釣った魚は餌をやらない彼!どうしたらいいの?

「男性をすぐに安心させてはいけない!」
このように感じた恋愛をしたことありませんか?

 

私の友達の話なんだけど、ずっと好きだった人と、告白されて付き合うまでに発展した子がいました。友達としてとても嬉しかったのですが、その後は「冷たい」「あまり構ってもらえない」とめそめそする日々。

 

「釣った魚に餌はやらない」という言葉がありますが、まさにその通りのことを彼からされてしまったのです。

Sponsored link

1.適度な駆け引きが必要!

今回は女性でしたが、じつはこのパターンは男性にとても多いと思いました。男性は、安心することによって女性への気配りが減ってしまうことが多いと思います。優しさや気遣い、ちょっとした連絡や、プレゼントとか…。

 

ちょっとぐらい、不安にさせなくてはだめなのです。

 

たとえば、彼にもう一度振り向いてもらうために、こちらがどんどん下手にでてしまうと逆効果だったので、今まで彼に当たり前にしてあげていたことを一つずつやめる。

 

そうすると段々と彼も異変に気がついて、態度を変えてくることがあります。

 

今までしなかった皿洗いをしてみたり、優しい言葉をかけてきたり。でもここで元どおりになってしまっては意味がないので、少しドライな雰囲気を常に出すことを心がける…などです。

 

そうしないと、「もう俺のモノになったという安心感からあなたにあまり関心を持たなくなってしまうんですね。もちろん、不安にさせすぎると分かれの原因にもなってしまうので、駆け引きをしすぎてはいけませんが、適度な不安を与えることで、より男性の心をコチラに向けさせることができるのです。

2.多少の不安感や刺激を男性に与えることも大事!

私の友達の場合、奇しくもそれを男性側からされてしまった感じですね…。付き合う前のあの優しさやアタックはどこへいったのやら…というかわり具合だそうなので(苦笑)。

 

「アメとムチ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、あれは恋愛でも同じことが言えるんです。彼にアメばかり与えていては、甘さに慣れてしまう。逆に、ムチばかりを彼に打っていたら、あまりの苦しさから、その場から逃げようとしてしまう。

 

だから、アメとムチはそれぞれ使いわけが大事なんですね。

 

だから「他の男性と仲良くしているところを見せればいい!」とかいう極端な話ではなく、「自分が努力することをやめたら、彼女は浮気してしまう」「もっと彼女を引き寄せるために頑張らなければいけない。」くらいに思わせる言動は、大切なのかもしれませんね~。

 

もちろん、「本当にこいつは自分を必要としていない」と判断されたら、フラれてしまいますし、ケンカの原因にもなってしまいますから、適度なかけひき具合が必要です。恋愛ははいつまでもテクニックが続くものですね。

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

釣った魚は餌をやらないタイプの彼には、思い切って荒治療が必要だと思います。 具体的には、しばらく音信不通にしてみたり、つれない態度をとったりしてみたりする。そうすれば、彼も焦って、餌をぶら下げてあなたの元にやってくるはずです。

ちょっとくらい意地悪したり「あなたにだけ興味があるわけじゃないのよ!」という態度をとってもバチは当たらないと思います。

3.いまの自分の気持ちを伝える

ケチで初めから餌を与えるつもりのない男性はどうしようもないですが、無意識のうちに餌をやらないパターンが多いのではと思います。その場合は、直接伝えるのが、いちばんいいですね。

 

私も以前、付き合っていた彼の話ですが、大学の同級生でサークルで出会いました。彼が私のことになってくれたようなのですが、私は彼のことはあまり恋愛対象には思っていませんでした。

 

しかし、彼から会うたびにアプローチをうけ、最終的には付き合うことになったのですが、付き合ってからはそれまでのアプローチほどの気持ちの表現はしてくれなったんですよね。

 

そういう男性には、「ちゃんと付き合う前のように気持ちを伝えてほしい。」と言うべきです。その彼も、無意識に当たり前になってしまったとのことで、こちらの気持ちを伝えると彼も理解してくれましたよ。

