初対面の人と2人きりになったときや言い争いになっているときなど、相手をよく観察してみると、ずっと「腕組み」をしていることに気がつくと思います。

 

 

 

「腕組み」の真相心理については、テレビなどでもよく紹介しているので知っている人も多いと思いますが、腕組みの姿勢は、警戒心…つまり、防御の体制をとっていると理解していいと思います。

 

 

 

なぜ、警戒心や防御体制になると、ほとんどの人が「腕組み」の体制をとるのかというと、じつは、無意識に一番大事な「心臓」をかばう姿勢を取っているといわれています。

 

 

 

男性の場合は、「腕組み」以外にも、緊張したときに見せるネクタイを直す仕草があると思いますが、あれも腕組みに似た働きがあると言われています。ちなみに女性の場合、「腕組み」の代わりは、ハンドバックを触ったりする仕草にあたるそうです。

 

 

 

有名だからこそ気をつける!

179

テレビや雑誌でも「腕組み」は、防御や拒否のサインと書かれてあるので、自分と話しているときに、そのような体制で話をされると内心、イライラしてしまう人もいるようです。

 

 

 

よく無意識のうちに「腕組み」してしまっていたり、人と話をしているとき、腕組みしてる方が落ち着くと感じる人もいると思いますが、「腕組み」の心理学を知っている人から誤解を受ける可能性もあるので注意しておきましょう^^

 

 

 

ちなみに、「腕組み」を仕事の場面で見ると、会議や話し合いなどで、「腕組み」をしている人がいたら、その人は、さまざま議場に出てきた意見から、「自分の意見を守りたい!」、「自分を守りたい!」という思いが無意識に「腕組み」をさせてしまうらしいです。

 

 

 

つまり、相手から距離を置こうとしているのだそうですよ。

 

 

 

私も気になっちゃいます^^;

ちなみに、私も相手と話をしているときに腕組みをされていると、「まだ、心の壁を取り除いてくれていないのかな?」「警戒されているのかな?」なんて思っちゃいます。

 

 

 

そこまで、相手も気にしていないとは思いますが、ひとつのサインだと思いますし、確かに親しい人は、あまり「腕組み」していないような気がします。

 

 

 

[finger2 color=”pink”]

まとめ!

多くの人が知っている「腕組み」の深層心理。

 

だからこそ、無意識に「腕組み」してしまうと、相手から「警戒されている…」と思われてしまうかもしれません。話しにくいと思われている人は、この「腕組み姿勢」をしているのかもしれませんね^^

 

明日から意識して、「腕組み」をしていないかチェックしてみるといいですよ!そうすると、相手の反応も変わってくるはずです。

[/finger2]

 

 

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!