守ってあげたいと思われる女性になるには?

仕事をテキパキと効率よくやれる女性は格好良いですよね。同性からも慕われますし、上司や後輩からも頼られて、役割的にも大きくてやりがいのあるものを任せてもらえることが多いでしょう。

 

そのスタイルは、同性からみても魅力的ですし人間としてとても魅力的。

 

だけど、恋愛…とくに男性の視点からすると、逆にしっかりしていることがかえってマイナス印象に働いてしまうことがあるんですよ。

 

だから、しっかりした態度は好きな男性の前では、そっと隠してみたほうが好印象を持たれるのもまた事実なんです。

 

<私の友達の体験談!>

実際、私の友達のひとりが、好きな男性から『完璧な女性だから・・・好きになれない!』とフラれてしまい、ショックを受けていました。

 

その子は決して、容姿が完璧というわけではないのですが、美人で頭のイイ女性で、同性からはカッコイイといわれるような女性です。でも、男性から見れば、魅力がなかったというわけです。

 

あとから話を聞くと、別の男性陣から「どちらかといえば、ドラマとかで愛人として出てきそうだよね。」なんて言われる始末。ダブルにショックを受けて泣いてました。

 

「守ってあげたい女性」って?

男性の方は「頼られたい」「頼ってきてほしい」という本能を持っています。

 

だから、しっかりしていても、どこか抜けていて足りない女性を好むものなんです。「俺がついていなくちゃ駄目だ」と思うような女性に手を貸したくなるものなのです。

 

恋愛の世界ではこの法則は王道中の王道。

「俺が守ってあげたい」と思わせるような女性は昔からモテますよね。そういうものなのです。

 

だからと言って、あなたが出来ることをわざわざやめる必要はありません。

 

「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を思い出してください。あなたは仕事もしっかり出来るし、様々なことを凛として行える人です。だからこそ、恋愛のときは…とくに大好きな彼の前では可愛さや甘えを全面にだす。その駆け引きをうまくやることもまたできるはずです。

 

仕事も恋愛も器用にできる人になっちゃってください。

 

無理…?いえ、やってください笑。

そうすれば、男性の心の壁もグッと下がります。

 

じっさいに将来結婚するときに家事や未来の重要な相談などをするとき、なにも出来ないような女性をパートナーにしたいと思う男性は少ないはずです。だから、完全にバカを演じる必要もありません。

 

あくまでも甘えて頼る。

 

そして彼と一緒にいないときは、普段どおりテキパキすれば偽りの性格をつくることなく自然とできるはずです。甘えと頼るは慣れですよ。慣れ。恥ずかしいのは最初だけです。たとえ、不自然でもその不自然さも男性からすれば、可愛くうつりますので安心してください^^

 

守りたい女性の共通点

一概に言うことはできませんが、男性にとって「守ってあげたい女性」とは、必ずしも「弱い」女性とは限らないと思います。極端な言い方をすれば、「したたかな女性」であったとしても、男性にとっては、「守りたい女性」の対象になることはあるのです。

 

少しわかりにくいのですが、男性が「守ってあげたい女性」に共通することは、その女性が、男性に対してスキや弱い自分を見せるのがとても上手いんだと思います。

 

本当は弱くても、まわりに心配掛けまいと一生懸命に頑張る女性ほど、男性に守ってもらえない可能性が高いです。表面上だけでも、頑張っていると、男性は「お前っていつも元気だな!」ということをいわれることも。

 

逆に、すぐに根を上げたり、すぐに男性を頼る女性なのに…「大丈夫?」なんて声をかけてしまうのが男性なんですね。だから、一生懸命に頑張っていればいるほど「私だってツライのに…!」「何ノー天気なこといっているのよ!」とカチンとくることもあるかと思います^^;

 

男性の判断基準ってけっこう単純なので、そんな男性にでもわかりやすいように「守って!」というアピールを出すことも大事なのではないでしょうか?

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る