病気を持っている人の婚活4つ

病気を持っていると言っても程度は人それぞれです。

  • 日常生活は送れるけれど働けない人
  • 少しのパートくらいなら大丈夫な人
  • 時々寝込んでしまう人
  • フルタイムで働けるほどの人
  • 薬を服用の有無
  • そもそも日常生活が送れない人

 

今や体力のある健康な人でも結婚は難しい時代で「婚活」という言葉をよく耳にしますよね。

 

病気持ちであれば、結婚するのはさらに難しくなってきますし、やはり病気というのは結婚においてプラスになることはありません。自分に自信が持てずにアプローチもなかなか思うようにできないといった方は多いと思います。

 

恋愛相談

先日このようなメッセージをいただきました。

私は29歳の女性です。私は見た目には全然分からないのですが、20代前半の頃から持病があります。そのため普段から気をつけなければならないことも多く、病気になってからは恋愛から少し遠ざかっていました。

 

また薬を服用しているため、子供が産めないと思っていたので、結婚のことはあまり考えたことがなく結婚願望もありませんでした。今思えば、自分には無理だから考えないようにしていたのだと思います。

 

ですが、先日の通院で主治医からビックリするようなことを言われました。「もうそろそろ結婚や出産の予定はないですか?そういう予定があるのなら、早めに教えてくださいね。」

 

私は薬を服用していましたし、一生薬の服用は辞められないと聞いていたので出産は不可能だと思っていましたが、どうやら薬の減量しだいで出産もできるようなのです。そこでもっと早く主治医に相談していれば良かったという思いと、子供が産めるなら結婚して子供がほしいという気持ちを強く感じました。

 

ですがやはり病気を持っている人の婚活ってどうなのだろう?嫌がられるのかな?と言った不安がとてもあります。

 

病気を持っている人の婚活はどのように不利なのでしょうか?またどのようにすれば病気持ちの婚活が上手くいくのでしょうか?アドバイスが頂きたく、メッセージさせて頂きました。

 

病気を持っている方の婚活は確かに厳しいですよね。
じつは私も結婚はしているのですが、治らない持病があります。

 

今の主人とお付き合いする前のデートの段階では持病の詳しい話はせずに、ちょっと身体が弱いから通院している。とだけ伝えていました。

 

病気を持っていると日常生活で気をつけなければならないこともたくさんありますし、ほんとうに恋愛面でも悩むことも多いかと思います。ですが、病気を持っていたら難しいというだけで結婚する権利は誰にでもあります(^^)

 

それでは今回は病気を持っている方の婚活についてお話させていただきます。

 

1.恋愛結婚でないと現じつは厳しい

病気を持っている人の結婚相談所やお見合い、婚活ネットでの婚活は狭き門でしょう。

 

結婚相談所やお見合いは基本的に顔、収入、学歴、お家柄といった相手の条件から入ります。そこに持病の記載があれば、やはり男性の方は病気がある女性より健康な女性を優先的に選ぶかと思います。

 

わざわざ最初から苦労するだろう条件の人は選ばないのが自然なことなのです。中にはよっぽど条件が気に入って、持病の種類によっては会ってみたいと言う方もいるとは思いますので、希望は捨てないで前向きに婚活しましょう(^^)

 

また、結婚相談所やお見合い、婚活ネットの中には「心身ともに健康」といった条件付きのところもあるので、入会前から断られてしまうと言ったケースも多くあるようです。

 

その反面、恋愛結婚ですと病気だろうが何だろうがすでに相手を好きになっちゃっています。ですが「いつ病気を打ち明けるか」というタイミングはとても大事です。

 

ちなみに私も恋愛結婚なのですが、お付き合いを始めてすぐの恋愛が舞い上がるくらいの時期に病気を打ち明けました。(少しずるいやり方かもしれませんが、こういったタイミングでないとなかなか言えません。苦笑)

 

自分の大切な人が病気で苦しんでいると思うと、守ってあげたくなる。自分がどうにかしてあげたい。という男性の心理が働きます。さらに病気を理解して一緒にコントロールしていくということは、より一層2人の絆は深まりますよ!

