男友達に好意を持ったとき注意しておべき3つのこと

女性のみなさん、元々友達だった男性を好きになったことはありますか?

 

友達の定義とはそもそも曖昧なものですよね。「自分たちは友達だよね。」と口に出して約束をするのは、年を追うごとに少なくなって来ます。自分にとっての友達でも、相手にとってはそこまででもないかな・・・なんて切ないことも、たまにはあります。

 

好きな人との関係を確認しながら恋愛テクニックの選択を!

仲良くしている男性を好きになった場合のアプローチ方法は、お互いの関係がどういう状況にあるのか・・・をよく探りながら、確認しながら行ったほうが良いです。

 

たとえば、辛いことがあったとき、友達として愚痴を聞いてくれるかもしれません。相談を受けてくれるかもしれません。

 

このように、すでに仲がいい男性に対して、『時間を共有する恋愛テクニック』を活用するのは得策ではありません。むしろ、異性として意識させる恋愛テクニックを選択しなければいけないのです。

 

タイミングを間違えるとマイナスの印象を与える

デートに誘うのも、いきなりカップルでいくような高級レストランに誘ったのでは、「友達なのになんで?」「何かあったの?」と向こうにひかれてしまったり、警戒されるかもしれません。

 

プレゼントなどもそうです。突然の変化は相手に動揺を与えてしまい、冷静な判断ができなくなってしまう恐れがあります。そして、変化を恐れてしまうあまり、「とりあえず」現状維持を選択し、あなたのアプローチを断ってしまうということもあります。

 

…きっと、逆の立場になると分かると思いますが、友達と思っていた人に突然、猛烈なアプローチをされると、頭が混乱したり、真っ白になってしまい、「付き合う・付き合わない」の選択ではなく、とりあえず断っておこうという思考になると思います。

 

お互いの距離感が、付き合ってない友達だけれど、今までとは確実に違う男女のものになっていくのを意識しながら、少しずつ変えていくのが一番良い方法と言えるでしょう。

 

強引に物事を運んでもダメ!

また、既成事実を作ってしまう人もいますが、それは絶対にNGです。突然の告白も、よほどのことがない限り、受け入れられることは難しいと思います。

 

特にお酒が入っているときなどは、友達だから余計に、「あのときはお酒が入っていたし」「お互いに勢いで、あんな感じになったけれど…今までどおりでいよう。」となってしまうことも多いですから。

 

まとめ!

友達から恋愛対象に昇格した男友達。けれど、そのように感じているのは、あなただけ。あくまでも彼にとってのあなたは友達なのです。だから、急に恋愛モードに入られても、彼のほうは戸惑うだけなのです。

 

そのようなことにならないためにも、彼との関係、状況を確認しながら、ふたりの距離を少しずつ恋愛関係へ導いていくことが大切なポイントになってくると思います。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る