身近なもので小顔になる方法をまとめてみた!

Sponsored Link



小顔になるために、美容整形やエステを受ける方法がありますが、中には家で手軽に行える小顔になる方法もあります。

 

しかも、自分ででき、金銭的負担を少なく毎日持続して行うだけの方法があるんですね。では、自宅で小顔にすることが可能な方法としては、マッサージ、エクササイズ、メイクで小顔を作るというようなやり方があるのでしょうか?

 

顔が大きくなってしまった原因は?

顔が大きくなってしまった原因は人それぞれ。

 

・脂肪がついてしまったことでお顔が向くんでしまった
・元からの骨格が原因でお顔が大きく感じさせてしまう

など。

 

原因は何かある程度、ターゲットを絞り、自分に合った小顔方法を探すのがまず必要になるでしょう。もちろん、整体などで小顔矯正の施術を受けたり、美容整形外科等でボトックス注射を打ってもらったり等、小顔のためにお金をかける方法も存在します。

 

お金をかけることで即効性の効果を体感することも可能ですが、大きな金銭的負担をかけなくても、小顔を体感できる方法もあるのです。ただ、間違った知識で小顔方法を行なうとかえって身体を傷つけてしまう恐れがあります。

 

小顔になるための方法を理解し、毎日、自分で持続していくことで小顔を実感できることが出来ます。

 

方法1.ゴルフボールを利用した小顔方法

ゴルフボールを利用して、小顔になれる方法というのをご存知ですか?

 

以前人気のあった番組、おネエMANSで話題になった方法で、その時は「ゴルフボールマッサージ」というネーミングで案内されていました。美容家でもあるタレントのIKKOさんにも好評を博していたゴルフボールマッサージの簡単なご紹介をさせて下さい。

 

まずはこのゴルフボールを使ったマッサージというのは、小顔目的の中でも、お顔のむくみを改善したいと考えている人に特にオススメです。発案者はエステティシャンの高橋ミカさん、某シャンプーのCMにも出られていたので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

ゴルフボールという、誰でも手に入れやすいアイテムを使って小顔になれる方法を編み出されたのですから、さすがプロのエステティシャンですよね。

 

いよいよゴルフボールマッサージに入りますが、事前にお顔に乳液、もしくはクリームを塗っておきます。ゴルフボールをお顔をスムーズに滑らせるための準備です。塗り終えたら首の回りを滑らせていってみてください。

 

リンパの流れを良くするために、ゴルフボールで周回していきます。詰まってしまったリンパが流れていくことによって、これのみでも小顔に近づけそうな気がしますが、まだここはスタートラインです。

 

ゴルフボールをいよいよお顔に当てていきますが、最初はほうれい線の下から上へところころと滑らせて行きます。ほうれい線を沿わせ手のマッサージが終わったら頬骨~鼻の端まで、更にはこめかみへと転がしていきましょう。

 

その後は髪の生え際部分へと転がしながら進ませて、ラストはこめかみにゴルフボールを当て転がします。この流れを1日にたった数分間実行するだけで、小顔への期待が出来るようです。

 

方法2.ガムを噛むと小顔になる

「小顔になるにはガムを噛むのがいい」
このようなことを耳にした人は少なくないようです。

 

実際ガムを噛む事でお口の周囲の筋肉は鍛えられることになり、贅肉が垂れてしまったり、お顔がむくんでしまうという問題は解消されるかもしれません。ただし、ガムを噛んで小顔に繋げるという方法にはリスクも存在するのです。

 

ガムの噛み方を失敗してしまうと、小顔が期待できるどころか、逆にお顔を大きくしてしまう場合もあります。ガムを真剣にかみすぎることで顎付近の筋肉が丈夫になってしまい、顔のえらが目立ってきた…という話は少なくありません。

 

普通であれば顎の筋肉g発達するということは、二重顎の予防にもなり、脂肪がついてしまった、むくみがひどくなってしまったという人も顔の輪郭をすっきりさせることができると思います。

 

ただし噛みすぎ良くありません。

 

