合コンを開催するなら…そのベスト人数は?

合コンに参加するだけなら何も考えなくてよかったけれど、幹事になったからには、みんなに喜んでもらいたい、いい出会いに巡り合いたいと思いながら、合コンをセッティングしますよね。

 

だからこそ、今後、あなたが幹事になったら…もしくは、合コンに参加することになったら、次のことを意識して欲しいのです。

 

意識するだけで、合コンが劇的に変わります。
そう、合コンは運だけで決まるものではないんですね。

 

そのあなたが意識すべきこととは、合コンの参加人数です。たかが参加人数、されど参加人数です。人数が変われば、人間の心理状態も変わり、雰囲気も変わる。それくらい重要なんです。

 

そこで、今回のテーマは、合コンは男性:女性はどのくらいが理想なのかについて紹介していきます。いままで理想的な合コン人数なんて考えてもみなかったという人もぜひ見て下さいね。^^

 

1.多ければ多いほど出会いのチャンスが多くなるわけではない

「合コンって男女の出会いだから…やっぱり、たくさん集まった方がいいよね!」
「ワイワイできるし、選択肢も広まって相手も見つけやすい!」

などの理由で、出会いの場で相手(異性)が多ければ多いほどベストと考えるかもしれませんが、じつはそうではありません。

 

街コンや婚活パーティーに参加したことのある人ならわかると思いますが、人数が多すぎると、「名前を覚える」どころか、印象に残る出会いが得られにくいと言う欠点があります。

 

また、人数が多いと声が届かないので、会話が分断されたり、テーブルの両端・中央でそれぞれ別々に会話が始まり、お目当ての人に声をかけられない。全体で盛り上がりに欠けることにもつながりかねません。

 

2.3対3や4対4が理想!

初対面で相手を覚えられる数は限度がありますし、ターゲットが絞りにくいとうまくいかないものです。そのように考えると、合コンの人数は、3対3や4対4が最も適した人数だと言えるのではないでしょうか。

 

この程度の人数であれば、席替えをしなくても、全員の異性と接することができる範囲。
気になる男性(ターゲット)が現れたときにも即座に対応できます。

 

逆に、2対2など少なすぎると、一緒に来た同僚や女友達と特定の男性の奪い合いになってしまったり、お互いの人数が少なすぎることもあって、もはや合コンとは呼べない状態になってしまいます。

Sponsored link


3.幹事さんは、参加人数を揃えるのが大変!

もちろん、5対5の合コンでもうまくいくことはあるかもしれません。過去、上手くいったとあるとアドバイスをする人もいるかもしれませんが、大人数になるとお互いの幹事さんも人数を揃えるのが負担になってしまいます。

 

また、みんながみんな喜んで合コンに参加するわけではありません。せっかく誘っても、「ごめんね。その日用事があって…」「今回は遠慮しとく。」など、断ってくるケースも多いです。

 

そう考えると、人数を揃えるのもなかなか大変。うまく集まらないと頭を抱えてしまうことになってしまうので、やはり、ココは幹事さんのことも考えて、3~4人同士の合コンが理想的というわけなんですね。

 

まとめ!

個人的には、4対4よりも3対3を好んでいます。もちろん、4対4も悪くはないのですが、座席が端になると話題に加われなかったり、溶け込めないケースが出てくるんですよね。

 

一方、3対3は、話しやすくて盛り上がりやすいです。途中で座席交代する必要もなく、誰とでも仲良くなるチャンスがあるわけですから!

 

仮に4対4になってしまった場合は、きちんと男性側の幹事さんが状況を見極めて、うまく席替えをするタイミングを図らなければいけなかったりしますので、事前に打ち合わせておくといいかもしれませんね^^

 

ちなみに、2対2はなんだかお見合い風になるし、4人以上になると今度は収拾がつかなくなり、うまくいかないケースが多いようです。できれば、3対3か4対4で合コンをセッティングしておきましょう^^

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る