「モテるワガママ女性」というと、なんとなく言葉のニュアンスからするとイメージが悪いような感じがしますが、じつは同じワガママでも雰囲気を壊さないどころか、逆に男心をつかんでしまう女性がいます。

 

このワガママ上手な子は、【男性からモテる ⇒ ワガママが通る】のではなく、【ワガママが上手い ⇒ 男性にモテる】なのです。

 

男性が「しょうがないなぁ…。」と思いながらも、プライドを満たすコメントや空気や雰囲気を読むのが上手だから、結果的にワガママが通るのですね。

 

そこで今回は「許される我侭と許されない我侭の法則」について紹介していきたいと思います。

 

1.男性の心をつかむワガママをするうえで最低限、おさえておきたいこと!

『空気を読まない』というのではなく、ちょっとしたギスギスした雰囲気になったとしても、その人が冗談を口にしたり、少し的はずれなことを言ったことで、まわりの緊張がほぐれたり、和やかになったり・・・そういう女性が、あなたのまわりにいないですか?

 

そのような子は、最低限、抑えていることがあります。それは…【男がかわいいと思う程度のわがまま】をすること。そして、【本当にイラつくわがまま】はしないこと。

 

また、男性も、いい子過ぎる子って付き合っても面白くとも何ともないんです。だから、ときどき恋愛のスパイスとして【許せるワガママ】を入れることで、刺激になり、男性の心をうまくつかむことができるというわけなんですね。

 

ちなみに、「ときどき」というのは、5回に1度くらいの感覚で、ちょっとしたワガママをするといいです。そうすると、男性の心をうまくつかむワガママをすることができますし、いつもイイ子を演じなくてもいいので、ストレスもたまることはありません。

 

2.いつもイイ子を演じている方がリスクがある

もしも、あなたが好きな人も前では、いつもイイ子を演じているのであれば「ちょっと待った!」です。じつは、イイ子を演じているとそれだけ、リスクが増えてしまうのです。

 

リスク① 彼があなたがイイ子だという幻想を抱く

リスク② 付き合って、あなたの地が出始めると、彼に不満が溜まる

リスク③ なにより、あなた自身が窮屈・罪悪感に陥り、ストレスが溜まる

 

だからこそ、ときには、ワガママなところも見せる必要があるんです。完璧な女性を演じるよりも彼を頼って、ワガママなトコロを見せる。それが男心をつかむうえで非常に大切なことだと思います。

 

3.ワガママは男性の心をつかむ薬でもある!

なかには、かなりワガママな性格なのに男心をつかんでいる女性もいます。なぜ、彼女たちのめちゃくちゃな要求に対して男性は我慢できるのでしょうか?

 

恋は盲目で、彼が彼女に嫌われまいとワガママに付き合っていることも理由のひとつにあるでしょう。でも、それだけではありません。

 

ふつう人はだれかに好意を抱いたとき…「親切にしたい!」「何かをしてあげたい!」という気持ちが自然に芽生えてきます。この心理をワガママな小悪魔女性は利用しているのです。どういうことかというと、ふつうは「好き ⇒ 何かしてあげたい!」の流れなのに…

 

(女性の)わがまま ⇒ (男性)引き受ける

 

になったときに、とうぜん男性は思うわけです。

「なぜA子のわがままに付き合っているんだろう?」と。

 

それもそうですよね。好意も感じていないし、彼女から何も見返りがないのに、いろいろな奉仕をしているのです。男性はこの矛盾に混乱してしまいます。そして、考えた末、「好きだから奉仕しているんだ!」と勝手な理由付けをしてしまうんです。

 

「なぜ?どうして?」と思ったことに対して、理由・理屈付けをしてしまうのは、人間の性(さが)。小悪魔な女性は、その人の習性をうまく利用しているというわけです。

 

バブル時代にアッシーくんというかわいそうな男性たちがいましたが、あれもまさにその心理が働いているというわけなんですね。

 

4.許されるワガママと許されないワガママの見極め

許されるワガママと許されないワガママのラインはどこにあるのか迷ってしまうかもしれないけれど、まずは彼の立場になって「彼がこれを言ったらイヤだと感じるかな…?」と、キチンと考えることができるのであれば問題ないと思います。

 

もしも、彼氏が「君のわがままなところも好きだよ^^」と言ってくれたとしても、その言葉に甘えて彼の気持ちを考えずに言いたい放題、やりたい放題していると、彼の熱が冷めたときに気持ちは一気に離れてしまいます。

 

「わがままでいいんだ~^^」と自分本位な態度をして彼に迷惑を掛けるのはダメだけど、恋人なんだから、彼に頼るべきところは頼る。「ふつうよりも一歩踏み込んでもいいよね。」「彼に甘えてもいいよね。」くらいに考えて甘えるといいのではないでしょうか。

 

まとめ

私が思う「許せるわがまま」って、男性側も女性にしてあげたい気持ちがあるけれど、恥ずかしいなど体裁があって自分からできないようなとき、彼女の方から委ねられ「仕方ないなー。」と思いつつ、好きという感情を確認し合うようなことは、「かわいいよな。」と思ってくれるんじゃないでしょうか。

 

逆に、「許せないわがまま」は、自分自身のため…だったり、人の好意に対して、適当な対応を取るといった感じかな。たとえば、「○○してくれない?」と頼んでおきながら、後になって「あっ、あれさ、もういらなくなったから。」なんてコメントした場合。もう完全に「許せない!」となってしまいます。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!