男心から守りたくなる女性になるための秘訣とは?

Sponsored Link



「お前ってさ、俺がいなくても強い女性だからいいよね。」
「きっと俺がいなくても大丈夫だと思うし…。」

 

このようなセリフを言われてしまうのは、お別れのときの一言。

 

 

言われたほうとしては「あなたに私の何がわかるのよ…!」と悲しくなってくる。男性から「強い女性」と言われても嬉しくない!だって、本当に「強い女性」なんていないから。

 

 

見た目的には強く見えたとしても、内心は弱いし、悲しいことがあれば人前で泣かないだけ。「孤独」や「さびしい」気持ちも当然あるわけ。でも、男性は、性格がさっぱりしていたり、切り替えが早かったりしている女性を見て、誤解してしまうけれど、内面的には、弱さを持っていることはみな同じなんじゃないかな。

 

 

もちろん、強がりが悪いってことでもないです。恋愛ではときに必要なこともあります。大切なのは、そのバランスってことなんだと思います。

 

1.○○は女の武器と言われるようなことをするのは苦手と感じてない?

A子さんは、幼いころから頼られることが多かったこともあって、男性の前でも「女の子」っぽい言動をするのが苦手なタイプでした。

 

 

そして、「甘えたり」「涙」であったり、「○○は女の武器」といったこと特に苦手と感じていたみたい。だから、男性の前で「甘え」と「涙」を見せることはなかったし、「なんでも自分でできることは自分でしなければいけない。」という意識を持っていたみたい。

 

 

ところが、ある男性から「A子さんとは接しにくいかな。」「結婚はしばらくなさそう。」とストレートに言われたことにショック。その言葉でしばらく精神的に落ち込んでいたみたいなんですね。

 

 

そうすると、今度は別の男性から「どうしたの?最近。なんだかいい感じだね^^」「女の子らしくなったね^^」なんて言葉が。「うん?どういうこと?」「男心がまったくわからない!!!」とかなり混乱したそうです。

 

2.ショックを受けていたA子さんに起きていた変化!

男性からストレートに「結婚はしばらくなさそうだね。」という一言にショックを受けていたのに、なぜ別の男性は「女の子らしくなった!」というコメントを残したのか?そこに男心を解明できるヒントがありそうです。

 

 

じつは、男性のA子さんに対する印象がガラリと変わったのは、「結婚はしばらくなさそうだね。」の一言にショックを受け、日ごろテキパキしているA子さんがおとなしくなって、しおらしくなった…。つまり、男性から見ると「女の子らしくなった。」という印象を与えたというわけなんですね。

 

 

この結果、なんとも皮肉といえば皮肉ですよね。

 

 

もちろん、いつも男性に甘える・頼るような女性というのはダメだけど、A子さんのように、男性に甘えないという雰囲気を出しすぎるのもダメ。男性にとっては、とっつきにくいと感じるようんです。

 

 

男性は女性に対して「守ってあげたい」ような女性を好むもの。だから、落ち込んでいるような女性を見たときこそ「俺が何とかしてあげたい。」と感じるんですね。

 

 

そんな男心を意識して、困ったときは、素直に男性に頼ってみてはいかがでしょうか?そうすると、いままでとは違った男性の反応が返ってくると思いますよ^^

 

まとめ!

男心が守りたくなる女性になるためには【素直さ】も大切になってきます。はじめは恥ずかしくて素直に頼るなんてことできないと思うかもしれないけれど、頼ったときに見せる彼の反応もまた格別です。いままで味わったことのない新たな喜び(?)を得るためにも勇気を出していきましょう^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)