恋人からの連絡頻度が少ない3つの理由

「最近、彼って、ぜんぜん連絡してくれないんだよね。」
「Lineも既読になっているのに返事もしないなんて!怒」

 

いくら仲が良い恋人同士でも、ふとした瞬間に不安に感じてしまうことってありますよね。なぜなら、女性同士では、コミュニケーションがあってこそ繋がっている感覚になりますから^^;

 

でも、男性はそうじゃない。
女性と同じ感覚ではないんです。

 

だから、すれ違いが起きてしまいます。女性にとってみれば、男性心理が見えないから、少しでもメールやLINEの返事が来ないと不安な気持ちになりやすいというわけです。まぁ…気持ちの変化が激しいというか、気分の浮き沈みも大きいですしね(苦笑)

 

1.男性はこまめな連絡が苦手

男性は女性と違って、こまめなメッセージ交換をしない傾向があります。だからなんでしょうね。彼女からメールがあったとしても返信しないことがあります。

 

例えば、メールの頻度をみてみましょう。

 

女性なら、個人差があるとはいえ、彼とは連絡を取っていたいし、会っていないときは、彼の近況も知りたい。なかには「おはよう!」「おやすみ!」などのやりとりをして、繋がっていたいと思うのですが、そうではない男性も多いようです。

 

付き合いはじめたころは、頻繁にメッセージ交換をしていても、付き合い始めると「わざわざメッセージ交換しなくても会ったときに話せばいいよね。」という思考の男性すらいます。

 

2.女性と男性の意識の差

LINEやメールだけでなく、電話も同じです。

 

女性 ⇒ できれば、電話も毎日決まった時間にしたい。
男性 ⇒ …?用事もないのにどうして?仕事で疲れてるし。

しだいにこの温度差が出てきます。

 

けれど、これは別にあなたへの愛情が冷めているわけではありません。
ただ単に考え方の違い、ひいては男女差なんです。

 

だから、不安な気持ちが次から次へと湧き出てしまうかもしれないけれど、あまり重く考えてしまう必要はありません。逆にココで慌てて彼にアレコレ、メッセージを送ったり、問い詰めるとケンカの原因にもなりかねませんので、気を付けたいところです。

 

3.男性にとってメールは単なる連絡のためのツールのひとつ!

男性にとっては、メールやLINEは単なる連絡手段のうちのひとつに過ぎません。しかも、別に連絡することがなければ、無理して、メールしようとはしません。これは、男性同士でも同じことがいえます。

 

つまり、男性間のルールと女性間のルールは異なるというわけです。

 

しかも!お互いに自分の同姓間のやりとりが「普通のルール」と思っているから、ややこしい問題に発展しやすいから厄介^^;

 

 

「でも、付き合う前は、たくさんメールくれたよ。」と反論したくなる気持ちもあるかと思います。でも、それは男性が、「連絡をきちんと取らないと心をつかむことができない。」とただ、必死にアピールしていただけなんです。

 

 

嫌われないように、そしてアピールするために、メールやLINEを必死に利用していただけなんですね。だから、愛情がなくなったというよりも、付き合ったことによって、メールの回数を増やす理由を失ったということが正しいと言えるのです。

 

4.連絡の回数と愛情は比例しない

連絡の回数で、愛情の深さを測ることは出来ないんです。

 

逆に言えば、どんなにこまめに連絡があっても、なんとなく「あ、この人はもう冷めてしまっているんだな。」と察してしまうこともあります。

 

だから、メールの回数が減った、文面がそっけないなど、あまり小さなこと、気持ちの機微が伝わりにくいことで、愛情がなくなってしまったのかと不安にならないようにしてくださいね。

 

まとめ

付き合ってしばらくたつと、付き合う前よりもメールの回数が少なくなってきた。彼は私のこと、前ほど好きではなくなってきたのかな?と誰しも不安になります。

 

ですが、連絡の回数だけでは、愛情を測ることはできません。男性はメールが面倒くさいと考えている人もけっこういるからです。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です