男性にメールアドレスやLINEなど連絡先交換を女性のほうから持ちかけるというのは、かなり緊張します。

 

できれば、気さくに自然に交換したいところですが、どのようにしたらいいか迷っている人も多いのではないでしょうか?今回は、合コンに参加した「A子さん」と「B美さん」を例に見てみましょう^^

 

00021

 

合コンに参加した「A子さん」と「B美さん」は、合コンで出会った男性陣が気に入ったようです。あとは、男性から、連絡先を訪ねてもらうだけ…。ところが、なかなか聞いてくれない。どうしてなのでしょうか?

 

1.男性陣も女性から連絡先を聞くとき、緊張している!

男性が女性にメールアドレスやLINEの交換をするときって、実は内心かなり緊張しているようです。これは友人談なのですが、「軽い男」に見られそうで嫌なのだとか。

 

確かに連絡手段が必要なときにメアドやLINEを聞かれるのときは、そんなに警戒はしないですが、逆になんでもないのにメアド・LINEを聞かれると、警戒してしまう気持ちもありますよね、女性って。

 

たかがメールアドレス、されどメールアドレス。
立派な個人情報です。

 

嫌だなと思っても、いちいち変更するのもなかなか面倒です。・・・かと言って、相手からメールが来たら、無視するわけにもいかないし。これだけネットツールが発達すると、逆に不便だったりすることもあるわけです。

 

2.男性は警戒感がないから聞きやすい!

ただ、女性から男性に連絡先を交換を持ち掛けたとき、男性は女性と比べ、連絡先交換に警戒心を持ちません。

 

連絡先を聞く ⇒ 断わられる・拒絶されるリスクが怖い

連絡先を聞かれる ⇒ 警戒心なし・むしろ広い心を見せたい。

 

これが連絡先を聞けない男性の思考パターンです。

 

だから、女性が男性に連絡先を持ち掛けても、断わられる流れにはなりにくいのですが、あまり真剣に聞いてしまうとさすがの男性も引いてしまうこともあります。だから、あまり、重い雰囲気にならずに自然な流れで、軽く聞くのがポイント。

 

「連絡先教えてもらっていい?」と普通に聞く人もいます。

 

3.身近な男性なら会話できる関係になってから聞く

好きな男性が職場やバイト先など、身近にいる場合はどうでしょうか?

 

好きな男性とあまり話したことがないのに「連絡先を教えてください。」といきなり聞いてしまうと、さすがの相手も警戒心が出てしまいます。また断られてしまうと、あなた自身の居心地が悪くなってしまいます。

 

好きな人の連絡先を聞きたいときは、いきなり”目的”を達成しようというのではなく、何気ない会話からスタートしてください。そしてそして何気ない会話ができるようになったら、会話の中でさりげなく、「LINEしようよ!」とか「メアド聞いてもいい?」って素直に言えば、断る男性はなかなかいないはずです。

 

ふたりの距離感で成功率が変わります。
だからこそ、いきなりゴールを目指さずに一歩一歩前進することを意識していきましょう^^

 

職場に好きな男性がいたAさんの例

部署が違う男性でまったく仕事での接点がない男性Bくんを好きになったA子さん。どのようにしたら接点をつくれるか悩んでいました。そこで、職場恋愛をしていた友人に相談したところ、休憩時間が狙い目というアドバイスを受け、Bくんに話しかけたりしたそう。

 

話の内容は他愛のないものです。

 

A子さんは、まずは仲良くなるために、Bくんとの共通点がないか探したんですね。話しかけるときは「天気」など、ありきたりなところから始めたらしいです。「今日は、晴れてて気持ちいいですね^^」みたいな感じです。

 

このように、序盤は、Bくんが「そうですね~。」と肯定的な回答ができる話題ばかりして、警戒感をなくし、心を開く流れにしたそうです。そうすれば、次の話題からは、Bくんもふつうに会話するようになったんだとか。・・・である程度、仲良くなってから連絡先の交換。

 

好きな人ができると、早く仲良くなりたい気持ちが出てしまうけれど、まずは信頼関係を得ること。距離を縮めることを優先しないと連絡先交換は難しいです^^

 

4.理由をつくる

あなたが彼と連絡先を交換したいのは「彼にアプローチがしたい。」「距離を縮めたい。」そんな願望を叶えてくれるツールとして役立ってくれるからですが、彼にとっては、連絡先を交換する理由がありません。

 

だからこそ、連絡先を交換するための理由をつくる。
そうすれば、連絡先交換を持ち掛けやすくなります。

 

たとえば、職場やバイト先が同じなら飲み会の幹事になる。
そうすると、

  • (中止など)緊急の連絡があるとき、連絡するから
  • お店の詳細を教えるから

など理由をつけて連絡交換することができます。

 

私の知り合いは、わざと雨で中止になるかもしれないビアガーデンを会場に決めて、「もしも、雨が降って中止になりそうだったら、別会場を連絡するからLINE教えて」とか理由をつけて連絡先の交換をしてましたw

 

5.連絡交換のきっかけを彼に与える一言

また、話が苦手で「気になる人とあまり話せなかった…。」ということになっても大丈夫。気になる人がいたら、飲み会の終わりの方で、次のようなことをささやくんです。

 

「今日は、あまり話せなかったね。もっとお話したかった^^」

 

これを言えば、彼は脈ありと感じて、連絡交換に積極的になります。たとえ、聞いてくれなくても、聞けば喜んで教えてくれます。

 

会話が苦手でもたった一言で彼の心を引き寄せ、連絡交換しやすくなるので、ぜひ利用してみてくださいね^^

 

6.相談を持ち掛ける

相手と会話する機会が多くなったら、イベントや飲み会などの会話などもすることがあるかと思います。幹事なども慣れていないうちは大変。そんなとき、相談できる頼もしい相手がいると助かりますよね。

 

それを気になる男性にさりげなく「相談に乗ってほしい」ということで連絡先交換を持ち掛けるのです。会話のネタも困らないし、彼に頼ることができる。相談から恋愛に発展するテクがあることを考えれば、まさに一石二鳥ですよね。(参照:相談テクニックで男心を落とす法則7つ

 

彼との共通の趣味が見つからないときにも有効。
ふたりの共通点がなくても会話はいくらでも続きます。

 

男性の心理としては、頼られることが好きなので、ぜひ相談をキッカケに連絡交換してみてはいかがでしょうか?

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!