 

逆に、欲しいものをはっきり言わなかったり、遠慮したりすると、男の人は安心するのか、なにもあげたりしなくなると思います。 なので、こまめに欲しいものや良いと思ってるものを伝えておくことが重要です。

 

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

20代後半の時に付き合った彼がこのタイプでした。付き合う前と、付き合った後、全然違うじゃんと彼にいうと、「重たい」と言われて半年でふられました。自分の彼女になった安心感から、手を抜くんだろうけど、ただの自己中で思いやりのない人だと思う。

もし彼とは別れたくないけど少し意見したいという人は、最初は冗談ぽく軽いノリで話し合うことをお勧めします。

最初はそれを突っ込んでもいいとおもいます。言って改善されるなら、まだましな男です。 ですが、何回言ってもわからない男ならその男はダメですね。付き合ってても時間の無駄です。付き合ってから、結婚してからのが重要です。自分が疲れるだけです。

女の幸せははっきり言って付き合う前とかではなく、付き合ってどれだけ自分を大切に思ってくれるかで決まると言っても過言ではないと思います。

4.彼の意見を受け止めた後、自分の気持ちを伝える

私の知り合いも、彼と付き合う前は、意見にすごく同意してくれていて、家の購入や子どもに当てる費用なども意見があっていたけれど、結婚したとたんにシビヤになり、話が進まない…と悩んでいました。

 

そんな彼女は、悩んだ結果、伝えないのも不満がたまるし、だからといって頭ごなしに話しても気分を害するだけなので、彼の話を聞いて、いちど納得してから、少しずつ自分の思いを話して、彼に気遣いながら話すようにしたらうまくいき始めたそうです。

 

それに、お互い「私はないがしろにされてないんだ。」と思うと、お互いに少しずつ譲歩できるようになったそうです。

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

本当に「餌」だったのですが、付き合うまで、付き合いはじめの頃は、イタリアンやフレンチ・お寿司など、美味しいものを食べに連れて行ってくれたのですが、付き合いが長くなるにしたがって、ファーストフードやラーメンになってしまい、早くホテルに行こうという雰囲気がガンガンに伝わって来た人がいます。

お金も持っていたし、私のことも好きだったのはわかっていたし、好きだったので別れるとも言えず・・・ でも、さすがにクリスマスも適当な食事にしようとしていることがわかり、何となく寂しくなったとき、別の男性から食事に誘われました。

でも、その人のことは好きになれず… 本命の彼には、彼と会う前に美味しいものを御馳走になってくるから、お互い食事はしてきてから会おうということを何回かしました。

さすがにマズイと思ったのか、何回か食事に連れて行ってもらい、その都度私が「美味しい~」と騒いでいたこともあって、身体だけが中心だった付き合いが、食べ歩き中心の付き合いになりました。

それが今の夫ですが、今でも美味しいと言われるところには、行ってみようかということで、よく美味しいものを食べに連れて行ってもらっています。

5.甘えさせない

まさに今の夫が餌をくれない男です。結婚前は、喧嘩しても謝ってくれていたり、自分のことは自分でしてくれていました。やはり結婚してから変わりました。とにかく自分の非を認めない。ドラマのセリフで出てくるような、「誰のおかげで飯が食えてると思っとるんか」と本気で言われたこともあります。

 

さすがに不服だったので、翌日にご飯の支度をあえて何もせず、「誰のおかげで毎日ご飯が用意されてると思ってんの?」と言い返してやりました。それ以降は同じセリフを言われることはなくなりました。少しは主婦業を見直してくれたようです。

 

釣った魚に餌をやらない彼は、ワガママで自分に甘いタイプなんだと思います。
尊敬できるところを見つけて褒めてあげれば、機嫌は良くなります。お互いに尊敬しあえることが1番ですけどね。

6.リラックスしてくれていると前向きにとらえる

私の知り合いの中には、面白い意見を言っている人がいました。

 

『釣った魚に餌をやらないタイプの人は、良く言えば見栄を張らないリラックスした関係を好む人じゃないかな。 それだけこちらに心を許してくれていると思い、プラスに捉えるようにすると、案外、気にならなくなるよ。』

