ピアスもファッションのひとつとしてつけている人がいますよね。男女かかわらず、鼻や舌、ヘソにまでピアスをしている人がいるくらいです。

 

もしも、あなたの好きな人がピアスをしているのであれば、ちょっとした性格診断ができるかも。あなたの気になる人はどこにどんなピアスをしていますか?

 

今回は、ピアスの仕方や付け方で性格を見抜く方法について紹介していきます。

 

1.耳にたくさんのピアスをつけている

たくさんのピアスを耳に付けている人は、自分自身と同じ価値感の人に対して好感を持つ傾向があります。

 

つまり、耳にたくさんのピアスを付けているタイプの男性と仲良くなりたいと感じているのであれば、やはり、事前に彼好みの音楽や食事、趣味について調べ、受け入れ体制を整えておくと勝率がグッと高くなります。

 

そんな彼は仲間意識が強いので、同じ価値感を持っているとわかれば、すぐに親しくなるのですが、その一方で否定されたり、避難されることが大嫌い。腹を立てやすいので、彼と親密になりたいのであれば、むやみに彼を否定する発言は避けたほうが良さそうです。

 

2.大きなピアスをつけている

ピアスはさまざまな種類がありますよね。だからこそ、ピアスの付け方で性格がわかるのですが、もしも、相手が自分の耳くらいの大きなピアスをつけていたら…贅沢好きなタイプになります。

 

とくに

男性 ⇒⇒⇒ 女性

を見るときにはチェックしておきたいですね。

 

つまり、大きなピアスをしている人は、自分をよく見せることに労力やお金を惜しむことはしません。だから、デートや休日の遊びも一流を好むことが多いです。そのため、付き合うにはお金がかかるので、男性は、デート代を安くするのは諦めたほうが良さそうです。

3.鼻や舌などにピアスをつけている

いままでは耳にピアスをつけている人の性格を紹介してきましたが、もしも鼻や舌など、違和感を覚えるようなトコロにピアスをつけている人がいたら…「自分が生きていることを実感したい」と感じている証拠にもなります。

 

近寄りがたい雰囲気でも、心の中では「誰かと触れておきたい」と感じているので、あまり怖じけつかずに積極的にアプローチするといいですよ。

 

彼も内心は自分の生き方に不安や恐怖を感じているので、共感してくれたり、包容力を見せると彼はそんなあなたに心を奪われるはずです。

 

4.ヘソなど普段見えないところにピアスをつけている

ヘソなど普段、他人には見えないところにピアスを付けている男性はどうでしょうか?他人に見えないところにピアスをしている人は【自己中心的】なところがあるタイプになります。

 

あなたの気持ちは二の次。
あくまでも自分。

 

そんなワガママな一面があり、付きあうには包容力と寛容な心が必要なようです。

 

年齢が近いと彼のワガママな自己中心的な考え方に我慢ができずに、喧嘩してしまい、そのままお別れしてしまうこともあるようです。かなり年が離れていないと恋愛も厳しいかも。

 

まとめ!

ピアスをつけるためには自分の身体を傷つけなければできませんよね。どこに付けているか、どこを傷つけているか。そこで相手の気持ちや性格が見えてきます。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!