どの男性を選べばいいの?好きな人を選べない人の心理とは?

お付き合いする相手は基本ひとり…のはずですが、ときに二股や3人以上の異性と付き合っている人もいます。当の本人にしてみれば、たくさんの異性とお付き合いできて楽しい気持ちかもしれないけれど、二股の一人になってしまった人からしてみればツライものです。

 

このように、なぜ複数の異性と付き合ってしまうのでしょうか?いつも複数の異性と付き合ってしまうハメになる人の心理について今回は紹介していきたいと思います。

 

理由1.恋愛を遊びと考えている

複数の異性と付き合っている人の心理として考えられるのは【恋愛は単なる遊び。または遊び相手と割り切っている】ケースが考えられます。つまり、本命とかそういうのではなく、ただ今が楽しければいいといった考えですね。

 

このようなタイプの人の心理は「相手が自分の求めているモノを提供してくれればいい。」くらいにしか考えていません。

 

本命とかそういうものではないということは、そもそも恋愛そのものをする気がないということです。ハッキリ言ってしまえば、いくら進展を望んでも、当の本人がまったくやる気がないので頑張っても意味がないんです。

 

冷たいようですが、ズルズルと付き合ってしまえばあなた自身が傷ついてしまうだけ。【都合のいい人】にならないように縁を切ったほうがいいでしょう。

 

相手から体よく利用されるだけ利用される存在を「都合の相手」になります。当の本人は、愛されているという気持ちに逃げてしまっているかもしれないけれど、相手にはきちんと本命がいることが多いです。

「都合のいい男」

女性にとって都合がいい男は、むかしバブルのこと「アッシーくん」という言葉がありましたが、突然呼び出されて送り迎えさせられたりするなど、女性の都合のいいように扱われる男性のことです。

「都合のいい女」

Hをしたいときだけ呼び出したり、お金をせびってきたときは間違いなく、彼の都合のいい女になります。

 

理由2.本気で恋愛したいけれど優柔不断

もうひとつの理由として【ひとりに絞れない】タイプです。

 

先ほどのケースとは違って、本音では本気で恋愛したいという気持ちはあります。けれど、

 

Aくんは【金持ち】
Bくんは【優しい】
Cくんは【カッコいい】

 

とそれぞれ魅力を持っているので、誰を選べばいいのかわからない…とズルズル付き合っているわけです。誰かひとりにしようとしても、ほかの2人もまた手放すことができなくなってしまい、また二股・三股となってしまう…というわけです。

 

つまり、選ぶことができない優柔不断タイプというわけです。

 

もしも、あなたがこのようなタイプの人と付き合ってしまったら、関係を進展させるために相手の気持ちを読み取って、ありげなくあなたのほうへ誘導するように策を考えなければいけないでしょう。

 

二股・三股に陥るパターンを考えてみる

二股・三股をする人の心理を紹介しましたが、なぜ二股・三股をしてしまうのか状況はそれぞれ違います。そこで、じっさいにどのようなケースで二股・三股が起きてしまうのか紹介していこうと思います。

 

① 学生⇒社会人のケース

学生から付き合っている彼氏がいたけれど、社会人になってまわりの先輩や同僚をみたとき、彼が急に子供っぽい男性に見えてしまった。そして、頼りがいのある先輩に惹かれてしまった。

 

② 転勤で遠距離恋愛のケース

付き合っていた彼が転勤になってしまった。遠距離恋愛で彼ともなかなか会えずに仲良くしていた身近にいる男性と付き合うことになった。

 

③ それぞれ魅力があるケース

自分がいないとダメと思うようなタイプと付き合っていたけれど、頼りがいのある男性と出会ってしまった。彼とは全く違う魅力を持っていて、どちらかに決めることができない。

 

捨てられるときはすべてを失う

二股・三股をしたとき、片方に知られてしまうと全員にバレてしまうのが常です。そして、付き合っていた人すべてが愛想をつかしていなくなってしまいます。恋愛には、やはり誠実さが必要なんですね。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!