 

私はたまに寝込んだりはするのですが、主人の病気への理解もあり通院などもついて来てくれますし、治療に専念できる穏やかな日常を送っています。このようなことから持病がある人は恋愛結婚でないと難しいと言えるでしょう。

 

2.収入が少ない

病気を持っていると日によってはなかなか思うように身体や心が動かない、ついていかないと言った方が多いはずです。そうなると、正社員でフルタイムがっつりと働ける人は少なくパートやアルバイトの方がほとんどかと思います。

 

一緒に生活をしていく上で収入はとても大切なことです。最近では男性の結婚の条件として「自立した女性」を掲げる方も少なくないようです。私のまわりの家庭でもほとんどが共働きです。

 

また正社員で働いている女性ですと、子供を妊娠して働けない産休や育休期間でも収入がありますよね。そういった点からあまり収入のない女性と一緒になると、男性側への負担はすごく大きくなってしまいます。

 

よっぽど収入に自信のある男性でないとパートやアルバイトの収入が少ない女性は避けられてしまうでしょう。

Sponsored link

 

3.相手の両親の理解がなかなか得られない

彼の両親に持病を知ってもらい、結婚に賛成してもらうのは考えているよりも難しいことです。

 

彼の両親も息子が結婚して家庭を築いていくとなると、妻は健康に越したことはないと思うでしょう。

 

寝込んでしまったり、全く働けなくなったりすると結局は自分たちの息子に負担がかかってしまいますので、そのように考えて反対するのは自然なことなのです。

 

また病気を持っているということは、子供を産めないかもしれないといった方も多いので彼の両親からすると、孫を見られないかもしれないといったことになります。

 

昔は結婚=子供という考えがあるのでその点でも理解を得るのは難しくなってきます。彼が長男で跡取りが必要な家は特に難しいでしょう。

 

ですが中には自分たちの息子が選んだ人だから大丈夫!といって賛成してくれる両親もいます。反対された場合でも希望は捨てずに最終は彼から両親に説得してもらいましょう。

 

4.投薬中の方は妊娠・出産にリスクがある

病気を持っていると毎日薬を服用している人は多いかと思います。

 

薬の服用をやめられない場合は投薬しながら妊娠・出産に臨まなければなりません。健康な人にでも妊娠・出産には思いがけないリスクがつきものです。

 

病気を持っていてさらに薬を服用している場合は、母子共に負担やリスクは間違いなく大きいですよね。男性は本能的にも子孫を残そうとする傾向にありますので、結婚すれば子供がほしいと考える人は多いと思います。

 

そうなるとできるだけリスクの少ない健康な女性に健康な子供を産んでほしいと思うのは自然なことです。そういった面でも病気を持っていると婚活には不利な状況となってきます。

 

まとめ

いかがでしょうか?病気を持っている人の婚活は頭で考えるより遥かに難しいことの方が多いです。

 

ですが恋愛結婚で彼の理解と愛があれば、きっと乗り越えることができます。恋愛結婚でなくても病気を持っていることを理解してくれた上での結婚は、より絆を深めて幸せな家庭を築いていけますよ(^^)

 

生活していく上でも大変なこともたくさんあるかとは思いますが、結婚への希望を諦めずに婚活してくださいね!

あなたの「魅力」を好きな人にうまくアピールできますか?
自信を持って伝えることができますか?

恋愛テクにこだわり過ぎてもダメ。

【メンタル】に目を向けていない人もいますが、恋愛もコミュニケーションのひとつ。メンタルときちんと向き合い、見直すことで恋愛は大きく変化するのです。

>恋愛診断はこちら!

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. たとえテリトリーを侵されてもOKな人・NGな人 いつもは気にならないBくん…
  2. あまり気にしていなかった異性に自分の悩みごとを話をしていたら仲良くなった。特別な存在になった。このよ…
ページ上部へ戻る