お酒を飲んでいるときこそ、相手の本音が出る法則!

「私…お酒を飲むと性格が変わっちゃうのよね。」このように悩んでいる人がいますよね?でも、それは違います。お酒を飲むと本心や自分の地が表面に現れるだけなんです。

 

では、なぜそのようなことが起きてしまうのでしょうか?

 

じつは、お酒を飲むと、大脳皮質の新皮質の働きが麻痺してしまうんです。そのため、ふだんは理性で抑えている本性がお酒のチカラで表面に出てしまうというわけなんですね。つまり、お酒を飲ませれば、恋人の隠された本心や性格がわかるというわけ。

 

今回は相手の手に注目して本心を探ってみましょう。

 

1.両手でグラスを持つ

両手でグラスを持つしぐさをするのは、寂しがり屋で恋に恋するタイプによく現れます。あなたのまわりにも一人はいるのではないでしょうか?きっと、その子はちょっとしたことがキッカケで、とくに特徴のない異性でも惚れこんでしまう可能性大。

 

寂しさを嫌い、相手が誰でもいいから側にいて欲しいと思っている傾向が強いんですね。

 

結局、このタイプの人の目的は「誰かを好きになって幸せになる」ことではなく、単に恋したい。恋する自分が好き。恋していないと不安といった気持ちがあるからなんですね。

 

当の本人は、誰かに寄り添うことで幸せに感じるので、それはそれで幸せかもしれないけれど、自己満足の恋愛に付き合わされるパートナーにしてみれば、いい迷惑かもしれません。

 

2.必ず利き腕でグラスを持つ

必ず利き腕でグラスを持つタイプは、ずばり【失敗】を恐れるタイプ。絶対に失敗したくないから、ぜったいに安全な方法を選択しやすいんです。このタイプは攻撃的でなんでも完璧に仕上げないと気が済まないところがあります。

 

このタイプが選ぶ恋人は、自分の趣味に合うと思ったから。ただ、些細なことで恋愛も冷めてしまうタイプなので、気を付けておいたほうがよさそうです。

 

3.小指を立ててグラスを持つ

小指を立ててグラスを持つなんてなんとなくですが、ちょっとキザな感じがしますよね。でも、そのイメージとは裏腹に意外とお人好しなところもあるんです。ただ、その一方で自信過剰なところもあるため、何か困ったときなどに頼み事をするときには頼りになるタイプだといえます。

 

ちなみに女性で小指を立ててグラスを持つタイプは、自分のルックスにかなり自信を持っていて、内心は「男性に誘われたい」と思っている傾向もあります。男性は好みのタイプの女性だったらアプローチしてみるのもいいかもしれませんね^^

 

まとめ

お酒を飲んでいるときこそ、日頃の理性を打ち破り、相手の本性が表面に出てしまう傾向があります。だからこそ、相手がどのような人なのか、お酒を飲んでいるときにしっかりとチェックしておきたいですね^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!