デートが続かない!?お付き合いに発展しない理由とは?

合コン・街コンでLINEを交換したあと、男性からデートを誘ってきたにもかかわらず、そこからお付き合いに発展しない人がいます。私はそのような悩み相談を受けたとき、それは「おかしい。」と言っています。

 

 

男性からデートを誘っておきながら、すぐにお付き合いにならないことをおかしいと言っているわけではありません。デートできたにもかかわらず、最終的にお付き合いまで至らなかったことについておかしいと言っているのです。

 

 

ちなみに、出会い系や婚活系、SNSなどからの出会いのように、いままで顔を見たことがない人と初めての出会い兼初デートは今回紹介する内容から除きます。

 

1.デートからお付き合い発展できないのはおかしい

男性から「食事に行こうよ。」などデートの誘いがくるということは、最低でも【あなたがどのような女性か見ようとしている】。つまり、興味がある。好感度はそこそこ高いことを意味しています。

 

 

いくらなんでも、興味のない女性とはデートをしようと思いません。男性も限られた時間とお金を使ってのデートですから、確実にマイナスではなくプラスの印象を抱いていることは間違いないのです。

 

 

これでダメだったということは、あなたが彼と会ったときに【なにかしらのミスを冒してしまった】から、好感度を失ってしまった。そう考えなければいけません。つまり、ふたりで食事にいける関係を築けているのであれば、本来、ミスさえしなければ、会えば会うほど心理学的には好感度はあがるはずなのです。

 

 

デートをしたにもかかわらず、関係が発展しない人は、【ミスを冒している】可能性大です。そこで今回は、デートまでいきながらお付き合いにいかない人が【していないこと】について紹介していきます。

 

2.男と女が会っていると意識させるデートになってない

合コンであれだけ意気投合したにもかかわらず、その男性とお付き合いまでいたらず、数回のデートで終わってしまった女性に言えること。それはデート中の会話が当たり障りのない内容に終始してしまい、盛り上がりに欠けてしまったということです。

 

 

そのため、たとえ、あなたがお付き合いしたいと望んでも、デート後に音信不通になってしまった…ということに繋がってしまうのです。

 

 

ふたりがお付き合いの流れに行きつくためには、男と女が会っているということを相手に意識させなければいけません。

 

 

たとえば…

・褒める

・甘える

・あーんして食べさせてもらう(食べさせる)

・ボディタッチ

・お互いの手の大きさを合わせて比べる

 

このように男と女ふたりで会っているという意識づけをデート中にすることで、男性にドキドキ感を与える。そして、男性に「この子とお付き合いしたい。」と思わせることが非常に重要なポイントです。ただし、その一方で次の2つのことを忘れてはいけません。

 

それが・・・

  • タイミング
  • やりすぎは厳禁

 

この2つです。

 

3.男性が挙動不審にならない店選び

デートで彼とお付き合いしていない人が陥っている失敗のひとつに、【どこのお店に行くのかきちんと決めていない】ことがあります。

 

つまり、

・美味しいイタリアンのお店に行く

・美味しいパスタのお店に行く

 

間違ってはいません。間違っていないけれど、店に行くことがゴールになっていて、ふたりの距離を縮めることに意識がいっていないのです。そのため、じっさいに会ったら、お互いに緊張してしまい、グダグダなデートになってしまったということもあるのです。

 

 

詳しくは、ツッチーさんのコラム「男心が大切にしたい女と思わせる3つのツボ」を参考にするとわかりやすいです。

 

 

つまり、デートするときには、どこで食事をすると2人の距離を縮めることができるのかという視点でお店選びをしてほしいのです。女性が詳しく考える必要はないけれど、はじめは彼がうまくいくように誘導してあげることも考えながら進めていきたいところです。

 

4.追われている感を出さずに次のデートを約束する

デートをしながらお付き合いに至らない男女がありがちなのは、次のデートをする約束を目標としていないことです。これはどういうことかというと、1回目のデート⇒2回目のデートの流れを約8割以上の男女が、1回目のデートが終了したのち、LINEなどでまた一から約束する流れをつくろうとしているのです。

 

 

もちろん、それでもうまくいくときはいきます。

 

 

ただし、そもそも約束というのは…

 

会っているとき > 電話 > LINE(メール)

 

の順で取りやすい心理があります。顔を見ながら会っていると断りにくいけれど、LINEだと面倒くさいと思っただけで、断る口実になる。それくらい大きな違いがあります。

 

 

あなたもありませんか?

 

 

1回目のデートをしたにもかかわらず、2回目のデートをするまでもなく自然消滅したことが。でも、もしも、ふたりで会っているときに約束していたら、2回目のデートが行われていた可能性が高かったはずです。とくにLINEやメールは些細な言葉でも、男性は慣れていないせいか重く捉えてしまいがちです。

 

 

しかも、LINEで誘導したり、誘ったりしてしまうと男性も「追われている感」を感じてしまいます。男性は本能的に「追われるよりも追いたい」タイプ。だからこそ、デート中の会話のなかで軽い感じで、つぎの約束を取り付ければ「重い」「追いかけている」感を出すことなく、デートを続けることができるというわけです。

 

 

そのように考えれば、男性から誘ってきたデートで何度も失敗してしまうのは、攻略法を知っている人からみれば、おかしいという結論になってしまうんですね。だからこそ、きちんとしたデートの運び方を知っておきましょう。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!