恋人に対して、まるで会社にいるかのようにホウレンソウ(「報告」「連絡」「相談」)を求めてくる人がいます。

 

 

「○時くらいに帰るね!」とか「いま帰ったよ!」とか。
そういった内容のメールを送付したり、求めたりしているんですよね。

 

 

会社でホウレンソウをするように教育を受けているし、きちんとしなければいけないけれど…それをパートナーに求めてくるのはちょっとね…って感じます。ホウレンソウを求めてくる人の心理は、たいてい安心感を得るためなんだろうけど、なかには、報告や連絡メールを受けている自分に満足している人もいます。

 

 

恋人は上司と部下の関係じゃないから、恋愛に変なルールを持ち込むのは「勘弁してよ!」という気分になりますよね^^;

 

1.あなたから彼氏にメールを送っているのであれば…

このような会社のやりとりのように「今から行ってくるね!」「今帰ったよ!」といった「ホウ・レン・ソウ」のような内容のメールはまったくダメというわけではありません。お互いのことをメッセージにして書くことは自己開示につながり、ふたりの関係を強くするきっかけになります。

 

 

ですが、やりすぎたり、強制してはいけません。男心をうんざりさせるだけです。かなり惚れられている場合を除き、内容がないメールがたくさん届いて喜ぶような男性はほとんどいませんから。

 

 

付き合ってすぐのころは彼も嬉しいと思うかもしれないけれど、慣れると「面倒くさい女」と思われる可能性が高いです。

 

 

たとえ男性でなくても、気持ちはわかります。

 

彼女がメールを送ってきたから、何かしらの内容でメールを返信したいけれど…中身がほとんどない内容を何度も何度も送られてくるうちに「どんな返事を送っていいかわからない」という気持ちになってしまいます。嬉しいという気持ちよりも「しんどい」気持ちの方が強くなってくるんですよね。

 

2.男性の気持ちも理解しながら、メール送ってる?

前に私の知り合いから聞いた話だと、短い回答でメールを送ったら…「何で怒ってるの?」とか「疲れてる?」と言われたり、返し方に悩んで返信が遅れると「何で返信くれないの!!!」と言われたりする。さらには、「昔のあなたは、頻繁にメールをくれていたのに、付き合った途端、返信が来なくなったよね!」といやみを言われたりすることもあるみたい。

 

 

彼から言わせると、「返信する方のことも考えたメールを送って欲しい!」とのことでした。彼の話を聞きながら、私は、正直、「私自身もけっこう思い当たるところもあるなぁ…。」と相談を受けながら、反省するところもありました^^;

 

 

でも、そんなに話題もないし、毎回、考えてメールしていたら、しだいに彼との連絡のやりとりも回数が少なくなってしまうのでは…?と思う人もいるかもしれません。そこで、私自身が実施した「ホウ・レン・ソウ」のようなメールでも、彼とメールを楽しめる方法を紹介していきます。

 

3.業務メールのようなメールでも…ひと工夫すれば変わる!?

さて、彼の興味をひくには、どのようなメールにして送ればいいのでしょうか?まとめてみましたので、参考にしてみてくださいね^^

 

①時間を決めてメールする

私の例を出すとすれば、彼とは、1日3回、朝・昼・晩、彼氏とメールのやりとりをしていました。朝は7:30の通勤時間帯。昼は昼食を終えて、互いに暇になったころの12:30くらい。そして、夜は、落ち着いてきた20:30くらいの時間にメール(LINE)してました。

 

付き合って2、3年たってもこのペースは守られていたから、お互いにメール(LINE)は続いていたかな。

 

 

だっ て、時間帯が決まっていたから、いつもの時間になれば、メール(LINE)が届いてないかチェックするようになっていたし、時間帯が決まっていて、生活の 一部のようになっていたから、たとえ、「いまから行ってきます!」という内容だったとしても、ルーティンワークのようなものだから、むしろ、安心感があっ たりするんだよね。

 

 

だからこちらも、喜んで「いってらっしゃ~い」「いってきまーす」と言える感じで、余計なことも考えることもなかったから、全然ウザくなかったかな。むしろ、いつも決まった時間にメールのやりとりができなかったら、お互いに心配していたくらいだからね^^

 

②ちょっとした内容を加えるだけで、メールは生まれ変わる!

「今日は、なんだか疲れちゃった~!」この内容のメールだけでは、よくて「お疲れ様!」「大変だったね!」が関の山。彼もメール(LINE)を返信するのも「どうしよっかな^^;」と考えるはずです。

 

 

でも、たとえ「今日は、なんだか疲れちゃった~!」内容でも、文章をプラスさせることで返信しやすいメールに生まれ変わることができるんです。

 

 

ポイントは3点

① 褒める

② 労わる

③ 質問

以上の点を忘れずに加えればいいのです。

 

 

そうすると…

『なんだか疲れちゃった~!Aくんは、まだ仕事中かな?今日ね、弱音を吐かずに仕事しているAくんって本当にすごいな~と改めて思っちゃいました。』

 

 

あくまでもサンプルなので簡潔にまとめちゃったけど「疲れた」だけのメールを送るよりも彼も返事が出しやすいよね。とくに、「疲れているって書いているのに、俺のことを気を遣ったり、気にかけてくれて…本当にいい子だよな。」という気持ちになっちゃう。

 

 

彼にとっては、2、3行言葉を足しただけで、「返さなければいけないメール」というよりも…「返信したいメール」に変革しているはずです。

 

まとめ!

メー ル(LINE)はコミュニケーションツールと言われているなら、やっぱり、やりとりしている相手に対して、思いやる気持ちを忘れたらいけないと思うんです よね。自分だけの一方的な気持ちを伝えるだけ…。そんな一方通行的なメッセージを送っていては、うまくいかないのは当たり前です。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!