好きになってくれた人を好きになる法則

0851d07ca105541de11523aab327d572_s

「どんな人がタイプ?」
「う~ん…。好きなタイプは自分を好きになってくれた人かな。」

恋バナになったとき、このような答えをする子っていなかったですか?

 

 

テレ隠しや本音を言いたくないから、あえて曖昧にしていると思ったら…じつは、心理学からするとあり得ることなんですね。つまり、誰かを好きになるとき、好みではなく好意を寄せられたかどうか―が判断基準になることもあるのです。

 

 

恋愛心理学のブログらしくなってきました笑
今回は、好きになってくれたら、好きになってしまう法則について紹介していきます。

 

1.好意を寄せられたら好意を持つ法則とは?

誰かに好意を寄せられたら、自分も好意を返してしまう法則が恋愛心理学にあります。なぜ、人は好意を寄せられるとその人を好きになってしまうのでしょうか?

 

 

簡単にまとめると、

好きになってくれた人の側は心地イイから。

 

 

だって、そうですよね。
好きになってくれたということは、あなたを最大限評価しているということなのですから。

 

 

つまり、マイナス評価している人の側よりも数倍…いえ、数十倍気持ちいいはずです。

 

 

心地が悪い人のところには、あまり行きたくないけれど、心地イイ環境を与えてくれる人には、自然と好きになってしまうもの。この法則を恋愛心理学では「好意の返報性」といいます。

 

2.好きな男性を振り向かせたいと思うなら…

「男性から好意を持って欲しい」と思うのであれば、まずはあなたの”好き”という気持ちを相手に伝えること。それが大きなパワーを発揮します。

 

 

たとえば…

AさんがBくんを”好意”を持ったとします。

 

 

そうすると、Bくんの頭の中は…

「いますぐにでもお付き合いしたい…。」と思わなくても、Aさんのことをいままでと同じように見ることはできません。無視できなくなってしまいます。このようにいつも意識すればするほど、いつのまにか”好き”な気持ちに発展する可能性があるというわけなんですね。

 

 

もちろん、すべてがうまくいくわけではありません。
”タイミング”が必要になるのです。

 

>好意の返報性のタイミングについてはこちら

 

3.嫌いの気持ちも嫌われるキッカケになる

男性に好意を伝えて意識させれば、好意で返ってくるですが、その逆もあります。

 

 

Aさん ⇒ 嫌悪 ⇒ Bくん

 

このようにAさんがBくんに嫌悪を持ったとします。
そうすると、まるで鏡のように…

 

Bくん ⇒ 嫌悪 ⇒ Aさん

 

になってしまうのです。
やっかいなことに嫌悪の場合は、”好き”の気持ちよりもはるかに敏感なのです。

 

 

たとえば、「あんたのそういうところが嫌いなのよ!!!」と言葉や態度で示さなくても、相手を少し無視しただけでBくんは「Aは俺のことを嫌いと思っている。」とすぐに感づいてしまうのです。そうすると、Bくんは「Aなんて嫌いだ!」と思ってしまうわけなんですね。

 

>人の悪口や不機嫌な態度がいずれ自分に跳ね返ってくる心理学

 

4.想いは告げるのではなく、感じさせる

ちなみに好きな人に告白して、お付き合いできればいいなぁ…という一か八かというやり方は、失敗率の高いマズい方法です。私も学生時代、好きだから付き合って欲しいと想いを告げられたことがあったとき、驚きとともにかなり悩み苦しみました。

 

 

突然の想いを告げるのは、あなただけでなく、相手に心理的な負担をかなりかけてしまうのでやめましょう。

 

 

好きな人を好きにさせるには、想いを口にするだけが方法のすべてではありません。たとえば、「好きな男性を落とすなら褒めることが鉄則!」でも紹介しているのですが、相手のいいトコロを見つけては、1日1回でもいいので褒めることです。

 

 

1日1善ではなく、1日1褒ですね^^

 

 

ちなみに、連絡交換しているからといってLINEや電話で褒めてもダメ。
じっさいに会わないと意味がないのです。

 

 

会って1日1回褒めるという方法は、想いを伝えるほうも想いを受けるほうもお互いに負担にならずに関係が両想いになりやすい方法です。私も恋愛相談を受けたときには、たいていは、まずは褒めることをアドバイスしています。その子は、結局、彼の心を射止めました。

 

 

好きな気持ちは好きでかえって来る。
やり方を間違えなければ大きなチカラになってくれるはずですよ。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!