642f46189efb5a48270d2fafd0fdc58a_s

合コンで気にいった男性がいたとき、隣の席にいくことが鉄則です。だけど、とつぜん隣の席に行っても、彼も戸惑うだけで会話も進むことはないでしょう。

 

 

会話をしなくても、好感を持たれた状態にして隣にいけば、一気にふたりの距離は縮まります。そこで、合コンで気に入った男性がいたとき、隣の席に行って会話がスムーズに進むための手順について紹介していきます。

 

1.視線を送ることから始める!

男性には「視線」が有効的であるということを紹介していきました。じっさいに私の友人の中には、より効果を得ようと「うるうる瞳」を出すために目薬を悪用…もとい、使用していることも笑

 

 

目薬を使って男心を惑わせる視線を演出してくださいというわけではありませんが、まわりの男性に聞いてみると「ジッと見た後、視線を外すと、男性はドキッとしてしまう。意識してしまう。」といったコメントをたくさんもらったんですよね。

 

 

それだけ”女性の視線”に男性は弱いモノ。
このように合コンなどで男性をドギマギする方法を紹介していきたいと思います。

 

2.気に入った人がいれば思い切って視線を送る!

もし、あなたが合コンで「いいかも!」という男性がいたら、思い切って男性に「視線」を送ってみてください。視線を送らずに、いきなり男性に近付いてしまうと、男性も心の中で「な、何?」と警戒されてしまいます。

 

 

視線を送ったあと、次にすることは『いったんパッと逸らしてみる』こと。

 

 

そして、また彼を見たとき、今度は彼の方から視線を向けてくるようでしたらチャンス到来です。彼に何度か視線を向けて、拒絶されなかったら、そのときこそ気になる男性の席に近付くといいですよ。

 

 

ここまでしておきながら、「どうしよう…?」なんてアタフタしていたら、タイミングを逃してしまいます。もし、不自然さを取りたいのであれば、いちどトイレのために席をはずして、戻ってきたときに、彼のとなりの席をゲットするといいですよ^^

 

3.彼の座席の左側をゲットせよ!

195

さて、お目当ての男性の隣をゲットするために、いよいよ行動するときが来ました。肝心の彼の席の両側は空いています。あなたなら、彼の右か左、どちらの席を選択しますか?

 

 

答えは、「彼のきき腕の逆に座る」です。

 

 

恋愛心理学のコーナー「気になる男性の気持ちはカバンの位置でわかる?」でも紹介した内容が関係しているのですが、通常、ビールなどのグラスを持つのは、利き手ですよね?なので、利き手の方にグラスを置いて飲むことになると思います。

 

 

つまり、彼の腕が、カバンと同じように、壁の役割をしてしまう恐れがあるというわけです。

 

4.利き腕の逆方向に身体を向けやすい!

利き腕にグラスがあるのであれば、その反対方向に身体を向けやすいのは、いうまでもありません。そのため、いくらあなたが彼の隣をゲットしても、身体の向きやすい方向の女性と話し込むということにもなりやすいのです。

 

 

そういった無意識の心理を把握しつつ、彼と話すベストポジションを確保することが、恋活を成功させるための秘訣のひとつというわけなんですね^^

 

 

今後の合コンで気がついたら、この方法を利用してみては、いかがでしょうか?

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!