恋人とのLINEの連絡頻度!差が出る法則をまとめてみた

「A子~。久しぶり~!ごめんね~。連絡しなくて!」…とはいうものの、なんとなく話しずらい雰囲気ってありますよね。そういう雰囲気になると、もう少しメールやLINEでやり取りしておけばよかったかな?なんて思ってしまうものです。

 

たぶん、男性から見ると、見た目には盛り上がっているように感じるかもしれませんけど、じつは、ところどころで気を遣いながら話しているんですよね^^;でも、男性は、女性のその法則はあてはまらないんです。

 

「おー。A夫、ひっさしぶりだな!」

 

と先ほどの女性と同じシチュエーションでも、仲がいいまま。そう、男性は、女性と違って必要があれば連絡を取るもの。だから、連絡を取っていない男友達がいたとしても、なんにも違和感なく、接することができるというわけなんです。

 

そのように考えると、男性のメールの頻度の法則の答えが見えてきそうですね^^

 

1.男性からすると…「連絡頻度=愛情」ではない!

女性は、「彼氏とLINEをしていたのに、返信が来なくなった」ということで、とても過敏な反応を見せる傾向にあります。この場合、男性はその女性のことを嫌いになったのでしょうか?

 

じつは、男性の方としては、特に強い理由もなく、

 

「寝てしまったから」
「特に重要な内容のメールでもなかったから」
「返す内容が特になかったから」

とか・・・女性の心配をよそに、結構適当に考えている人が多いですよね。

 

絵文字や顔文字に対しても、女性はひとつ違うだけで「何かあったのかな」「嫌われたかな」「浮気しているのかな」なんて色々考えてしまいますが、男性の方としては、特になんの考えもなく・・・という場合も多いですよね。

 

2.会う方を優先したい!

私の先輩(♂)に恋人とのLINEの頻度について話をさりげなく聞いてみました。男性心理を理解するためには、男性の意見も欠かせませんからね。

 

先輩曰く、

「俺も繁忙期などで仕事が忙しいときは、恋人へのメールやLINEの頻度が落ちていたなぁ…。でも、忘れていたわけではないよ。仕事を終わらせて彼女に逢いたい。その思いは募ってた。」

 

仕事に没頭していたわけではないんですね。

 

でね、その先輩は彼女からそのとき送られてきたメッセージにメチャクチャ感動したそう。それが「仕事が頭の中から消えるくらい暇になったら逢いたいね。会った時は本当に楽しみたいから仕事頑張って!」といった内容だったそう。

 

繁忙期が過ぎ、彼女と会ったそうですが、いつもよりも可愛く、ドキドキ感がハンパなかったそうです^^

 

3.ふたりになったときの雰囲気の方が数十倍も大事!

私の先輩の例にもあるようにメールやLINEの頻度は、気持ちが反映されないことは多々あります。まさに個人差が出てくるもののひとつといってもいいんじゃないかな。

 

もしも、男性からのメールの頻度が少なく、連絡をしてもイマイチうまくいかないというときは、メールやLINEにこだわらず、やはりふたりで会うことを優先する。

 

そして、じっさいにふたりで会ったときにお互いにどのような雰囲気で話をしているのか、相手の言動がどの方向に向けたものなのか-?

 

そのときに、本当の彼の気持ちを確認するほうがメールやLINEの頻度よりもよっぽど重要というわけなんですね。

 

4.ネガティブにならずに彼の意見も聞いてみる!

他にも、返信のタイミングなんかもそうです。女性と男性では、恋人同士のメール交換に対する考え方が、まるっきり違うという場合がとても多いのです。だからこそ、二人の話し合いは、きちんとしておくべきでしょう。

 

女性も必要以上にヒステリーになって「どうせ嫌いになったんだ」「別の女と電話していたんだ」なんてことを言わず、彼の言い分を聞いてあげてください。

 

メールを返さないからと言って、あなたを愛していないなんてことには繋がりません。お互いの希望を譲歩して決めて、負担にならず、尚且つ円満な方法を導き出していきましょう。

 

ここがポイント!

男女ではメールの考え方もペースも異なります。あなたの感覚がイコール彼の感覚と同じとは限らないのです。

 

必要以上にヒステリックになってせっかくの縁がダメになったという話もあります。落ち着いて返信を待つか、直接彼に聞いてみましょう。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です