男性のメールやLINE(ライン)の返信が遅い理由

Sponsored Link



好きな人にメッセージを送ったのにもかかわらず、男性からぜんぜん返事が返ってこない。

 

「なぜ?」「どうして?」

頭の中では、この2つの単語の繰り返し。返事が少しでも遅くなっただけでもヤキモキしてしまうほど冷静になれないことってありますよね?

 

でも、冷静になれなかったばかりに、本当は、イイ感じになれるはずだったのが、あなたが勝手に招いた「焦り」ですべてが台無しになることもあるのです。

 

「焦り」から招く軽率な行動を避けるためにも、また、あなたの健康と美容のためにも、メールとLINEなどのメッセージのやりとりで、なぜ彼のメッセージが遅くなってしまっているのか?その傾向についてまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

1.連絡交換してすぐ

連絡交換してすぐ彼からのメッセージがほとんどない場合…遅くなる理由はいろいろあるかもしれませんが、現段階では【脈なし】と言っていいです。

 

  • 駆け引きをしているかもしれません。
  • 仕事で忙しいかもしれません。
  • メッセージのやり取りをどうしようか考えているかもしれません。

 

けれど、本気で好意を持っているのであれば、気になる男性のほうから、すぐにでも返事がくるはずです。返事が遅くなるのは、彼に「あまりその気がないから…。」その1点です。

 

1-1.受けの姿勢から攻めに転じる必要あり

先ほど「脈なし」というお話をしましたが、あくまでも今のままでは…です。

 

男性が積極的にアプローチしてくるときは、本命以外でも遊び相手やキープ、友達としての輪を広げたいときなど、さまざまありますが、いま、あなたにはメッセージがなかなか来ないわけですよね。

 

男性は「本命の彼女にしたい。」と思っているときは、かならず積極的になります。男性は古来より狩人だからです。そのため、いまのあなたは、本命の恋愛対象とは見られていません。

 

つまり、あなたの今までの恋愛の姿勢が「受け身」だとすると、間違いなく、この片思いはうまくいきません。メッセージのやり取りも自然消滅するでしょう。この場合、あなたは「受け身」の姿勢を捨て、わずかな確率にかけて、いままでよりも積極的にアプローチする必要があります。

 

1-2.積極的なアプローチに可能性がある理由

恋愛心理学の「好意の返報性」という言葉をご存知でしょうか?
簡単にいえば、好意をもってくれた人に好意を持つ法則ですね。

 

ただ、この心理学は簡単なモノではありません。それもそのはず。単純な法則であれば、すでに世の中、両想いの人だらけ、浮気だらけになってしまいます。

 

恋愛で言う「好意の返報性」は、あなたが彼の恋愛対象のラインに入っている場合のみ、有効だということを忘れてはいけません。

 

つまり、いまのあなたは、彼にとってリスクを冒してまで手に入れたい女性ではないけれど、恋愛対象には入っているというとき。このとき、あなたが積極的になることで、彼は「いける!」と確信を持つようにするというわけです。

 

本来、男性が女性を落とすために負わなければいけないリスクをあなたが下げてあげることで、彼が食いきやすくなる環境を作るというわけなんですね。

 

2.頻繁にやりとりしている相手

すでに頻繁にやりとりしている相手(恋人)などの場合、話はまた違ってきます。浮気をしていない限り彼には、返事を返せない理由があるはずです。

 

2-1.忙しくて返信できない

会社によって決算期が異なるように繁忙期は異なります。だから、あなたの会社や知り合いの会社と比較して「いまの時期はあまり忙しくないはず…!」と思っていても、彼はかなり忙しいということもあります。

 

そのような忙しい状況だと彼の頭の中は仕事でいっぱい。

 

女性と異なり、男性は物事を複数同時にこなすことが下手な生き物なんです。だから、彼氏の中では、あなたが感じている以上に繁忙期では恋人という存在が薄らいでいるんですね。

 

2-2.メッセージに内容がない

男性は電話でもメールでも【必要と感じたとき】に利用する人が多いです。だから、すぐに返信を送る必要のない内容と感じたら「あとで送ればいい。」とか「会ったときに話したらいいよね。」なんて考えてしまうんですね。

 

2-3.やりとりに疲れを感じている

アレもコレも伝えようとして欲張ってメールやラインに書いていませんか?

 

ひょっとしたら、彼とやりとりの回数が期待できないから文字をたくさん書いているかもしれないけれど、コレが余計に彼の返信を遅らせる原因になっていることがあります。

 

たくさん文字が書いてあったらどうでしょう?
読むのが面倒だし、何度もやりとりしたいとは思わないですよね。

 

3.二人のペースをある程度ゆるく決めておくことが成功の秘訣!

メールの返信の頻度や速度。
考え方は人によってとにかく様々です。

 

『すぐに返さなければ絶交!』
『LINEを見ると既読なのに返信しないのはおかしい!』

…というような極端なタイプもいれば、気が向いたときに反してくれればそれでいいし、自分もそうしているというタイプもいます。

 

とくに最近では、ラインのやりとりをしている人が多いので、メールと違いラインの「既読」がついたかどうかでより相手の返信速度がわかるようになりました。

 

だから、余計にメールの返信が遅いことにイライラしてしまうのかもしれないですね。

 

4.交際相手にプレッシャーをかけないために!

「私の友達のB子の彼は「おはよう」「おやすみ」まで送付しているのに、○男は返信すらなかなかしない。」「まわりの友達からは、倦怠期に入っているんじゃない?」「大事にされていないんじゃない?」と言われる始末…。

 

では、なぜ男性によってメールやLINEの連絡頻度が異なるのでしょうか?

 

じつは、ただ単にメッセージを出すことが面倒くさいと考えている人が多いんです。

 

たとえば、「おやすみ~!」 のメッセージ。定型文だから、送っても意味がないよね。なんてすぐ考えちゃう。特別な何かを送らなければ、メールする意味がないと思うんですよね。だから、送らない。

 

このように、このラインやメールの返信についての考え方は、人によってとにかく違うものであるということを、絶対に忘れないようにしてください。

 

まとめ!

特に、交際相手には慎重に対応しておきたいところです。

 

当サイトでも、メールやLINEについて、男性はこういう傾向が強い、女性はこういう傾向が強いと、データを参考にして紹介することは出来ますが、やっぱり、最後は個人の価値観がありますので、参考にならないことが多々あります。

 

早く返して欲しい人、長く他愛ない話をするのが、女性だけとは限りません。大切なのは、お互いのスタンスを話し合って、譲歩し合って、二人のペースをある程度ゆるく決めておくことです。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)