『 長い目で見て人生を共に歩むのであれば、あまり見栄っ張りな人よりもイイ。 そしていざ言う時におねだりしたら、結構叶えてくれるよ。』

 

話を聞いていて「なるほど!」と思いました。

 

彼の気持ちがあなたに向いている限りは、餌をやらなくても、お互い見栄を張らずにリラックスできるなら、それがいちばんと考えているようです。

7.期待しない

私の知り合いのひとりは、夫は結婚前はあちらこちらに一緒に出掛けたりしたけれど、結婚後は行く場所と言えば、夫の趣味がらみの場所ばかりだったそうです。一緒にでかけることはめっきりなくなったそうですが、彼女は特に不満はないそうです。

 

なぜなら「期待していない」から。

 

「夫と結婚したのは一緒に居ればいい。」、「扶養内で好きな仕事をさせてもらえればいい。」とだけ心の中で希望していたそうです。好きな人と一緒にいれることは幸せなことと思い”期待しない”と気持ちも楽とのことでした。

8.価値観が違うと思ったら別れる

釣った魚に餌をやらない相手に落ちたのが間違いだと割り切って「次の相手を探すの!」のがベストとの意見がありました。
男性の性格を変えるのは本当に手間です。

 

こっちがどんなに頑張っても空回りになる事がほとんどです。

 

よっっっぽど好きで何でも許せるならいいけど、餌がない事に不満を持つなら、餌をくれる相手を見つける方が建設的!こっちが不満や寂しさと戦ってるなんて彼にはきっと分からないんです。「分かってくれる相手と一緒にいる方が幸せ。」と何度も力説していました。

[ hana-code-insert ] 'iken' is not found

そんな人と付き合うつもりは全然なかったのですが、 「あれ、もうずっと外デートしてなくない?何処にも行ってなくない?」 と気付いたことがあります。 その人は、十分な収入がある人だったのですが、気付けば部屋の中は最安の物で揃えられている感じでした。

別れたので、一生この価値観に付き合わされなくてよかったと思っています。 餌というと露骨ですが、窮屈な価値観に耐えられないなら、別の道を歩むのもよいかと思います。

3ヶ月、半年と一緒にいると慣れからか連絡や会う約束など、いろんなことに理由をつけては自分の時間を優先するようになってきました。私はとことん好きでいて追いかける体制を取り彼とは5年間付き合ってお別れしました。

理由はずるずる付き合っていくうちに我慢ばかりが多い付き合いになっていったからです。

もし相手の事がすきならとことん好きでいてこの人といて自分が幸せになることが出来ることはないと納得する日が来たときに、彼が変わってくれるかその時には自分の気持ちが変わっているか気づけるはずです。そんな彼と一緒にいても幸せだと思えるならその彼といるべきなんだと思います。

五つ年下の彼と合コンで出会い、意気投合して、すぐに二人でデートが決まりした。 食事代は彼持ち、誕生日だ、クリスマスだとプレゼントを沢山もらいました。

同棲を開始することになり、すぐさま、彼が豹変。お金が足りないから、一万貸してくれだの、家賃も、年上の私が多く払えだの言い出しました。 私は、あきれまくりで、すぐ、同棲解消を言いました。

なかなか出ていってくれず、私は、強行手段、彼の荷物類を全部だして、うち鍵を絶対に開けませんでした。 さすがに彼も出ていきました。 釣った魚に餌をやらないタイプとはすぐさま縁を切るべし。です。

まとめ!

男性があなたに対して、どんなに本気な気持ちを持っていたとしても、簡単に手に入れてしまうと一気に気持ちが冷めてしまうものです・・・。そのようなことにならないために、やはりこちらも少しずつ小出しに彼に対して、愛情を返していく必要があります。

 

そう、彼を逃さない程度に満足させ、一歩一歩少しずつ前進しているように感じさせるのです。そうすることで、彼にとって「苦労して何とか得た女性」としてその存在価値が上がるというわけなんですね^^

 

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る