ちょっと気になる!いままでどのような恋の駆け引きをつかったことがある?

ほかの女性は、「好きな男性に対して、どのような恋の駆け引きを使っているんだろう・・・?」と気になった人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

やはり、どのような女性でも、好きな人ができると、少しでも自分に興味を持ってもらうために、あの手この手で頑張ってしまうものですよね。

 

そこで、今回は、みなさんが使っている恋の駆け引きについて聞いてみました。参考までにチェックしてみてね。

1.好意があると見せかけて、急に冷たくする!

私の知り合いは、とりあえず「いいな」と思ったらプッシュする。そして、男性側が嫌そうじゃなければ「休日は何してるの?」「どんな女性がタイプ?」「趣味はどのようなものなの?」「〇〇しているんですか!すごーい!」とかあからさまに褒めて「こいつ俺のこと好きだな。」と思わせるように持っていっているそうです。

 

ただ、どれだけ褒めてもボディータッチをしても、告白だけは自分からは絶対にしないと決めているそう。そして、好意があるような雰囲気、素振りをしたと思ったら・・・自分からしていた連絡も少し控えるようにして冷たくする。

 

押すところは押す。引くところは引いて、相手が「あれ!?もう俺に興味なし?」なんて気にしてくれたら、こっちのもの。相手にもよりもすが、これで進展すれば成功です。「恋愛の主導権」を相手に握られたくないという場合で利用している女性も結構いますよね!

さんざん押した後に、すっと引き、その後はもう忘れたかのようにふるまいました。相手が自分に興味が無いのを感じたからです。

このままではもう付き合うことができない…ので私なりの賭けだったんだと思います。その後、向こうからアプローチされました。ただ、その後の恋活では効果なし。私の場合は、故意にすると効果がないようです。(30代・えふぽぽさん)

相手に好きだというアピールや素振りをなるべくしないようにしていました。

バレないようにするのが大変でしたが、徐々に彼の方から積極的にデートのお誘いがくることが多くなりました。 最終的にその彼と、付き合うことができまして現在に至ります。(20代・ミルキーさん)

2.返事を遅くする

まだ付き合ってはないけど、お互いが意識し合っているような時期は、ラインをすぐに返すか、もしくは少し時間を置いて返すかの駆け引きをすることがあるのではないでしょうか?

すぐにメッセージを返してしまうと『自分が彼を想う気持ち > 彼が私を想ってくれる気持ち』のような気がして「恥ずかしい。」「私だけが気持ちが盛り上がっているのでは?」「(彼が私を)好きになって欲しい」と思ってしまうことが原因のようです。

また、彼から問い詰められても、仕事やプライベートが忙しかったと言い訳にしやすいことから、気軽にできる駆け引きのひとつといっていいでしょう。

直接、相手に好意を伝えるのか苦手だった私は、駆け引きをすることで相手の気をひくようにしていました。

始めの頃は、頻繁に連絡を取り、日頃の何気ない会話を中心にたくさん連絡をしました。そして、相手に嫌がってる様子がなければ「いつも連絡しすぎてごめんね、少し控えるね」と送り、反応を見ます。好意があれば「気にせず送って!」となりますし、好意がなければ「わかった!」となるので、それで判断していましたね。(30代・みすずさん)

3.あえて連絡をしない

以前付き合った人には自分からはあまり電話しないようにしていました。向こうからかかってくる電話には出て話をしますが、自分から電話をかけないことで相手をじらすというか、待たせるような感じでした。また、食事やデートも自分からは誘うことをしないで相手からの誘いがあってから、それに応じるような形で付き合うというような感じで駆け引きをしていました。

わたしが行ったことがある恋の駆け引きについて、まず片想いの男性がいたのですが、毎日その人とラインをしたりして、とてもいい感じでした。 ですが、あまり毎日し続けているとわたしに飽きてしまうと思ったので、あえて1日だけ連絡を返しませんでした。 そうしますと、その次の日にすごく昨日は考えて眠れなかったと言われ、ヨシッと思ったところです。

高校生の頃、メールが全盛期の時代で『1週間作戦』というのが私の周りで流行っていました。 気になる人とメールアドレスを交換したら、最初の1週間は毎日自分からメールを送ります。そして1週間後にぱったり送らないようにします。 すると、相手から連絡が来るようになるのです。 これはかなり効果的で、周りの友達も成功していましたたし、私もこの作戦をきっかけに2人とお付き合いすることができました。

以前、出会ってから2か月くらいほぼ毎日連絡をとっていて、休日に出かけたり、仕事帰りにたまに会ったりしていた彼がいました。私から連絡をするほうが多く、告白する勇気もなかったので、なかなかお付き合いには至らず、彼のことを好きだった私は辛くなり、連絡をするのを一切やめました。

これで連絡が来なかったら終わりにしようと最後のかけだったんですよね。ですが、急に私からの連絡が途絶えたので彼は気になったらしく「寂しい」と感じてくれたようです。この駆け引きが功を奏したかどうかはわかりませんが、付き合うキッカケの一つのなったと思います。(30代・yakanaさん)

4.好きな男性が得意な話題をする

私は過去に、アプローチしていた男性の前で、他の男性と故意ではなく仲良く話したりすると、嫉妬したのか、気になるのか、向こうから誘ってきた事もあります。恋愛の駆け引きは”押して、引く。

