かしらの不安や心配ことを抱えている可能性が高いです。そんな彼を見かけたら、さりげなく「何か心配ごとでもある?」とか「なにかあったの?」と聞いてみるのもいいかもしれません。

 

2.王様型

彼が仰向けになって、まるで大の字のように「でーん!」と手足を伸ばして寝ていたら…【自信家タイプ】だと言えます。

 

ちなみに【自信家タイプ】は開放的な性格の持ち主。

 

ただし、個性も強いので、あなたと衝突することもあります。けれど、いつまでも根にもつようなことはなく、後腐れもないため、すぐに仲良くなることができるいいトコロも。

 

素直なので、隠し事も苦手ですw
付き合っていて疑心暗鬼になることも少ないでしょう。

 

この寝相になっている人は仕事でもプライベートでも心配事は「0」。いままで別の寝相から【王様型】に変わった場合は、何かしらの問題が解決できて心から安心できた状態だとも言えます。

 

3.横向き型

彼がまるで胎児型のように膝を曲げたりしていませんか?また、退治型とはいかなくても、身体を曲げるような姿勢でもなく、ただ横向きに眠ていたりしていませんか?

 

このタイプに多いのは、どちらかと言えば、自分の利き腕を下に持ってくる人が多いみたいですね。ちなみに、この【横向き型】タイプの人は常識的協調性があります。

 

性格も安定しているし、感情の波も少ないと言えます。そういった意味では、波風がなく、平凡な結婚生活を送りたい人にはもってこいの結婚相手になるのではないでしょうか。

 

4.うつ伏せ型

顔をベットに押し付けて寝る【うつ伏せ型】の人は、母親にしがみついているイメージだと思っていただければわかりやすいと思います。

 

甘えんぼさんで、独占欲が強く、自己中心的です。

 

しかも、他人のミスには厳しく、許すことができないので、ヤキモチ焼きや怒られるのが苦手な人には向かないタイプだと言えるでしょう。

 

まとめ!

寝相でその人の深層心理がわかるというのは面白いですね。寝相は隠そうと思っていても隠せないモノ。だからこそ、相手の真相心理が出てくるのかもしれません。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link