ガムを噛みすぎてしまうことで顎の筋肉は鍛錬されすぎ、あごが目立ちすぎてしまったり、えらが気になってしまうというのも本当のことです。スケート選手に岡崎朋美選手という有名なアスリートがいます。

 

今もとても美しい選手だと思いますが、もともとは今よりお顔の輪郭は丸く、えらなどは目立っていなかったそうです。ですがスケートと真剣に向き合っているうちに、歯を食いしばってしまうために、徐々に顎が発達し、えらが張った輪郭になってしまったという逸話があります。

 

噛みすぎ、食いしばりすぎは逆に顎の発達を促しすぎてしまうため、ガムを利用しての小顔への努力も、適度にしましょう。何事も中庸が肝心なのです。大きな顔に見えっしまわないよう、加減して挑戦してみて下さいね。

 

方法3.ペットボトルで小顔になる

どこにでもあるようなペットボトルを使用するだけで、小顔へと繋げることが出来ます。

 

ペットボトルを使っての小顔へのエクササイズは、最初にペットボトルの中へとお水を注ぎます。そして水を注いだペットボトルをお口にくわえ、右に左にと揺らすようにして動かしていってください。多少動作をプラスして実行することで、効果もアップしていきます。

 

お口の力で重いものを持ち上げ動かしていくと、お口の周囲の筋肉が強くなるということです。

 

ペットボトルを使用することによって小顔になるためのノウハウは、水を入れないペットボトルを使う方法も存在します。まずはからのペットボトルを準備して、そのペットボトルの中の空気を力強く吸い込むという動作です。

 

ペットボトルを強く吸い込むと、ペットボトルはへこみますよね。
へこむくらいの勢いで行うのが効果があるそうです。

 

ペットボトルの空気を吸い込むという動作は、頬の筋肉をシャープにしてくれます

 

お口の周囲の筋肉と、頬をシャープにしてくれる、身近にあるペットボトルを使った小顔のエクササイズは、毎日持続させることで徐々に小顔にすることができるでしょう。初めてすぐに効果が生まれるものであありませんので、1日10回など時間と数を決めて、毎日続けていくのがポイントになります。

 

恐らくどんなご家庭にもペットボトルはあると思いますし、今日からでもスタートできる手軽な方法としてオススメです。もちろん自宅でなくても、お仕事先にもペットボトルをもっていくことはできるとおもいますし、ランチ後の誰もいない場所で、実行してみるのもいいと思います。

 

方法4.スプーンで小顔になる

スプーンを使用しての小顔マッサージは、プロのエステティシャンでもあり、シャンプーのCMにも出るなどテレビでも活躍中の高橋ミカさんが発案されたものになります。一本のスプーンで小顔マッサージが出来る方法は、おネエMANSでも案内されていたマッサージ方法です。

 

スプーンの大きさは、親指よりも一回り大き目のものがよいそうなので、ティースプーンでは若干小さいかもしれません。スプーンが準備できたら、耳の後ろ、耳の付け根部分から、斜め下方向にある鎖骨へと向けてマッサージをしていきましょう。

 

耳の付け根→鎖骨へのマッサージが済んだら、今度はお口から斜め上にある耳の付け根に向けて、マッサージをしていきます。

 

そして続いては目の上からこめかみに向けてマッサージです。

 

スプーンで実行するマッサージの加減ですが、強くマッサージしすぎるとお肌にダメージを与えてしまうことにもなりますから、適切な「痛キモチイイ」程度の強さでマッサージしてみて下さいね。このスプーンマッサージはこめかみへと向かって行く形で流していきます。

 

こめかみに進めた後は、首の下部へと向けて流すようにしてラストです。

 

1度のマッサージタイムは1分から2分程度。
これを毎日続けることで、効果が現れてくるでしょう。

 

力加減はお豆腐を崩さずに触れて移動するくらいの強さが小顔になれるポイント。スプーンの温度は状況によって、冷やす、温める、と変えて行くと効果を上げていくことができます。

 

手術にかわって顔を思い通りにデザインし作り上げる小顔法があったとしたら…どうしますか?

瞬間!!鼻が高くなる&小顔になる 輪郭小顔矯正法

Sponsored Link