 

嫉妬から気にさせることができるんだ…と悟り、それからは故意にするようになったという経緯があります。成功率も高かったですね。

 

このように「私はまったく興味がないけれど・・・。」でも、好きな男性のためなら、あえて、彼の好きな話題をふって、「気持ちよく話してもらう。」作戦をとっている人も多いようです。

 

やはり、恋愛も、人間関係のひとつです。コミュニケーションの取れやすい異性に対して、好感を持ちやすいということは、多くの人が知っているテクニックのひとつなんですね^^

Sponsored link


5.視線を巧みに利用する

私の知り合いが行っている恋の駆け引きも面白かったので追記しておきます。

その方法は、

『気になる相手を見つめるだけ!』

「いいなぁ~。」と思う人を、見つめその人と目が合うのを待つ方法を選択している人がいました。

そして、目があったら、彼が「目をそらした」と分かるように目線をそらします。その動作を何度か繰り返すと、相手を見つめたときにすでに向こうが自分を見ていれば、目線をそらし、照れたように微笑めば駆け引き成功というわけなんですね。

相手も自分を意識して見てくれるようになります。
自分からなかなか話しかけらるのが苦手な方におすすめの沈黙の恋の駆け引きですね。

 

6.異性と仲良くしているところをあえて見せる

わざと好きな人の前で他の異性と仲良くしているところをあえて見せることで、ヤキキチを焼かせて自分に気を引かせる方法があります。職場恋愛などでも、よくある恋愛テクニックですよね^^

 

このテクニックを利用して、彼を心配や嫉妬させることができたら、作戦成功!

 

ただ、リスクも高くて、「好きな人ができたんだ。」なんて、勝手に思い込み、距離を置かれたり、別の女性と恋愛しようと決意したりしてしまうこともあるので、けっこうギャンブル的といえば、そうなんですよね。それに、このテクニック・・・けっこう、反感も買いやすいので気をつけてくださいね^^;(←経験者は語る)

 

学生時代、私の周りではmixiが流行していました。当時部活の先輩が好きだったため、周りの人に協力してもらいmixi上での友達になりました。その後は「モテる女子」だと思われるため、タイムライン上では男子を含めたグループで遊んでいる写真や、男子の友達のことをつぶやくことにしました。その結果、私をとられたくないと思った先輩からデートに誘われ、約1ヶ月後に告白されました。(30代・miyuki・sさん)

利用したというより、自然にやっていたかもしれませんが、両思いっぽい相手がいるところで、わざと他の男性と話しているところを見せたりしたことがあります。楽しそうに笑っていたりすると、相手の気がひけるように思っていましたが、やり過ぎは厳禁だなと実感しました。離れていってしまう場合もあるので、程度に気をつけなければなりません。(20代・緑茶さん)

 

7.告白されたと伝える

彼に危機感を持ってもらうために、他の男性から「告白された」ことを伝える恋の駆け引きをしている人もいます。ただ、中には、それを聞いて諦めてしまう人もいますので、リスクはあると言ってもいいでしょう。

 

私が好きになった男性とお互い両想いにもかかわらず付き合うまでに5年ほど思いを伝えずにいました。

別の男性から告白されたときは必ず報告して「将来は結婚したいし一度つきあってみようかなー」などと相談していたんですよね。それでも「いいんじゃない?」といった意見を肯定する内容が返ってくるので思い切って、あることを提案したことがあります。

「お互いよく告白されるよね~。お互いに架空の彼氏彼女いたら、もう告白されることはないんじゃない?」 と提案したんです。そうしたら「だったら、俺の彼女になってよ。」とそのまま告白されたことがあります。この展開に少しびっくりしましたが、ときには駆け引きをしてみるのもいいのではないでしょうか。(20代・iidaさん)

8.反対意見!

 

長くホステスをやっていたのでいろいろと経験してきた方ですが、結論としては駆け引きはしない方がいいと思います。

よくモテる人がなんにも考えないでやった行動が結果的に駆け引きになっていたっていう場合にだけ効果があるように思います。だけど考えてやった駆け引きは相手に嫌われることはあっても好かれることはないように思います。私の経験から言えることは駆け引きはやめておくことが賢明だということです。

9.その他

その他、意見をいただきましたので、まとめておきます。

学生時代、同級生に好きな人がいました。卒業後に同窓会があり、参加すると学生時代に好きだった人も参加していました。ちょうど、彼氏と別れたばかりだったので、彼の事が気になりました。

でも、ストレートに連絡先を聞くことができなかった私は「(恋人が欲しいから)誰か紹介してほしい。」という理由を作り連絡先を交換したんです。私の中ではかなりリスクのある方法でした。あまりグイグイいかない感じで本当は彼と仲良くなっていくという駆け引きです。(20代・jnmianさん)

 

まとめ!

駆け引きを意識するあまり、好きな男性からメールがきているにもかかわらず、返信しない。不安にさせてしまった結果、逆効果になってしまうことがあります。極端なことをしてしまうと、逆に不信をもたれてしまい、結局、うまくいくものもいかなくなってしまうこともありますので、注意しておきましょう。

 

相手を思いやる気持ちを忘れずに、「でも、私をきちんと大切にしてよね。」と言う意味で、少し駆け引きを行う…。つまり、結果的に駆け引きになればいいくらいの意識ですればいいと思います。

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る