ガムを踏んだときの確認の仕方でわかる彼の性格!

Sponsored Link



街を歩いているとき、不運なことにガムを踏んでしまった!!!
そのようなこともあるかと思います。

 

ガムを踏むとなんとも不運で悲しい気持ちになるのですが、このとき、靴の裏についてしまったガムを確認する方法で、人の心理や性格がわかってしまうんです。

 

滅多にガムを踏むようなことはあるわけではないけれど、もしも男性と一緒にいるときに、このレアなケースに遭遇したら、そのときの様子から彼の性格がわかるので、チェックしてみましょう。また、すでに遭遇したことがある人は、当時の状況を思い出してみてくださいね。

 

1.、脚を後ろに折り曲げて背中越しに見てしまうタイプ

「ガムを踏んでしまった…。」

このような状況に陥った彼が靴の裏を確認するときに、脚を後ろに折り曲げて背中越しに見てしまう人は、まわりの視線のほうが気になって仕方がない。ガムを踏んだ恥ずかしさよりも、まわりの目のほうが気になって仕方のない人です。

 

まわりの視線ばかりを気にするタイプではありますが、前向きに考えれば、失敗しているにもかかわらず、まわりが見えているので【協調性】を重んじる人ということがわかります。

 

あくまでも前向きに捉えれば…ですが^^;

 

2.内側に靴の裏を向けてガムを踏んだ状況を確認するタイプ

もうひとつが、前に脚を曲げて、内側に靴の裏を向けてガムを踏んだ状況を確認する人は、まわりの視線よりも「ガムを踏んだ事実」が悔しくて仕方のないタイプです。

 

ガムだけではありません。

 

たとえば、道路や階段を歩いているとき、その場でステーンと転んだときもまわりの視線はなんのその。それよりも、、自分が転んだことに対して、悔しいと感じるタイプです。

 

このタイプは、周囲の視線よりも「失敗を悔やむ=同じ失敗を繰り返さない」意識が先にくるので【同じ失敗を繰り返さない】という意識が強く、確実に成長できるタイプだと言えます。ただ、その一方で協調性は欠けていることが多いです。

 

なお、内側に靴の裏を向けてガムを踏んだ状況を確認する人は、股を大きく広げてしまうことも合って、女性よりも男性が多いですね。

 

まとめ!

最近、噛んだ後のガムが少なくなったため、踏むケースも稀になってきました。

 

もしも、あなたが残念ながら、街中などでガムを踏んでしまったときに、とっさに踏んだガムを確認する方法はどのような感じだったかチェックしてみましょう。他人ではなく、あなた自身の性格がどのような感じか、理解することができますよ^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link