好かれる話し方は声のトーンで演出できる!

Sponsored Link



660c05cb7aba733217f5cce1c15678d0_s

私の婚活パーティーや合コンの体験談をもとに、

①はじめの5分は見た目にこだわり、
②相手との距離はミラーリングで親近感を持たせて親しくなる

このような法則や流れがあることをブログで紹介しました。

 

ここまででも充分、序盤のアピールポイントはレベルアップしていますが、まだまだ、恋愛力をアップしたいですよね?

 

そこで今回は、恋愛心理学のブログにふさわしく、メラビアンの法則のひとつである声トーンなどで恋愛力をアップする方法を紹介していきます。

 

つまり、いままで視覚を意識したアピール方法だったのですが、今回は聴覚を意識したアピールポイントになります。参考にしてくださいね^^

 

1.理系男子の何気ない一言が考えるキッカケになった!

4c27dbc156f9bfa0d3e25b47093bc705_s

恋活になれていないころ、私は【ポジティブで明るい女性】でなければいけないということに縛られていました。だから、初対面の男性には心を込めて明るく挨拶し、明るい声のまま、声のキーやテンポでそのまま接していたんですね。

 

これならぜったいに間違いないって。

 

でも、街コンである理系の男子と話す機会があったんだけど、彼はボソボソと話す感じで話していて私は「話しづらいなぁ‥・。」と思いながらも、いつものとおり明るい女性を演じていたんです。そしたら、彼が「なんだか疲れる話し方だね。」と言われてしまいました。

 

え…?

なにコイツ…!

 

内心、かなりムカッときました。
その気持ちが影響してか、けっきょく次の移動までその男性とはあまり話をしませんでした。

 

たけど、なんていうのかな。
そのことのことがずっと心に残っていたんです。

 

そして、ミラーリングのことを学んだ後、改めて、彼の言ったあの一言を振り返ったとき、当時の私に足りなかったものは何か考えるキッカケになったんですね。

 

2.自分のペースばかりで相手のことを考えていなかった!

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_s

コミュニケーションは「会話のキャッチボール」と言われるけれど、私っていままで相手のことを考えずに自分のペースで相手にボールを投げていたんです。でも、キャッチボールって相手がボールを取る体制が整っていないとうまくいきませんよね?

 

相手の力量がなければゆっくり山なりのボールを…。
相手がベテランなら思いっきり投げる。

 

2人で相手に合わせながら投げてキャッチするからこそ「会話のキャッチボール」って成り立つと思うんです。

 

3.コミュニケーションもミラーリングが大事だった!

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

メラビアンの法則で「声」で印象をつけるうえで重要になるのは…

 

① 声の高低
② 声のテンポ
③ 声の大きさ

初対面ではこの3つに気をつけることになります。

 

初対面同士でキャッチボールするとき、いきなり剛速球を投げるのではなくて、はじめは相手の力量を図ることも含めて、はじめは軽く投げて相手の力量を見ながら合わせていこうとすると思います。そのようにしてお互いが楽しめるように調整していくと思います。

 

だから、当時の私も明るい挨拶をしたあと、彼がボソボソとゆっくり低い声で話はじめたら、その声に合わせた声のトーンに合わせた声を出していく。まさに声のミラーリングを行うというわけなんですね。

 

それに気がついて、別の街コンで同じようなタイプの男性にその方法を使ったら、彼が自分のことを話し始め、話しがどんどん膨らんでいったんですよね。話が続くと気持ちも共有できて、さらに話が膨らみ【似たもの同士】という雰囲気をうまく演出することができました。

 

point姿勢・しぐさだけでなく声もミラーリングするとうまくいきやすい。

 

4.合わせるよりも一方上の「わかる人」になる!

b6750a31fbc301402eb80d8fd333dab5_s

声のミラーリングは決して大人しい男性だけのものではありません。
私は体育会系の男性との飲み会でも同じ失敗をしてしまってます^^;

 

私は体育会系が苦手で高テンションの男性相手にどうしていいかわかりませんでした。すると、ある男性から「なんか…俺たちのことバカにしてない?」と突然言われてしまったんですよね。私は「そんなことないよ」と言い返しながら、「こんな飲み会、二度と参加したくない」と思ったことがありました。

 

でも、いまなら彼の言っていることがわかるような気がします。

 

私、体育系が苦手と言っていたけれど、じつは彼らの高テンションも見て「バカバカしい」「何も考えてないんじゃないかしら。」と思いながら、彼らに合わせていたんだと思います。

 

ハイテンションに合わせることはできないから、しぐさや声を合わせることができない場合は、合わせる意識を捨て、何も考えずに彼らのテンションを「わかってあげられる女性」になりましょう。

 

いままで別の環境で育った相手にすべて合わせるのは無理です。でも、「理解する」ことはできます。そういった意識というのは自然と態度や仕草に現れるものですよ^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)