男性が好きな人にとる態度やしぐさから見抜く!

Sponsored Link



男性が好きな人にとる態度やしぐさから好意を持ってくれているか、好意を持っていないか見抜くことがでけば、恋愛上手になれると思いませんか?

 

残念ながら、男性と女性では好きな人に取る態度が微妙に違うから厄介。

 

ときに好きな人が自分に好意を持ってくれていると勘違いをしてしまい、手痛い目に合ってしまうこともありえます。

 

とくに男性は男女の心理の違いに気が付かずに最悪の場合、「両想いのはず…!」とストーカーに陥ってしまうことも。もちろん、女性もその可能性がないわけではありませんよね。

 

そこで、今回は「男性が好きな人にとる態度やしぐさ」について紹介していきますね。

 

1.好きな女性を見つめる

女性 ⇒ 視線 ⇒ 男性

このような場合、男心は視線を向けてくれた女性に好意を持つ法則があります。

 

男性 ⇒ 視線 ⇒ 女性

あまり効果なし。好意がない人からの視線だと「気持ち悪い」と思うことも。

 

どえらい違いですw
でも、男性はそれがわかりません。

 

そのため、男性は好きになった女性を目で追ってしまう習性があるんですね。この行為は無意識で行われる行為なので脈あり・脈なしを見る上で、ひとつの指標ともされています。(参照⇒男女で異なる視線の心理4つ

 

男性もあまりにも視線を向けてしまうと周りにバレるから、ときに「バレないようにしなければ…。」とあえて見ないように、あえて意識して避けることもあるけれど、それでもどうしても目で追ってしまうものなんです。

 

もしも、あなたが気になる男性が見てくれていると感じたら、あなたもいままでよりも積極的に彼とコミュニケーションを取ることを意識すれば、そこからふたりの仲は一気に進展。付き合うまで発展しやすいですよ^^

 

2.テンションが明らかに高い

合コンや街コンで男性が美人やかわいい子への態度が明らかに変わりますよね。
すごくわかりやすいのですが、男性本人はこの本性(?)を隠せません。

 

テンションが明らかに高くなります。
しかも積極的に質問したり、相槌を取ろうとしてくるからわかりやすいです。

 

逆に好みじゃないと思ったら、その場が沈黙になるくらい何も聞いてこない。それくらい違います。

 

男性は好みの女性を目の前にすると、女性から一緒にいて楽しい相手と少しでも思われるためにテンションを上げてくるんですね。だから、男性のテンションを見れば脈あり・脈なしはわかりやすいかも。

 

3.極端に優しくなる

気になる女性には「優しい男性と思われたい。」という気持ちは男性なら誰しも持っています。

 

だから、

「大丈夫?」
「大変だよね。」
「手伝おうっか?」

など、特定の人だけについつい優しさを出してしまう。そうすると、女性としても「私のことを気にかけてくれているのかも。」と薄々感じることができるのですが、これも男性の作戦。

 

好きな人にやさしくすることで口にしなくても「あなたのことが好きなんです。」ということを暗に匂わせ、意識させようとしているのですね。テンションと同じくあからさまなので、わかりやすい男性の態度のひとつですね^^

 

4.やたらと話しかけようとする

「職場」や「学校」などありがちなんだけど、女性が給湯室に行ったらすかさず彼女のところへ行き、話しかける。彼女がコピー室に行けば、また、わざわざ足を運び話しかける。

 

このようなマメな男性が私の職場にもいました。
男性なら、誰しも思い当たる行動を取ったこともあるのでしょうか。

 

ヒマさえあれば、話しかけて単純接触回数を増やすことは心理学でも相手の心を引き寄せるうえで効果があると言われています。

 

なにしろ、職場は仕事をする神聖な場。上司に見つかれば間違いなくマイナス印象を植え付けてしまいます。それなのに、あえてリスクを冒すということは…頻繁に話しかけてくる男性はあなたに好意を持っていること間違いなしです。

 

5.質問が増える

男性は好きになると「もっと知りたい。」という気持ちが生まれてきます。また、少しでも共通点を見つけて会話を盛り上げたい。彼女の気を惹きたいという思いが見え隠れしているんですよね。

 

だから、たとえ、大勢の女性がいる飲み会でも、あなたとの接点を持とうとして、まわりを無視してまでも会話をしようとする傾向があります。

 

そのため、まるで尋問のように質問攻めをされてしまうことも。
逆に興味がなければ、質問の数もグッと減ります。

 

彼女の興味を聞いた後、たとえそれまでまったく興味を持っていなかったとしても、次会うときまでには知識を増やして会話を合わせようとしてくるので、もしも、前に話についてこなかったハズなのに、いつの間にか知識が豊富で会話ができるようになっていたら、あなたは好意を持たれている可能性大です。

 

6.褒める回数が多い

男性は気になる女性をよく観察しています。
しかも、受け取った情報はすべて前向きに受け取ってくれます。

 

たとえば…

  • メイク
  • ファッション
  • 髪型
  • 小物

 

どんな些細なことでも見逃さず会話のネタにします。たとえば、スマホのケースなどもチェックしているくらい。「それ可愛いね^^」とか話しかけるキッカケにして褒めてくるのです。

 

逆にあまり気にならない女性には、褒める頻度はそこまでありません。ふつうの世間話をしたりする程度で終わってしまいます。だからこそ、わかりやすいとも言えます。

 

7.LINEやメールの連絡頻度が多い

男性はふだんはあまりLINEやメールをすることに興味はないけれど、好きな女性相手なら別です。個人差があり、かならずというわけではないけれど、女性からメッセージが送られるとすぐに返答。連絡頻度も多いです。

 

しかも、ここでも会話と同じようにテンションが高めで接してくるようであれば、あなたに対して気がある証拠です。ペースが明らかに速く、頻度が多い場合は期待してもいいでしょう。

 

8.ボディタッチが多い

男性は好きな女性には少しでも「触れたい、触りたい」という気持ちが生まれてきます。けれど、その一方で自分の願望を少しでも満たそうとすると、嫌われてしまうリスクを知っているために、かんたんには触ろうとしないんですね。

 

だから、より自然な方法を選択するわけです。

 

たとえば、飲み会のとき、ツッコミをして触る。誘導のために触る。褒めながら触る。など、拒絶されないと思われる方法でボディタッチをしてこようとするんですね。でも、気にならない人には触ろうとするどころか近づこうともしません。(参照⇒パーソナルスペース

 

ちなみに、遊び慣れた男性の場合、好きだという気持ちがなくても、かんたんにボディタッチをしてくるから要注意。安易に、ボディタッチをしてくるから、私のこと好きかもしれないと判断してしまうのは危険です。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link