職場の好きな先輩と廊下で会話!どうする?

087639

さて、とつぜんですがイメージしてください。

 

 

あなたは、とある会社のOLさん。そして、その職場には好きな先輩がいたとします。けれど肝心の彼は他の部署に所属していてあなたとの接点もない。このような男性と少しでも近づきたいと思ったときどのような行動をしますか?

 

 

いきなりのクイズで悩ませてしまいますが、これが今回のテーマです。

 

1.もしも彼と出会ったら、あなたならどうする?

20160614_075939_0

クイズです。

 

 

接点が少ない他の部署の彼と会社の廊下でバッタリ。雑談をすることに流れになりました。日ごろ接点がないのでわずかなチャンスを逃すわけにはいきません。

 

 

できれば、この会話から彼との関係を前進したい場合、どのような会話をすればいいのでしょうか?次に4択から選択してくださいね。

A.私は総務のA子といいます。以前からBさんとお話できたらなぁ…と思っていたんです。もしよかったらお友達になってくれませんか?

B.今日もお仕事頑張ってくださいね。

C.今日はいい天気ですね。

D.そうそうBさんにちょっと頼みたいことがあるんです。いいですか?

シンキングタイムです!

 

 

 

A・B・C・D。
どの会話で彼と話すか決まりましたでしょうか?

 

 

それでは、解説に入ります。

20160614_075939_1

 

Aを選択した方

「私は総務のA子といいます。以前からBさんとお話できたらなぁ…と思っていたんです。もしよかったらお友達になってくれませんか?」

 

 

接点がほとんどない男性とちょっと廊下で会話をしているにもかかわらず「お友達になってくれませんか?」の一言はいきなりの告白のようなものです。

 

 

会社の廊下で告白をいきなりされたらどうでしょうか?
しかも、ほとんど面識のない異性から。

 

 

「はい、わかりました。お付き合いしましょう。」
このようなOK返事をしてくれる流れには絶対になりませんよね。

 

 

この戦略をとってしまう人は、片思いのまま終わってしまうケースになりがちです。ドラマのようにうまくいくことはないんですね。だからこそ戦略をイチから考えてみることが大切になります。

 

Bを選択した方

「今日もお仕事頑張ってくださいね。」

 

会社の廊下ですれ違ったときに会話するいちばん無難な言葉だといえます。

 

 

仕事で一生懸命な彼を励ますことは好意を持ってもらううえで重要なことのひとつ。これなら内気な女性でも男性に声をかけることができるし、マイナスの印象を持たれるということがないので正解のような気がします。

 

 

ですが、進展度から言ったらイマイチ弱い

 

 

せっかく廊下で好きな男性と会話をする機会を得られたのです。
もう少し前進するアプローチをしなければ前に進みません。

 

Cを選択した方

「今日はいい天気ですね。」

 

ご近所さまとの会話をしているような感覚で話してはいけません。

 

 

あたりさわりのない天気の話では好きな男性との距離は何も縮まりません。もちろん、天気をきっかけとして、そこから会話を始める作戦かもしれないけれど、どこか他人行儀が残るのも事実。

 

 

無理して会話した挙句、沈黙が発生してあなたのほうから逃げ出してしまうといったケースにもなりかねません。

 

Dを選択した方

Dを選択した方…正解です。

 

 

モノを頼むと申しわけないと思うかもしれません。けれど、じつは「お願いをする」ということは人間関係を強める協力なツールだということを忘れてはいけません。

 

 

頼むことは口実を作るキッカケにもなります。

 

 

だってそうですよね。頼んだということは彼に借りができたということです。借りができれば返すのが一般的。だったら、それを理由にもう一度彼に接する機会を得られるというわけなんですね。お礼をすることに不自然さはまったくありません。

 

 

だから「お礼に今度ランチに行かない?」なんて軽い誘いも不自然ではなくなるというわけです。ランチに誘うのが苦手と感じるなら缶ジュースでもかまいません。購入してきて渡すだけでも、そこから接点が生まれる。これって大きなことですよ。

 

モノを頼む=好かれる

心理学には「モノを頼む=好かれる」という法則があります。

 

 

甘え上手やおねだり上手な女性が好かれるのも男性がモノを頼まれることに対して好感を持っていることの現れだといえます。なにせ男性のプライドがくすぐられますから

 

 

モノを頼むということは、信頼していないとできないことです。
つまり、男性は「俺を信頼して頼んでくれている。」と思ってくれるわけです。

 

 

そして結果を残してお礼を言われれば評価されたと感じます。
だからこそ、男性にはどんどん頼んだ方がいいんですね。

 

 

ただし、気を付けなければいけない点がひとつあります。

 

 

それは―

お礼も間が必要

 

 

会話もマシンガントークをするよりもある程度の間があったほうが深みがでます。頼み事をしてお礼をするときも”間”がとても重要な意味を持ちます。

 

 

もし、あなたが彼に頼み事をしてすぐにお礼をしてしまったらどうでしょうか?そこで彼との接点が終わってしまいます。これでは関係を深めることなんてできませんよね。

 

 

だからこそ、”間”を意識する。

 

 

彼に頼み事をして彼が協力してくれたら、次の日~3日後くらいに「この前はありがと!」とお礼の言葉を言うと効果的。また、彼と廊下で何度もすれ違う機会があれば「会話の中にお礼プラス頼れる」ことを含めて言葉にすると彼の好感度がぐんぐん上がります。

 

 

さらにあなたと一緒にいる居心地の良さを感じて話しかけると笑顔で対応してくれるようになっていくでしょう。

 

まとめ!

あまり接点がない男性と接点を持ちアプローチをしていくためには、まずは彼に頼み事をすること。そこから、ふたりの関係をスタートさせることができます。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る