男性が下ネタを言うのはなぜ?男心の本音を読み解く4つ

男友達でワイワイするとき、ちょっとした下ネタが入ると一気に盛り上がることができると聞きますよね?男性同士ではバカになりきったほうが人気者になれるようです。でも、それをそのまま女性に下ネタをふられても困ります。むしろ、どう答えていいかわからなくなるし、不愉快になることもありますよね。

 

 

状況が状況ならセクハラです。
男性もそれがわかっていて下ネタをふってくるときがありますが、どのような本音が隠されているのでしょうか?

 

 

今回は男性と下ネタ笑というテーマで紹介していきます。

 

1.男性は好きな女性に下ネタは言わない

男性も下ネタを言ってしまうと女性がゲンナリすることは知っています。だから、女性の前で下ネタを言う男性は、そのグループに本命がいない。真剣な恋愛感情を持っていないということを意味します。でも、男性には真剣な恋愛と遊びの恋愛、ふたつの恋愛を望む傾向があります。

 

 

つまり、遊びの恋愛対象になるか-下ネタを相手にふることで見極めている人もいます。もしも、下ネタにのってくるようなことがあれば、遊び相手として最適。落とせると考えるわけです。軽いノリで言いながら、ふるいにかけているというわけなんですね。

 

2.本命ではないが、遊び相手としては興味あり

男性にとって本命ではないから下ネタを言う。
そこまではわかると思います。

 

ですが、それだけではありません。
あえて、嫌われるリスクを取ったのには理由があります。

 

つまり、あえてリスクまで取って下ネタを言うのは、本命ではないということだけではなく、あえて【女性の反応】を見ているというわけです。

 

仮に…

下ネタに乗ってこない ⇒ テキトーにごまかす

下ネタに乗ってくる ⇒ 軽い女だ!落とせる!

 

このように判断するのです。
しかも、軽いノリでこちらが反撃できないように…ね。

 

3.女性との会話に不慣れだけ…のパターンも

ですが、すべてがふるいにかけているというわけでなく、男友達と接する感覚でふつうに下ネタを連発してくる男性もいます。つまり、話題がなくなったとき、男性との会話では下ネタが役立つため、それを女性にも当てはめようとするのです。

 

 

女性も場の雰囲気を壊さないように「Aくんたら、スケベ。」と返して、男性陣から笑いが出る。すると本人はウケたと勘違いしたり、「沈黙よりもマシだろ。」と思い込んでいることもあります。

 

4.背伸びをしている男性が連発

10代の頃は大人になりたいものです。だから、少しでも大人の世界を知っている感をアピールするために飲酒・喫煙・そして下ネタを言う男性もいます。つまり、自分はちょいワル男性として見られたい。格好つけているつもりの人もいるわけです。ただ、大人でこの心理で下ネタを言う人はいません。

 

5.男友達感覚

親しい間柄で下ネタを連発するのであれば、付き合いが長くなり、もはや異性としてみていないケースがあります。つまり、彼の頭の中では、すでに下ネタをいう相手は男友達と同じ扱いというわけなんですね。だから、下ネタを言うことにためらいがなくなっているケースがあります。

 

まとめ!

1.下ネタを振って女性の反応を見る。そして、話に乗ってくるなら口説いてみようとする軽い男。

2.女性に不慣れ。何を話していいかわからず、沈黙よりも会話をした方がいいということでつい下ネタを言ってしまうタイプ。

3.少しでも大人に見られたい。遊んでいるように見られたい

4.相手を女性として見てない。男友達と同じように見ている

 

あなたのまわりにいる下ネタを連発する男性はどのパターンに当てはまるでしょうか?ですが、どのパターンだとしても、やはり、下ネタを言ってくるということは恋愛対象外。つまり、本気の恋愛に発展しにくい関係ということがわかるかと思います。

 

もしも、下ネタを言ってくる男性を好きになったら”脈なし”と考えたほうが良さそうです。

 

Sponsored link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です